ANA機内番組「めし友図鑑」で紹介されていた岩手・釜石の中村家「海宝漬」を食べてみた!

ANAの旅・SFC修行

こんにちは。MATTU(@sunmattu)です。

ANA国内線の機内では、機内専用プログラム「めし友図鑑」が流れています。
以前も「三升漬」がおいしい!という記事を書きましたが、今回もめし友図鑑で紹介されていた、岩手・釜石の中村家「海宝漬」を食べてました!

「めし友図鑑」は偶数月偶数便で放送

「めし友図鑑」は2016年10月より、偶数月に放送されています。
伍杯目までのナビゲーターは別所哲也、六杯目以降は和食のプロが一回ずつ交代でナビゲーターを行っています。

シーズン タイトル 都道府県
2016 10 1 壱杯目 ゆめぴりか 北海道
2016 12 1 弐杯目 森のくまさん 熊本県
2017 2 1 参杯目 南魚沼産コシヒカリ 新潟県
2017 4 1 四杯目 石垣産ひとめぼれ 沖縄県
2017 6 1 伍杯目 但馬産コウノトリ育むお米 兵庫県
2017 8
10
2 六杯目 青天の霹靂 青森県・秋田県
2017 12 2 七杯目 みずかがみ 滋賀県
2018 2 2 八杯目 おいでまい 香川県

また、フジテレビNEXT(CS)でも不定期的に放送されています。
これのために加入を検討したい…

めし友図鑑 - フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト)
めし友図鑑 - オフィシャルサイト。

※毎月第一日曜日の「スカパーの日」(無料放送)で放送されていることもあります。

アーカイブもネットで見れる!

現在ANAホームページには、八杯目「おいでまい」のアーカイブがあります。

ANA Media Station-ANAのCM・機内上映番組はこちらから Movie│ANA SKY WEB
【ANA公式サイト】人気のある機内上映ビデオをご覧いただけます。国内航空券の予約・購入、空席・運賃の照会などはANAのホームページで。いろいろ選べるANAのおトクな運賃をご用意しています。

いろいろな機内専用プログラムの中で、ANAの「めし友図鑑」が一番好きです。

六杯目「青天の霹靂」で紹介されていた岩手・中村家の「海宝漬」を食べてみた!

六杯目で紹介されていた岩手県民のめし友として、「海宝漬」というのがあります。
「海宝漬」は、岩手県釜石市にある中村家で作られています。

東北産のメカブのしょうゆ漬けをたっぷりと敷き詰め、その上にアワビを6切れ、そのうえにいくらの醤油漬けがかけられています。
いくらは、希少ないくら。
プチプチせず、とろっとしてコクと風味が非常に強いです。

あわびは、三陸の最高級アワビを使用。
肉厚で、歯ごたえがあり、旨みが凝縮されています。
天然水と塩、酒を使って、鍋の中に出来るだけ海に近い環境を作り出し、その中でアワビを煮る「だまし煮」を行いながら、軟らかく煮ていきます。
弱火でじっくり、あわびにとって心地よい状態で煮ていくことで、アワビ本来の旨みを閉じ込め、弾力のあるおいしいあわびに仕上がるのです。

冬季限定の「黄金海宝漬(冬便り)」

中村家では、冬季限定商品として「黄金海宝漬(冬便り)」というのを売り出しています。
あわび海宝漬・うに海宝漬・一本数の子松前漬・いくら醤油漬の詰合せとなっています。

私MATTUは、この「黄金海宝漬(冬便り)」を食べてみます!

外箱

外箱はこんな感じ。豪華そうなのがすごく見てとれます。

中身

冷凍で届きますので、予め冷蔵庫に移し10時間程度かけて解凍します。

開けるとこんな感じ。

なめらかで、とろとろ。
非常においしそう。

食べてみますよ!

お米は山口県産の「きぬむすめ」。
山口だけでなく、鳥取などでも作られている、中国地方名産のお米です。
白米だけでも非常においしいのですが…

まずは、センターのいくらから。

これが非常においしい。
よくある醤油漬けのいくらではありません。
プチプチではなく、ふわっふわっ。

食べたことのないおいしさに、早くも感動。

次は、あわび・めかぶ・いくらの海宝漬!


めかぶのトロトロ感がたまらない!

あわびが想像以上に柔らかく、でも歯ごたえがあり、ちゃんと味もしみ込んでていて絶妙。
こんなにおいしいアワビ食べたの、うまれてはじめて。

それから、数の子・いか・めかぶの海宝漬!


めかぶといかが合えてあり、そのうえに数の子が添えてあります。
添える、じゃないですね、載せる、ですね。

さきほどのアワビといくらの海宝漬よりは、以下の歯ごたえと塩の味付けが異なっていて、また絶妙においしい。
これはひっくり返ります。

最後に…うに・ほたて・いくら・めかぶの海宝漬!

さいごは、ウニです!!!

焼きウニなのですが…

正直、これを食べるまでは、ウニは生ウニしか許さない!と思うほどの生ウニ党でした。

でも、このウニを食べて、変わりました。

すごい。
ウニって焼いてもこんなにうまく食べられるんだ!
口の中にウニのとろみと、いくらのやさしい口応え、めかぶのねばねばと柔らかいホタテが一堂に会して、本当にびっくり。
トリにふさわしい、びっくりするほどおいしい海宝漬でした。

贅沢でたまらない海宝漬、ぜひ食べてみて!!!

こんなにおいしいめし友、正直反則だと思います!(汗
ぜひ、プレゼントやお祝いの席などに添えて、食べてみてください!

以前「弐杯目 森のくまさん」のときに紹介した「三升漬」のレビューはこちら。

ANA機内番組「めし友図鑑」で紹介されていた北海道の三升漬を食べてみた!
こんにちは。MATTU(@sunmattu)です。ANA国内線の機内では、数々の機内専用ラジオプログラムのほかに、機内共用ディスプレイにて機内番組が流れています。月毎に、偶数便・奇数便で各1本ずつ放送されているのですが、その中の「めし...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント