2 Shares

ANA プレミアムクラスのPremium GOZEN(御膳、食事)を比較してみた(広島空港発着便編)

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

今回は、国内線プレミアムクラスで提供されているPremium GOZEN(御膳、食事)を比較してみました。

Premium GOZENとは?

プレミアムクラスに搭乗した場合、機内食が提供されます。

プレミアムクラス パンフレット(2-3ページ(2017現在))

プレミアムクラス パンフレット(2-3ページ(2017現在))


朝昼夕とメニューは変わりますが、Premium GOZENという名前で機内食が提供されます。
10:59までの出発便は朝食、11:00~13:00の出発便は昼食、17:00以降は夕食です。

13:01-16:59の時間帯に出発する便については、Premium SABOとして茶菓が提供されます。

今回は、地元、広島空港を発着している便について、Premium GOZENを比較してみました。

ANAの広島発着便で、プレミアムクラスの設定があるのは、羽田線と那覇線のみです。
ANA便名では、札幌、仙台、成田もありますが、札幌はAIR DO、仙台と成田はIBEXでの運行なので、プレミアムクラスの設定はありません。

広島発のPremium GOZEN

広島発のPremium GOZENは、実はフライトを考える回でもご説明した通り、羽田線はPP単価が悪い=コスパが悪いため、基本的に広島-那覇線を使ってきました。

なので、基本的に昼食しか食べていません。

1月

ANA国内線機内食(昼食)
一月は、ちらし寿司で結構豪華。彩り豊かですね。

仕出しは「あじろや」。広島では「夫婦あなごめし」などの駅弁など、お弁当屋さんで有名です。

あじろや(公式ホームページ)

2月


二月は、鶏飯です。おかずも西京焼きや煮物など、和食が中心です。

4月

3月は乗らなかったので、パス。

弐ノ重は鶏飯で、2月と同じですね。
おかずは、たこわさや、なの花白和えなど、バラエティに富んだ内容になっています。

 
スポンサーリンク

広島着便のPremium GOZEN

那覇線

那覇発広島行きは、15:35発のためPremium SABO(茶菓)での提供になります。
機内でワインを飲むには、SABOのほうが結構口に合うような気もします。

Premium SABOについては、下の記事で解説しています。
出てくる料理は、すべて那覇発広島行きのSABOです。

羽田線

広島-羽田線は、2017年4月現在ANAのみで9往復18本就航しています。
ちなみに、広島県は午後10時半まで広島空港の運用を拡大し、羽田便の増便を狙っているようなので、近いうちにまた増えるかもしれませんね。

修行中、ほとんど羽田へのアクセスは那覇を経由していたので、2回しか乗っていません。
しかも両方夕食です。

1月

羽田線の夕食は、「らかん亭」が提供しているということを前面に押し出しています。
羽田発国内線の機内食開封!
1月の夕食は以前も上げています。

4月

4月に搭乗した時は、「銀座 うち山」が提供していました。

この時は、B787に乗ってきました。SFC修行中に乗ってなかったので、解脱後も興奮冷めやらぬ感じ。

プレミアムクラスのお食事、普通席でも食べられます

お飲み物は付きません(ソフトドリンクのみ)が、普通席でも食べられるんですよ!
(要予約、2000円)
ぜひ、食べてみてください!

これからSFC修行される方、楽しみながら頑張ってくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で