5 Shares

JALは国内線の機内Wi-Fiが永年無料に!機内Wi-Fiの使い勝手は?

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

先日、JALから、2017年8月までのキャンペーンであった国内線の機内Wi-Fiが、永年無料になることが発表されました。
今回は、JAL国内線の機内Wi-Fiの使い心地について、レビューしていきたいと思います。

 
スポンサーリンク

JAL国内線の機内Wi-Fiを利用するには、会員登録が必要

JAL国内線の機内Wi-FiはGogoの衛星Wi-Fiサービスを利用しています。

ログインの手順

機内Wi-Fiは「gogoinflight」という名前のWi-Fiサービスに接続します。

ブラウザでアクセスすると、gogoのトップページが表示されるので、「インターネットに接続」をタップします。
 
すると、ログイン画面が出てきます。
 
会員登録をしていない方は、この画面で会員登録できます。
会員登録完了後、ログインすると、数字の認証があります。

この認証が終わると、インターネットに接続されます。

使い心地

衛星を使用しているので、まあ速度が低いのはわかります、よね…

ダウンロード・アップロードが低いのはまあ想定の範囲内ですが、PINGも557msとかなり遅くなっています。

自分のサイトを見てみましたが、テキストに比べ画像は読み込みがかなり遅くなります。まあ、仕方がないことです。

radikoもトライしてみましたが、ログインにまずかなり時間がかかります。

ログインしても、ライブ・タイムフリーともに、再生することはできませんでした。
ドコモ回線でも128k通信で意外とradiko聴けるので、何とかなるかなーと思いましたが、やはり無理でした。

Twitterやブログの更新などは比較的問題なく使えましたが、画像を伴うとちょっと不安定になります
使用するなら、テキストベースの通信をすることをお勧めします!

JAL国内線の機内Wi-Fiは、永年無料に!

2017年6月20日に、JALはプレスリリースにて、国内線の機内Wi-Fiを永年無料にすることを発表しました。


対象便 : JAL・JTA 国内線機内Wi-Fiサービス対応機材で運航するすべての便

ANAも追随…しないですかね。。。
ANAも機体によってはWi-Fiを搭載していますが、有料で提供しています(機内ビデオ・音楽プログラムは無料)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で