【iPhone 11シリーズ発表】スマホの機種代金と維持費をキャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!(ドコモ, au, Softbank, 楽天, Y!mobile, UQmobileに対応)
あなたのイベント・セミナー YouTube Liveで配信しませんか?

複数カメラを切り替えたり、テロップをつけたり…
ちょっと工夫を凝らした配信も可能です!
300回以上YouTube Live生放送を手掛けるMATTUが全力サポートします!!

詳しくはこちら

【Notebook 9 Pen 15インチ 開封レビュー】充電不要のSペンも使える,クリエイター向けの集大成!!

Galaxy Book

こんにちは、Notebook 9 Pen愛好家のMATTU(@sunmattu)です。

Notebook 9 Penはサムスンが発売している、充電不要のSペンも使えるノートPCです。

私は、2018年版のNotebook 9 Penを現在愛用しており、非常に気に入っています。
YouTubeの動画編集のときだけ少し非力に感じていて、動画編集を行えるポータブルPCを探しておりました。

結局行き着いたのが2019年版のNotebook 9 Pen 15インチ、ストレージ1TBモデル。
15インチの1TBモデルはGPUにGeForce MX150を搭載しています。
重さとお金を我慢すれば、何も困らないストレスフリーなPCが手に入るのはわかっていたのですが、持ち出すことが多いので軽さ・省電力性に重点を置いたこと、MX150が動画編集にどれだけ耐えられるかが気になり、今回買ってみることにしました。

2018年版のNotebook 9 Penが非常に使いやすかったので、引き続き同じ操作性で使いたかった、というのもあります。

今回は、Notebook 9 Penを購入に至った決め手と、開封の儀を行います。

スポンサーリンク

Notebook 9 Penの仕様を比較!!13インチと15インチで意外と違う…

Notebook 9 Penはサムスンが発売するノートPCです。

2018年から発売が開始されており、2019年はクリエイター向けの機能を強化しています。
Galaxy Noteシリーズと同様に、ノートPCでも充電不要のSペンが使えます。
筆圧は4096段階の検知で、書き心地は抜群です。

私は2018年モデルを1年以上使っていますが、非常に満足しています。

Galaxy NoteのSペンの書き心地をPCでも…Notebook 9 Penを1年使ったけど最強だった【ベストバイガジェット2018】
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。毎年参加したいと思っていた、GeekDays主催の「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2018」に初参加します。今年も数多くのガジェットを買いましたが、その...

2018年モデルは13.3インチの1モデルのみでしたが、2019年は13.3インチと15インチ、さらに15インチの中でストレージが512GBと1TBの2モデルあり、合計3モデルの展開となっています。

スペックを比較すると以下の通りです。

機種Notebook 9 Pen 13″
(2019)
Notebook 9 Pen 15″
(2019)
Notebook 9 Pen
(2018)
CPUCore i7-8565UCore i7-8565UCore i7-8550U
メモリ8GB16GB8GB
ストレージ512GB512GB,1TB256GB
本体サイズ307.9×206.2×14.9mm347.9×229.1×16.9mm310.5×206.6×16.5mm
重さ1120g1560g995g
画面13.3インチ15.0インチ13.3インチ
バッテリー54Wh54Wh39Wh
GPUIntel UHD GraphicsNVIDIA GeForce MX150(2GB)
1TB版のみ
Intel UHD Graphics
フロントカメラHD IR CameraHD IR Camera5MP
リアカメラなしなしなし
スピーカーAKG StereoAKG stereostereo
認証顔・指紋顔・指紋顔・指紋
入出力ポートThunderbolt3(x2)、USB-C(x1)、ヘッドホン、
microSD
Thunderbolt3(x2)、USB-C(x1)、ヘッドホン、
microSD
電源コネクタ、HDMI、
USB-C、ヘッドホン、
microSD、USB-A
価格$1341.661TB-$1799.00
512GB-$1533.32
$1399.00

2019年モデルは2018年モデルと比べ、CPU,ストレージがそれぞれグレードアップしています。

13インチ版同士の比較で、ほぼ同じ価格でバッテリーやストレージが増えていることを考えると、2019年モデルを買いたいところ。
ただ、2019年版は潔くUSB Type-Aポートが載っていないことには注意してください。
充電ポート含め、2019年版のUSBはすべてUSB Type-Cポート(3つのうち2つはThunderbolt 3対応)です。

