Galaxy Note8 Sペンの書き心地がLaptopに!Core i7,2in1のNotebook 9 Penの開封レビュー!

Galaxy Book

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy Note8のSペンの書き心地が最高すぎて、ほかのペンが使えなくなった…
という方、多いと思います。
私もその一人。

Sペンが使えるメインPCがあったら、非常にうれしいですよね。
あるんです。第8世代のCore i7-8550Uを搭載した、ハイスペックLaptop PC。
これが、以前ご紹介したNotebook 9 Penです。

なぜ、Samsung Notebook 9 Penを選んだのか?

個人的には、ペンガジェッターですから、もちろんペンは必須です。
その中でも、今までいろいろなペンを試してきましたが、Galaxy Noteシリーズのペンの使い心地は段違いです。
このペンは、WACOM Feel IT Technologyを利用しています。

ハイスペックPCにWACOM Feel IT Technologyを搭載した端末は、現在ではSamsung製のPCしかありません
(過去には、初代Surface Pro、Surface Pro2などで搭載していました)

一部の絵描きさんには人気だった、ドスパラのreytrektabは、同じWACOM Feel IT Technologyを搭載していますので、同じ書き心地を使えますが、スペックは低いです。
(8インチ、RAM4GB,ROM64GB,Atom x5-Z8550)

私はYouTube Liveで毎週火曜日に生放送を行っておりますので、
・YouTube Liveに耐えられるスペックを持つPC
(出先で生放送をする可能性もあるので、それに耐えられるPC)
・Sペンが使える(OneNoteで録音しながら手書きメモが取れる使い方ができる)PC

ということで、今回はハイスペックなPCを探します。

メインPCになりうるSペン搭載PCを比較してみた!

以前CESの記事でNotebook 9 Penを紹介しましたが、Sペンが使える他のPCと比べてみます。

機種 Notebook 9 Pen
2018年モデル
Notebook 9 Pro
(13.3),2017年モデル
Galaxy book 12 Galaxy book 10.6
CPU Core i7-8550U Core i7-7500U Core i5-7200U Core m3-7Y30
RAM up to 16GB 8GB 8GB 4GB
ROM up to 512GB 256GB 256GB 128GB
本体サイズ 310.5×206.6
×16.5mm
310×227
×16mm
291.3×199.8
×7.4mm
261.2×179.1
×8.9mm
重さ 995g 1320g 754g(本体)
1170g(キーボード付)
648g(本体)
1001g(キーボード付)
画面 13.3インチ 13.3インチ 12インチ
有機EL AMOLED
10.6インチ
バッテリー 39Wh 54Wh 39Wh 30.4Wh
フロントカメラ 5MP 5MP 5MP 5MP
リアカメラ なし なし 13MP なし
入出力ポート 電源コネクタ,
HDMI,
USB-C,
ヘッドホン,
microSD,USB-A
電源コネクタ
HDMI,
USB-C,
ヘッドホン,
microSD
USB-A✕2
microSD,
USB-C×2,
ヘッドホン
microSD
USB-C
ヘッドホン

2018年の最新モデルであるNotebook 9 Penには、最新の第8世代Core i7-8550Uが搭載されています。
昨年モデルのNotebook 9 Proは第7世代のCore i7-7500Uが搭載されていますが、第7世代までのUシリーズは本当にCore i7なのかという微妙な感じ。
第8世代になってようやく4コア、内蔵GPU性能も上がって、そこそこ使えるようになった感じがあります。

今までは、Core i5-7Y54のものを使っていましたが、生放送をするとかなりモッサリ、負荷がかかかっているのがわかります。
というわけで、Core i7-8550U搭載のNotebook 9 Penを選ぶことにしました。

バッテリーに関しては、別にUSB PD対応のモバイルバッテリーを使うつもりなので、そこまで気にしていません。
それよりも、軽さが大事。
持ち運びする際に1kgを切る、という大事なチェックポイントを通過している、Notebook 9 Penは非常に優秀です。

Galaxy Note8のSペンが使えるLaptop PC、Notebook 9 Pen、開封の儀!!

というわけで、開封の儀をしていきたいと思います。

外箱

今回も、アメリカのAmazonさんで購入しました。

箱はきれいですが、めっちゃアメリカ臭かったですw


「Notebook 9」と印刷があります。
Notebook 9 Penと書かれていないのは若干厄介ですが…

側面のスペックには「Notebook 9 Pen」と書かれています。
Core i7-8550U、メモリ8GB,SSD 256GBですね。


開封シールが2か所も貼ってあります。

開けますよ!

どーんと、「SAMSUNG」のロゴがついています。
これ、袋に印刷されているだけです。ご安心を…

内容物一覧

中身の一覧はこんな感じです。

PC本体、説明書類、ACアダプター、microUSB→Type-C変換ケーブル、Sペンのペン先替え芯です。

本体は…

本体を開けますね!

ビっと、袋を開けます。


でーん!!!
「SAMSUNG」ロゴは横にずれて、laptopのヒンジが見えますね。
なかなかに軽くてびっくりです。

側面

側面を見ていきましょう。

右側面は、USB Type-A端子とmicroSD、電源ボタンがついています。

前面は、Sペンの差込口があります。
Galaxy Note8のSペンと同じく、ノック式で引き出せるようになっています。

左側面は、ACアダプタ端子、HDMI端子、USB Type-C端子とオーディオ端子がついています。

背面は、排気口がついています。
まあそこそこの音はしますが、うるさいというほどではないです。

底面

底面はこんな感じです。

ラバーの足がついていますので、べたっとおいて傷つくことはないです。
ステレオスピーカー搭載で、音質はまあまあ。

キーボードと画面

PC開けてみましょう。

かなりきれいです。
いうまでもなくUS配列ですが、半年前までJIS配列狂だった自分からすれば、なれれば全然問題ないということ。
もう、家のパソコンはすべてUS配列になりました。

指紋センサーも搭載されています。

Windows Helloのうち、フロントカメラでの顔認証に加え、指紋認証にも対応しているのが強いところ。
眼鏡やマスクも打ち負かす、圧倒的な指紋認証です。

ACアダプターが光る、オシャレ仕様

ACアダプターが光る、オシャレな仕様になっています。

初期設定で選べる言語は英語とスペイン語…設定後に日本語に変更可能

初期設定では…

英語とスペイン語しか選べませんでした。
Galaxy Book 10.6ではアメリカとカナダがターゲットでしたが、Notebook 9 Penはアメリカとメキシコがターゲットなんですね…
日本語化については、初期設定終了後に言語を日本語に設定することで、問題はありません。

海外のWindows端末を買ったら,初めにするべき設定![Galaxy Book 10.6レビュー]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Book 10.6を購入して、初期セットアップを行ってきました。今回は、海外端末の使い心地を大幅に上げる、やっておくべき初期設定についてご紹介します。

Notebook 9 Penのファーストインプレッション

Notebook 9 Penのファーストインプレッションとして挙げると、4点あります。

軽い!とにかく軽い!

Notebook 9 PenはA4大の大きさですが、かなり軽いです。
Galaxy book 10.6がB5台でそこそこ厚みがあるのに1kgあったのを考えると、薄くて軽いのがすごく魅力に感じます。
また、形状もくさび形で、持ちやすくてソフトです。

ベゼルは結構狭い!大きい画面で使いやすい

Notebook 9 Penのベゼルは結構狭いです。

こんな感じで、左右のベゼルはかなり狭いです。
上下もそこそこ狭いです。2017年のNotebook 9 Proは下のベゼルがかなり太かったので、バランスが良くなったと思います。
モニター1枚でも大画面なので十分仕事ができます。

さすがCore i7-8550U。サックサク!

スペックは妥協しちゃいけないんだな、というのがよくわかりました。

Notebook 9 Penは、めっちゃサックサクです。
いままでのストレスは何だったんだ、と思うぐらいにサックサクです。
これなら戦える。

Sペン対応で、どこへでも1台で持ち運べる

Sペン対応なおかげで、どこへでも1台で対応できるのが大きいです。

Office 2016のパッケージ版が使えるし(office365に入っているので、最新版をフルで使える)、OneNoteへのメモもはかどります。
OneNoteに手書きでメモ→テキストへ書き起こしまで、すべてこの一台のPCで出来るのが魅力。

録音しながらメモを取ったりしますが、Galaxy book 10.6だと音がこもって聞こえにくいということがそこそこありました。
Notebook 9 Penだと、そんなことが全くないので非常に使えます。

実践にはもってこいな1台

Notebook 9 Penは、日本国内でも発売してほしいなぁ、と強く思う、非常に完成度の高い一台です。
次のPCを買うときに、一つの参考にしていただければと思います。

現在入手できるのはアメリカのAmazonぐらいですが、日本直送可能。
Notebook 9 Penは1,299ドル(輸入関税消費税含めて15万円弱)で購入可能です。
注文してから3日で届きますので、国内のAmazonと同じようにお買い物できます。

米Amazon.comから、簡単に輸入するコツ・送料・輸送時間を解説!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。米Amazon.comは、日本のAmazonと同様に、簡単に買い物ができます。米Amazon.com内での在庫があれば、我が家まで3~4日で到着する、優れものです。私MATTUがA...

次回は、Sペン周りを詳しく解説していきます。

【Galaxy Book 10.6 レビュー】書き心地抜群なSペンでメモを効率化![2in1WindowsPC]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。今回は、Galaxy Book 10.6の要である、Sペン周りのレビューを中心にしていきます。メモに最適なのは、サムスン純正メモアプリのSamsung Notesと、Microsoft...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント