7/4(水)19:00~、尾道のシェアオフィスONOMICHI SHAREで
第5回Onomichi Gadget Cafe行います!お気軽に!!
「動作の重いスマホを軽くする裏技教えます」
YouTubeチャンネル登録1000人記念!プレゼントキャンペーン!

YouTube Live生放送をはじめてちょうど1年が経ちました。
おかげさまでご好評をいただき、チャンネル登録者数1000人を突破することが出来ました!
本当に、皆様のおかげだと思っております。ありがとうございます。

そこで、感謝の気持ちを込めて、プレゼントキャンペーンを行います。

詳しくはこちら

【Galaxy Book 10.6 開封レビュー】SペンとWindowsのコンビが最高!!

Galaxy Book

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy Book 10.6を購入しました!
コスパが絶大で、持ち運び用PCとして最適です。
早速、開封の儀を執り行います。

Galaxy Book 10.6を購入した理由とメリット

Galaxy Bookは、サムスンが発売するWindowsタブレットで、10.6インチ12インチの2タイプあります。

Galaxy Book 10.6と12を比較

Galaxy Book 10.6は法人向けとして、Galaxy Book 12は個人向けとしてラインナップされています。
モデルの発表自体は2017年2月のMWC2017にて発表されています。

機種 Galaxy Book 10.6 Galaxy Book 12
OS Windows 10 Pro
(国内版)
Windows 10 Home
CPU Core m3-7Y30 Core i5-7200U
RAM 4GB 8GB
ROM 128GB 256GB
本体サイズ 261.2×179.1×8.9mm 291.3×199.8×7.4mm
重さ 648g(キーボードなし)
1001g(キーボード付き)
754g(キーボードなし)
1170g(キーボードつき)
画面 10.6インチ 12インチ
有機ELのAMOLED
バッテリー 30.4Wh 39Wh
フロントカメラ 5MP 5MP
リアカメラ なし 13MP
入出力ポート microSD、USB-C、
ヘッドホン
microSD、USB-C×2、
ヘッドホン

性能という点では、Galaxy Book 12が上です。

日本国内向けには2017年11月より、Galaxy Book 10.6は代理店を通じて、Galaxy Book 12はコストコで発売されています。
現在は、両モデルとも日本のAmazonで購入できます。

Galaxy Book 10.6を購入するにあたって、使い勝手などいろいろ吟味していました。

充電不要なSペンが使える

Apple PencilSurfaceペンVAIOのペンは、どうしても充電、電池が必要です。
Galaxy NoteGalaxy Bookなど、Wacom Feel Technologyを採用している端末では、ペンを充電する必要がありません。
端末だけ充電していればいいというのは、非常にありがたいです。

さらに、書き心地も筆のように滑らかで、書いていて楽しいのは最高。

【Galaxy note8 レビュー】手書きならではの良さがある。note 8のSペン入力の面白いところ、惜しいところ
「ペン」使いならではの魅力があります。 これが、Galaxy Noteシリーズにコアなファンが増える最大の理由だと思います。 今回は、Sペン周りの使い勝手について、使ってみて面白いところと惜しいところをまとめてみました。

個人的には、Galaxy Note8を4カ月使い続けてきたからこそ、Sペンの使い心地にトリコになってしまいました。

【Galaxy Note8 レビュー】4カ月使って手放したくない「地味に便利」と思う機能 [S9にも対応]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note8を手に入れて4カ月が経ちました。地味に便利だなぁ、と思う機能が結構多く、正直他のスマホに変えたくないと思うのが今の感想です。そんな、「地味に便利」を集めてみま...

というわけで、「Sペン」が使えるノートPCがいい、と考えていました。

10インチが最も持ち運びには便利

持ち運びと使い勝手を考慮すると、10インチ台のWindows PCがもっとも便利、という持論は以前から変わっていません。

持ち運び・出張に最も最適なモバイルノートパソコンは、10インチサイズだと思う5つの理由
こんにちは。MATTUです。パソコンって高いですし、選ぶのには慎重になりますよね。今回は、持ち運び・出張に最も最適なノートパソコンは、どのサイズなのか、考えていきたいと思います。現在使っているのは、SONY VAIO Duo ...

最近では、ひらくPCバッグnanoに入るサイズのPC、というのが一つの基準でもあり、持ち運びに便利な10インチサイズが最も良いと思っています。

本当は、ペン付きで360°たためるクラムシェル型10インチ台のWindows PCが最もいいと思っているのですが、Sペン対応モデルは10インチ台が事実上Galaxy Book 10.6しかないので、これを選びました。

スペックは、RAM 4GBは懸念点だがcore M3は十分

RAMが4GBであることについては、どうなんだろう、運用してみないとわからない、と思いました。
CPUがCore M3なのは、GPD PocketがAtomでも問題なく使えているので、全然問題ないと考えています。

価格がリーズナブル

Galaxy Book 12は、コストコでも14~15万円程度、日本のAmazonで17万円アメリカのAmazonで1149ドル(13万円前後)です。

それに比べ、Galaxy Book 10.6は、日本のAmazonや各ショップで9万円前後アメリカのAmazonで629ドル(7万円前後)新古品に目を向ければ499ドル~529ドル(6万円弱)で手に入ります

Surfaceシリーズはペン・キーボード別売りなのに対し、Galaxy BookはSペンとキーボードは付属品でこの価格なのです。
ここが結構大きかった。

ということで、フルスペックでなくてもOKな持ち運びPCで、10インチ台でSペンが使えるリーズナブルなWindowsタブレットという魅力に取りつかれ、購入することにしました。

Galaxy Book 10.6 開封の儀!

Galaxy Book 10.6の開封の儀を行います。

購入はアメリカのAmazonから

購入は、アメリカのAmazonからにしました。
新古品で499ドルのものが奇跡的に入荷予定だったため。

価格

価格に関しては、以下の通り。

項目 価格
Item(s) Subtotal $499.00
Shipping & Handling
(Amazon Standard Shipping選択)
$11.96
Total before tax $510.96
Estimated tax to be collected $0.00
Import Fees Deposit $62.40
Grand Total $573.36

輸入時のデポジットは、後日返金されます(半額程度)
なので、トータルで540ドル(6万円)ぐらい。

送料はケチって一番安いのを選びましたが、12ドルで済んでいます。

配送はUPS

一番安いStandard Shippingだとi-parcelという認識だったのですが、今回はUPSで運ばれました。
1/23に入荷して24日に発送、29日に到着したので、5日で届いたことになります。
当初の見積もりは2/14頃到着予定、と書かれていたので、大分早いですね!

配送の詳細については、下記をご覧ください。

米Amazon.comから、簡単に輸入するコツ・送料・輸送時間を解説!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。米Amazon.comは、日本のAmazonと同様に、簡単に買い物ができます。米Amazon.com内での在庫があれば、我が家まで3~4日で到着する、優れものです。私MATTUがA...

届いたダンボール

まずは、届いた箱を見てみましょう。

おやおや、無残にも、開けられてしまった跡があります。
(米Amazonから輸出されるときに貼られるガムテープは、糸が入っていてはがれにくいようになっています)

通関の時に開けられたんでしょうね…

開けても、アメリカ臭さは感じませんでした。

外箱

外箱は、こんな感じです。

前の持ち主が破いたのか、通関時に破かれたのかはわかりませんが、破かれていますね…
(ダンボールのテープと同じテープなのが、ちょっと怪しい…)

まあ、中身は全く問題なかったので、良しとします。

箱を開けると、デーンとGalaxy Book本体が現れます。

その下にキーボードカバーが、一番下に他の付属品類が現れます。

キーボードカバーは左、本体が右ですね。

内容物一覧


内容物は、本体(左)、キーボードカバー(右)
手前側に、キーボードカバーのペンホルダー、Sペン、取扱説明書(microSDピン付)、Sペンの替え芯、ACアダプター、USBケーブルです。

本体

本体を眺めてみましょう。

前面

前面はこの通り。画面下にSAMSUNGのロゴが、画面上に5MPixelのWindows Hello対応カメラが付いています。

背面

背面にもSAMSUNGのロゴと各種認証、ステッカーなどが貼られています。

側面

下面は、キーボードカバー接続用の端子があります。

上面は、電源ボタンと音量上下ボタン。

左側面はスピーカーの穴しかありません。

右側面は、ヘッドホン端子、USB Type-C、microSDスロット、スピーカー穴です。

外部接続端子自体はUSB Type-C端子しかないので、USBハブはあったほうがいいと思います。
(AUKEYのCB-C60とかおススメ)

iPad Pro 9.7インチとA4用紙と大きさ比較

サイズはほぼB5用紙。狙っているのかというぐらいにB5です。

一番下がA4用紙。真ん中にGalaxy Book 10.6、一番上に重ねているのがiPad Pro 9.7インチです。

ちなみに、iPad Pro 10.5インチSmart Keyboard(JIS)より若干大きいです。
(10.5インチもB5用紙より若干小さいんですね…)

付属キーボード

付属のキーボードは…

キーボード側はこんな感じになっています。
真ん中の端子のところでGalaxy Book本体とくっつきます。
本体裏側が磁石でくっつくようになっていて、キーボードの裏側とうまい具合にピタッとくっつくのです。

一応、3段階で高さ調節ができます。

1段階目。

2段階目。

大手メディアに、こんな感じで3段階目の写真が載ってるんですが、ちょっと無理があるだろう…
実際に使うなら、下のような感じに折り曲げちゃうか、キーボード自体外しちゃうか。かと思います。

キーボード自体は、かなり打ちやすいです。
アイソレーションキーボードで、マウスパッドも付いています。
マウスパッドも、物理的にクリック感あります。

iPad Pro(10.5インチ)Smart Keyboard(JIS)と比較してみると…

こんな感じ。ちゃんと打鍵感があり、打ちやすさははるかに上です。
よくよく考えてみると、iPad Pro + Smart Keyboardより値段安いんですよね…

iPad Pro 9.7インチ用、LogicoolのSmart Connector搭載キーボード(iK1082)と比べてみると…

US配列同士の比較になるので、こちらのほうがわかりやすいですね。
打ち心地はそっくり、というか、同じ
このキーボードと同じ、というのは、大健闘だと思います。非常に打ちやすい。

Sペン

Sペンを比較してみましょう。

この3本のペン。ペン先はすべて0.7mmで、ほぼボールペン並み。
書き味は筆のようななめらかな感じで、いろいろなペンを試してみてますが一番書き味はいいです。
これで、充電不要ですから、ほんと最高なんです。

一番上が、このブログでもおなじみのSTAETDLER Noris Digital。書きやすさは抜群なのですが、サイドボタンがないのと、ちょっと長い。
一番下は、Galaxy Note8に収納しているSペン。細く、長時間書き続けるときにはちょっと向かないかも。

真ん中が、今回Galaxy BookについてきたSペン。
Galaxy Tab S3に付属しているものと同じです。

ペンの太さもちょうどよく、クリップも付いているので、非常に書きやすい。

Galaxy Book 10.6のファーストインプレッション

私はアメリカのAmazonから輸入したので、英語版のWindows 10 Homeが入っているところを日本語化するところから始まりました。
(日本国内版は日本語版のWindows 10 Proが入っています)
個人用途ではProではなくてHomeで十分だし、日本語化は簡単にできるので問題はなかったです。
日本語化など、カスタマイズについては、別途記事にしています

海外のWindows端末を買ったら,初めにするべき設定![Galaxy Book 10.6レビュー]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Book 10.6を購入して、初期セットアップを行ってきました。今回は、海外端末の使い心地を大幅に上げる、やっておくべき初期設定についてご紹介します。

Office 2016のパッケージ版が使えるし(office365に入っているので、最新版をフルで使える)、OneNoteへのメモもはかどります。
OneNoteに手書きでメモ→テキストへ書き起こしまで、すべてこの一台のPCで出来るのが魅力。

US配列のキーボードに慣れてしまえば、普通に打てますし、かなり心地よいです。
動画処理のような重い作業をしなければ、外出先でも普通に使い続けられます。
(PowerPointの編集作業とか、Photoshopなどのお絵かきなども結構へっちゃらにできますよ!)

デジタルツールに直接メモを取って書き起こす。
この作業が最高にはかどるマストバイアイテムです!!

買うなら、アメリカのAmazonから輸入するほうが安上がりかもしれません。
ただ、保証や日本語化の不安などあるようでしたら、国内正規版を買うことをおススメします。

【Galaxy Book 10.6】液晶保護フィルムなど、おススメの周辺機器まとめ!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。前回まで、Galaxy Book 10.6のレビューをご紹介してきました。今回は、Galaxy Book 10.6をサポートする、おススメの周辺機器をまとめてみました。なお、ケース兼...
【Galaxy Book 10.6 レビュー】書き心地抜群なSペンでメモを効率化![2in1WindowsPC]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。今回は、Galaxy Book 10.6の要である、Sペン周りのレビューを中心にしていきます。メモに最適なのは、サムスン純正メモアプリのSamsung Notesと、Microsoft...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント