2017/05/066 Shares

東京→広島便で乗ったB787の国内線プレミアムクラスは、ANA BUSINESS CRADLEで個人用シートモニターがついていた!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

この前乗った東京発広島行きNH683便はB787でした。
国内線初のB787プレミアムクラスは、ANA BUSINESS CRADLE搭載機材でシートモニターがついてました!

びっくりするぐらい国際線に乗った雰囲気のプレミアムクラス

国際線のB787は一度(1往復2便)、SINタッチの時にプレミアムエコノミーに乗った経験があります。

1月に乗って以来、3か月ぶりに乗ったB787に乗ったわけですが…
プレミアムクラスでシートモニターがついているとは思いませんでした。

予約するときには何も考えずにぼけっと予約したわけですが…

搭乗前に窓ガラス越しに見たB787には、興奮を覚えました。

座席について、、、あれっ。


シートはこんな感じです。

窓側の手すりには、テーブルが格納されています。スイッチなどは何もありません。

一方、反対側の手すりは固定されていて動きません。

となりと仕切りがあります。
下に見えますが、シートモニター用のリモコンが装備されているのが、すごく国際線っぽい。


ほか、リクライニングは電動式で、ボタンで動かします。
一番起こした状態で、緑色のランプが点灯するのだと思います。(離陸前・着陸態勢に入った時に、CAが確認しています)


コンセントとUSBポートもあります。
この下にメガネ置き場もありましたが、忘れるのが怖くて入れられませんでした。

シートモニター

そして、目の前にどーんと出ているのは、シートモニター。

正直、国内線でこの画面を見るとは思いませんでした。

ちなみに、シートモニターの上には、カーブを描くように手すりが備え付けられているので、トイレに行きたいなどの理由で立ち上がる時も、腰が悪い人でも安心です。

機内放送時には、シートモニターは操作できません。これは、国際線と同一仕様です。

ビデオプログラムは、主にANA機内で放映されている番組が中心になっています。
映画はありませんでした。

ちなみに、ちゃんと別に機内放映もされます。

ただ、シートモニターの方はあまりレパートリーがなく、基本ANAオリジナル番組ぐらい、という感じ。
他の番組が見たい方は、ANA Wi-Fi Serviceのほうを見たほうがいいかもしれません。

めし友図鑑

もちろん、初めに見るのは「めし友図鑑」ですよね。

ANA国内線の機内Wi-Fiサービス「ANA Wi-Fi Service」では、最新回(#4)はなかったのですが、シートモニターの方では最新回もありました。ありがたいですね。

過去作はWebで見れるほか、フジテレビNEXT(CS)でも放映されています。

生放送は見れず…

SKY LIVE TVで日テレニュース24とジータスを見れるはず…

なのですが、見れませんでした。

待ちに待ったお食事の時間

お食事が回ってきましたよ。

テーブルを上げます。

B777やB767などに搭載されているテーブルは片持ちになってしまうのですが、
そいつらとは異なり、窓と反対側のひざ掛けに接触するので、安定します。

確かに、B787国際線のプレエコのテーブルもそんな感じだったような。


お食事は、銀座「うち山」のお弁当です。
和食なのですが、南蛮漬け、鯛めしなど、美味しいものがたくさん。
白ワインが合います。

というわけで、修行明けの楽しいフライトでしたが…

まさかの、周りが霧だらけで、よくこんなので着陸できたなぁという感じ。

ぜひ、B787を狙って乗ってみてくださいね!