サムスンのSペン対応PC「Notebook 9 Pen」のスペックを、「Notebook 9 Pro」と「Galaxy book」と比較してみた!

PC・Tablet

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

CES2018にてサムスンが発表したSペン対応のNotebook 9 Pen。
魅了された方も多いのではないでしょうか。
しかし、実は2017年に、Sペン対応のノートPCとして「Notebook 9 Pro」「Galaxy book」が発売されています。
スペックとしてはどう違うのか、比較してみました。

Notebook 9 PenとPro、Galaxy bookのスペック比較!

Notebook 9 Penは、2018/1/9にCES2018で発表された新機種です。

360°回転可能なヒンジつき。
充電不要なSペンで入力可能。
CPUは第8世代Core i7-8550U搭載。

そして、なんといっても重さが1kgを割る995gなのがウリです。

2017年に登場した魅力的なSペン対応Windows

Galaxy Note8を使い始めてから、Sペンの使い心地の良さにトリコになっています。
充電不要っていうのが最強です。

個人的には、WindowsとSペンの組み合わせって非常に相性がいいと思っています。
実は、2017年にもSペン対応Windows PCが出ています。
Sペンは、Windows Inkにも対応。Officeとの相性も抜群です。

Notebook 9 Pro


おそらくNotebook 9 PenはNotebook 9 Proの後継機種なんじゃないかと思います。
かなり酷似しています。
画面下のベゼルがちょっと太いところ、指紋センサーが搭載されていないところが違いでしょうか。
指紋センサーは搭載されていませんが、Windows Hello対応の顔認証でロック解除可能です。

SペンはGalaxy Note8と同様のものが本体に収納できるようになっています。
ペンを別に持ち歩かなくてもいいのは、また魅力。

日本では発売されておらず、海外から輸入する必要があります。
アメリカのAmazonでは1099ドルと、PCにしては結構お手頃価格です。
[amazonjs asin=”B072WJPSJY” locale=”US” title=”Samsung Notebook 9 Pro NP940X3M-K01US 13.3 Touch Screen Laptop, Intel Core i7-7500U Up To 3.5GHz, 8GB DDR4, 256GB SSD, Backlit K”]
キーボードはUS配列ですが、慣れの問題でしょう。

Galaxy book 12

もう一つは、2 in 1タブレットPCのGalaxy book 12です。

一番の魅力は、キーボードと分離して持ち運べること。
ペンは、Galaxy Note8やNotebook 9 Penのペンではなく、Galaxy Tab S3についている太くて書き心地の良いSペンです。
キーボードカバーを使うことで、Galaxy book本体の角度を4段階に変えることができます。

Galaxy Bookは10.6インチと12インチがありますが、国内正規品は10.6については法人向けのみ。
ただし、Amazonなどでは9万円台で出品されています。
[amazonjs asin=”B0781Z3GPR” locale=”JP” title=”Galaxy Book 2 in1 タブレットPC 10.6インチ Sペン/キーボードカバー添付 Windows10 Pro 国内正規品 SM-W62310117JP”]

12インチのほうはコストコで発売されています。14万円程度。

3機種をスペック比較してみるよ!

機種 Notebook 9 Pen
2018年モデル
Notebook 9 Pro(13.3) Galaxy book 12
CPU Core i7-8550U Core i7-7500U Core i5-7200U
RAM up to 16GB 8GB 8GB
ROM up to 512GB 256GB 256GB
本体サイズ 310.5×206.6×16.5mm 310×227×16mm 291.3×199.8×7.4mm
重さ 995g 1320g 754g(キーボードなし)
1170g(キーボードつき)
画面 13.3インチ 13.3インチ 12インチ
有機ELのAMOLED
バッテリー 39Wh 54Wh 39Wh
フロントカメラ 5MP 5MP 5MP
リアカメラ なし なし 13MP
入出力ポート 電源コネクタ、HDMI、
USB-C、ヘッドホン、
microSD、USB 3.0
電源コネクタ、HDMI、
USB-C、ヘッドホン、
microSD、USB 3.0✕2
microSD、USB-C×2、
ヘッドホン

Notebook 9 PenのProとの違いとしては、CPUが第8世代に進化。RAM,ROMともに増量のモデルが登場。
本体は少しだけ小さく、ベゼルが狭くなり、軽量化。
軽量化にともないバッテリーは少し小さくなり、ポートも1つ減った。
という形です。

Notebook 9 Pen, Amazon(US)で発売開始!価格は?

アメリカのAmazonで発売開始しています。
RAM 8GB, ROM 256GBで、1399.99ドル。送料等加味すると、16万円前後になります。
当初予想していた19万前後、からは少しお安くなりました。

Notebook 9 Penでいくか、それともGalaxy Bookに手を出すか…

Sペンの使いやすさは身をもってわかっています。
Galaxy Note8でメモをすると、ほんとどれだけ書いても疲れないのが最高。
ただ、がっつりメモをするとなると、やはり画面の大きさが小さいのです。

パソコンの使い勝手も取り入れて、となると、Notebook 9 Pen欲しいなぁ。と思ってしまいます。
どうする、MATTU!?!?

【Galaxy Book 10.6 開封レビュー】SペンとWindowsのコンビが最高!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Book 10.6を購入しました!コスパが絶大で、持ち運び用PCとして最適です。早速、開封の儀を執り行います。
Galaxy Note8 Sペンの書き心地がLaptopに!Core i7,2in1のNotebook 9 Penの開封レビュー!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note8のSペンの書き心地が最高すぎて、ほかのペンが使えなくなった…という方、多いと思います。私もその一人。Sペンが使えるメインPCがあったら、非常にうれしいです...

[amazonjs asin=”B072WJPSJY” locale=”US” title=”Samsung Notebook 9 Pro NP940X3M-K01US 13.3 Touch Screen Laptop, Intel Core i7-7500U Up To 3.5GHz, 8GB DDR4, 256GB SSD, Backlit K”]
[amazonjs asin=”B0781Z3GPR” locale=”JP” title=”Galaxy Book 2 in1 タブレットPC 10.6インチ Sペン/キーボードカバー添付 Windows10 Pro 国内正規品 SM-W62310117JP”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント