3 Shares

2018年の手帳もう決めました?タスクも管理できる、おすすめの手帳はこれだ!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

2018年まであと2カ月を切りました。
手帳、もう決めました?

手帳って、タスク管理を究極まで高められる最高のツールなんです。
MATTU SQUARE一押しのおススメ手帳をご紹介します。

 
スポンサーリンク

手帳に欠かせない要素って、なに?

手帳を使うにあたって、欠かせない要素については、「新年を見据えて、「手帳」の「デジタル化」を見つめ直す。さらば、ほぼ日手帳!?」に書いています。

簡単にまとめると、こんな感じ。

1.月間カレンダー型予定表は捨て、週間バーティカルのみ、または月間ガントチャート型と併用する形に移行

ただし、プライベートなど1日ごとで完結するものは月間カレンダー型のほうが扱いやすいので、時と場合に応じて使用する

2.1日1ページ型は捨て、スケジュール管理は週間バーティカル型に統一
3.メモはスケジュール管理とは別にメモ帳を使用
4.方眼紙を用いること

これをもとに、おすすめの手帳を厳選しました!

おすすめの手帳は?

ジブン手帳

昨年使っていたのは、「ジブン手帳」です。
非常に使いやすく、週間バーティカルとガントチャートを併用できるのがポイント。
詳細については、『「手帳」の「デジタル化」、実際の運用をどうするか!?―「ジブン手帳」、TimeTree、OneNote…』に書いています。

手帳に書いていることがライフログになっていくので、書いていくのも楽しいという感じです。
迷ったら「ジブン手帳」がおすすめ。

yPad

もうひとつお勧めなのが、yPad
iPadの大きさなのですが、一つの見開きで、2週間のスケジュールと20のジョブ・スケジュールをガントチャート的に同時に管理できます。
しかも、メモページは方眼なので、それはそれで使いやすい。

詳細は、「yPadというスケジュール帳がものすごく使いやすい!DPT-RP1でも抜群!」をご覧ください。


DPT-RP1を買ってyPadの存在を知ってからは、yPadのテンプレートをカスタマイズして使い続けています。
非常に使いやすい。
タスク管理にはうってつけです。

手帳で1年が決まる!

どんな手帳を使うかで、その一年が決まるといっても過言ではありません。
ぜひ、使うシーンを考えながら、手帳を選んでみてください!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で