2019年モデルのNotebook 9 Penは15インチモデルもあります。
15インチモデルはメモリ16GBと安心できる仕様。
また、ストレージ1TBのモデルのみ、GPUにNVIDIA GeForce MX150を搭載しています。

メモリ16GB,ストレージ1TBが載って1799ドル(20万円弱)なのは、他のPCと比べても結構お手頃だと思います。

MX150を試したい、という気持ちもあり、今回購入してみることにしました。

Notebook 9 Proは13インチのみで、ちょっと割高か…

同じく2019年モデルのNotebook 9 ProもSペンに対応していますが、CPU:Core i7-8550U, メモリ:8GB, ストレージ:512GBで1699ドル。
Notebook 9 Penの13インチと比べても350ドル(4万円程度)の差があります。

見た目はスタイリッシュではありますが、ちょっと割高かと思います。
ポートは同じくすべてUSB Type-Cポートになっています。

Samsung, 2019年版Notebook 9 Pro発表!Sペンでペン入力も対応![ #CES2019 ]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。アメリカ・ラスベガスで開催されているCES2019にて、Samsungが新しいPC「Notebook 9 Pro(2019)」を発表しました。Notebook 9 Proは2017年に...

GPUにMX150は、動画編集用としてふさわしいのか?

動画編集をするなら、スペックが高いに越したことはありません。
絶対にしくじりたくない方は、お金をたくさん積んで、いいGPUの載ったPCを買いましょう。

ただ、私は「PCを持ち運ぶ」必要があります
外でも生配信など行うことが多く、外で動画作業を行う必要があります。
ゆえに、外に持ち運びやすい程度に軽量で、省電力仕様でなくてはいけません。

GTX1050を積むノートPCもありますが、重いだけでなくUSB PDに対応していない(または給電程度しか使えない)、など少し引っかかる部分もありました。
処理性能と省電力性・お金のパワーバランスで、私は省電力の方を取りました
とはいえ、CPUなども高性能ではありますので、そこそこバッテリーは食うとは思いますが…

処理性能ではもちろん上位機種に劣るであろう、というGeForce MX150ですが、実際動画編集に使えるのか?というと…

4K動画編集もサクサクのモバイルノート HUAWEI Mate book X Pro レビュー
4K60P編集もサクサク出来るノートPCを考える。 この度、PCを新しくしました。 これです。世界情勢から、ホ…

上のサイトで、HUAWEI Matebook X Pro(Core i7-8550U, 16GB-512GB, GeForce MX150)と、Notebook 9 Pen 15インチ(1TB)とほぼ同等スペックで検証されております。
4K30Pだとノンストレスで編集可能。4K60Pだと限界あるかも」という結果。

私は今のところ4K扱っていないので、問題ないのかな、という結論に至りました。
4K30Pでノンストレス、というのは非常に嬉しいですね。やってみないとわからないけど。

Notebook 9 Pen到着までのタイムライン

今回、アメリカのAmazonでNotebook 9 Penを購入しました。

日本のAmazonと同じように簡単にポチれますが、輸送に若干時間がかかります。
(本当にポチるだけで、輸入に手続きは一切必要ないです)

Notebook 9 Penは普通に「直送可能」と表示されます。

海外のAmazonから、日本へ発送不可の商品を普通に直送で輸入しよう
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。海外のAmazonにも魅力的な商品が多数あります。一つネックなのが「日本への発送ができない」と書かれた商品。ただ、これらの商品も、実はいつもと同様に購入することができます。「日本...

今回使ったのはAmazonGlobal Standard Shippingという一番安い送料のもの。
輸送はDHLの担当でした。

日時場所備考
2019/7/1 23:30ごろ(JST)購入
2019/7/3 12:28(MST GMT-7)フェニックス(AZ, USA)荷物集荷
2019/7/3 20:26(MST)フェニックス(AZ, USA)搬送処理中
2019/7/3 20:34(MST)フェニックス(AZ, USA)DHL施設から出発
2019/7/4 03:48(EDT GMT-4)シンシナティ(OH, USA)DHL施設に到着
2019/7/5 05:29(EDT)シンシナティ(OH, USA)DHL施設から出発
2019/7/6 05:51(HKT GMT+8)香港通関手続き情報の更新
2019/7/6 20:36(HKT)香港DHL施設へ到着
2019/7/6 20:52(HKT)香港通関許可
2019/7/7 02:23(HKT)香港DHL施設から出発
2019/7/7 08:28(JST)大阪通関手続き情報の更新
2019/7/7 10:02大阪DHL施設へ到着
2019/7/7 10:15大阪通関許可
2019/7/7 22:01大阪DHL施設から出発
2019/7/8 12:50広島我が家に到着

関空経由なので謎の香港を通っていますが、関東の方はシンシナティから成田までDHLは直行便があるはずなので、もう少し早く届くと思います。
一番安いStandard Shippingでしたが、かなり早く着いた印象です。

Notebook 9 Pen, 開封の儀

それでは、Notebook 9 Penを開封していきたいと思います。

Notebook 9 Penの外箱と中身


15インチモデルということもあり、外箱は大きいですね。
2018年版は開封テープが貼ってある形でしたが、2019年版は全体がビニールで封されています。

別途、Galaxy Tab S4用のSペンも買ってみました。これについては別途レビューします。


外箱に貼ってあるシールに、仕様も記されています。

開けると、デーン。

今回のNotebook 9 Penはシックな青の筐体なのですが、かっこいい…

内容物一覧


中身は、Notebook 9 Pen本体のほかに、ACアダプタ(Thunderbolt3対応),USB Type-C⇔Type-A変換アダプタ、説明書(SDピン入り)となっています。

筐体が美しい…とにかくかっこいい

本体開けますよ!

びりりっ。どこかでやったことのあるような。


暗めなシックな青、露光によってかなり色が変わるのが難しいところですが、かなりかっこいいです。


明るめに撮れるとこんな感じ。青が光ると深みが増します。
VAIOからこれが出ていたら、勝色特別仕様として売れていたでしょう。

キーボードはUS配列で、15インチモデルなので一番右にHomeやページ切り替えキーがついています。
一番右下は指紋センサー。
フロントカメラもWindows Helloの顔認証として使えますので、生体認証で楽々ロック解除できます。


光と影を感じられるこの色味は、「クリエイター向け」とするNotebook 9 Penの筐体として最適だといえます。

各側面の端子

Notebook 9 Penの各側面の端子を確認しておきましょう。

左側面はThunderbolt3に対応したUSB Type-C端子が2つついています。
ACアダプターからの充電も、この端子に接続します。

また、3.5mmイヤホン端子もついています。
スピーカーはAKG Stereoに対応しており、スピーカーでの音楽もかなり音質いいです。


右側面側はUSB Type-C(3.1 Gen 1)と電源ボタンがついています。


手前側は、左側にあるスロットはmicroSDです。
右側はSペンが収納できます。

Sペンについては次の章(ファーストインプレッション)にて。

セットアップしたら日本語パックを入れよう

Notebook 9 Penはアメリカから輸入したPCなので、初期設定では英語とスペイン語しか選択できません。

とりあえず英語でセットアップして、初期設定完了後に日本語パックを入れましょう。

くわしくは「海外のWindows端末を買ったら,初めにするべき設定!」をご覧ください。

海外のWindows端末を買ったら,初めにするべき設定![Galaxy Book 10.6レビュー]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Book 10.6を購入して、初期セットアップを行ってきました。今回は、海外端末の使い心地を大幅に上げる、やっておくべき初期設定についてご紹介します。

Notebook 9 Pen(2019) 15インチのファーストインプレッション

新生Notebook 9 Penをとりあえず1日使ってみて思ったことをまとめてみます。

15インチ台のPCとしては、かなり軽く値段も手頃

今回15インチのPCを購入したのはGPUのためではあったのですが、他の15インチPCと比べてもかなり軽いです。

PCメーカー質量(g)構成(CPU,
RAM/ROM,GPU,バッテリー)
価格
Notebook 9 PenSamsung1560gCore i7-8565U,
16GB/1TB,MX150,54Wh
200,000円程度
Macbook ProApple1830gCore i7-8750H,
16GB/256GB,Radeon Pro 444X,83.6Wh
279,504円
ThinkPad X1 ExtremeLenovo1840gCore i7-8750H,
16GB/512GB,GTX1050,80Wh
401,760円
(週末特価25万円程度)
New XPS 15DELL1800gCore i7-9750H,
16GB/512GB,GTX1050,56Wh
260,980円
VAIO S15VAIO2250gCore i7-8750H,
16GB/1TB,UHD630,58Wh?
209,304円
LG gramLG1100gCore i7-8565U,
8GB/512GB,UHD620,72Wh
191,800円

LG gramは圧倒的に軽いのですが、その次に君臨するのがNotebook 9 Penです。
ただし、LG gramはGPUがCPU内蔵のUHD Graphics 620なので、購入対象から除外しました。

軽さだけでなく、スペックと価格のバランスもちょうどいいように思います。
持ち運べる戦力PCとしては、かなり有能だと思います。

充電不要のSペンに対応、筆圧検知は4096段階!!PCでもライブメッセージに対応!


Notebook 9 PenのSペンは黄色で、Galaxy Note9と同じカラーリングになっています。
揃えたい欲求が出てきますね。

筆圧検知は4096段階と2018年モデルに比べ倍になっています。
非常になめらかに書くことが出来ます。


ペンを引き抜くとPCの右側にメニューが表示されます。
2019年版のNotebook 9 Penでは、ライブメッセージにも対応。


PCでも筆跡をgifアニメにして保存できます。
背景を写真にすることもできます。

できたライブメッセージは「ピクチャー」フォルダーに保存されます。

ペンはもちろんWindows inkとして、PowerPointなどOfficeの各ソフトなどにも対応。

「ペン入力中はタッチ入力を無視」などの設定もできるので、手をつきながら紙のような感覚でペン入力できます。

キーボードはUS配列。むしろUSキーボードがいい

Notebook 9 PenのキーボードはUS配列です。
USキーボードは慣れると非常に使いやすく、もう1年以上使っていますが非常に満足です。

iPadもMacも、Windowsも同じ配列!「US配列キーボード」に慣れてどこでも快適に!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。日本語を打つなら日本語標準のJISキーボードがいい!って人、多いと思います。2017年までの私も、そうでした。しかし、JISキーボードは、もともと「かな入力」のためのキーボードだっ...

一つだけ不満があるとすれば、Notebook 9 Pen 15インチモデルの「Delete」キーの位置です。

私はBackspaceキーとDeleteキーを併用することが多いのですが、キーが隣接していないので打ち間違いしやすいです。

とはいえ、15インチモデルですが10キーがつかないので、手を左寄りに構えないといけない、なんてことがなく、今までと同じ感覚で使うことが出来ます。


13.3インチ版はBackspaceの上にDeleteキーがあるので非常に打ちやすいのですが…
15インチ版は右にHomeボタンなどのキーが一列追加されており、「Prt Sc」と「Insert」キーが分裂してしまってDeleteキーがズレています。
Backspaceキーに隣接していると押しやすいのになぁ、と思ったりします…

15インチの大画面、ベゼルも狭く2画面利用にも最適


13.3インチでは、やっぱり2画面利用はちょっと狭くてきつい印象がありました。
15インチで、画面の解像度もいいので(4K非対応の1920×1080ではありますが),2画面が非常に見やすいです。
文字が小さすぎず、バランスがいいです。

サクサクで使いやすい、デザインもいいNotebook 9 Pen

1年使ってめっちゃ使いやすかったので、Notebook 9 Penをもう1台買い増ししましたが、今のところ非常に満足です。
スペックも高くて使い勝手いいのに、価格が抑えめで買いやすいのも特徴。

ぜひNotebook 9 Penを使ってみてほしいです!

動画編集が実用に堪えるのか?については、別途またレビューしたいと思います。

Galaxy NoteのSペンの書き心地をPCでも…Notebook 9 Penを1年使ったけど最強だった【ベストバイガジェット2018】
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。毎年参加したいと思っていた、GeekDays主催の「今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2018」に初参加します。今年も数多くのガジェットを買いましたが、その...

コメント

タイトルとURLをコピーしました