2017/05/070 Shares

[旅の記憶]駅弁の旅2011~春の流氷特別編~(2)水戸→仙台・松島

こんにちは。
しばらく書いてなかった…というか、最後まで書く前に次の旅に出ちゃいそうな気がしたので、そんなことのないように書き進めてみようと思います。

[2016.11.10追記]当時は、東日本大震災の1週間前に、東北から北海道にかけて、一週間の鈍行列車旅をしてきました。
この記事では、現在まだ復旧していない、常磐線の水戸から仙台までを乗っていますが、当時のまま書き留めています。

水戸を出発!

少しはおんぼろな電車を期待したのですが、さすがは常磐線。水戸を過ぎても10両編成なE501系です。

中もがらがら。
さてと、お昼ご飯は「うなぎ弁当」。

さすがうなぎなだけあって量はそんな多くはなかったですけれど、うなぎはおいしかったです。もちみたいに固い感じではなく。
しかし、ご飯が、いつものお弁当のごはんな感じでもっちりしてます。紐を引いて温めるタイプの弁当なので、どうしても蒸気がご飯に吸収されてしまうので仕方のないことですが、うな丼にふさわしいご飯という感じではなかった気がします。ご飯が何とかなればもっとおいしくなれるかも!
いわき駅に近くなると学生が次々に乗ってきます。卒業式の季節ですね。

その後もいろいろ興味深い風景が目の前に広がっていましたが、ちょっと割愛して…
いわき駅で乗り換えたあと、原ノ町駅で乗り換え…
と、ここまで順調だったんですが…Xperiaの電池がお亡くなりになってしまい…

仙台に着いて、、、牛タン!!!

その時持っていた端末は、Xperia SO-01B, IS01, HW-01CとURBANO BARONEで、IS01はWi-fi運用だったので、とりあえずIS01とHW-01Cで通信を…
と、IS01も電池があんまりない!
ツイートはBARONE×Twilに任せ、仙台についたら充電探しです。ドコモショップどこだー
こういうときに限ってスマホがお亡くなりになると、どこにドコモショップがあるか探せないので困ります(汗
雨が降ってきたりしてちょっと残念だったりしたんですけど、幸いにも新幹線側の出口の近くにあったので充電に預けました。


[2016.11.10注]当時は、スマホはXperia、ガラケーのURBANO BARONEで運用していました。
Twilというのは、メールの送受信でツイートやタイムラインの閲覧ができるサービスです。
ガラケーのプランはメールし放題の「プランEシンプル」だったので、パケット代を出さないようにTwilを使用していました。

そして、北海道で一か所バスに乗らなければならないので、そのバス券を購入します。
JR北海道の仙台の窓口で、ツインクルバスの乗車券1000円を支払います…
で、そのときに、窓口のお姉さんに「仙台名物の牛タン的な何かとか、おすすめのお店ありますか?」
と聞いたら、「仙台三越に安くておいしく牛タンがたべれるところがありますよ!」と教えてくれたので、出発!

これ、いくらだと思いますか?

セットで500円ですよ!安い!ほかのところだと1000円はくだらないらしいです。やった!

今日の最終目的地は松島海岸。仙石線は東塩釜駅を境に仙台側は本数が多いですが、石巻側は1時間に2本ぐらいしかないので、なかなか手ごわいんです。
お店で牛タン定食を食べた後、猛ダッシュー!あおば通へ…

電車…

間に合わなかったorz

しょうがない…
宿のおばさんにちょっと遅くなる旨連絡し、仙台駅に行ってお土産屋さんを散策して、次の石巻行の電車に乗りました。

松島海岸駅に到着!

松島海岸駅に到着!

宿は丘の上だったので必死になって登っていきました。なんでこんなに昇んなきゃいけないんだーヒーヒーと思ってたんですけど、これが翌朝すごいことになるとは!
というわけで、今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で