Samsung Notebook 9 Pen,2019年版発表!結構違うスペックを2018年モデルと比較!

Galaxy Book

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Samsungは、Notebook 9 Penの2019年新モデルを発表しました。
2018年モデルユーザーとしては、結構かゆいところをアップデートしている印象で使いやすく進化しているように思います。

Samsung, Notebook 9 Penの2019年新モデルを発表!2018年モデルとスペックを比較してみる

新モデルのNotebook 9 Penは、Galaxy Note9のオーシャンブルーとカラーが揃っています。

Sペンは従来同様のレイアウト

Sペンの大きさや筐体のレイアウトなどは2018年版とそんなに変わらないです。

SペンはもともとGalaxy Noteシリーズの本体に挿入されているようなきしめん型のペンが入っており、今回のNotebook 9 Penでも変更はありません。
ただし、SペンのカラーリングはGalaxy Note9と同じですが、Bluetoothのリモコン機能やバッテリーは搭載されていません。
バッテリー無しでペンがかけるのはSペンのいいところ。
反応速度は2018年モデルの2倍に向上しているとのことです。更に書き心地が良くなっていそうですね。

Galaxy Note8, Galaxy Book, Notebook 9 Pen, STAEDTLER Noris DigitalのSペン徹底比較!
こんにちは、ペンガジェッターのMATTU(@sunmattu)です。これまで、iPadとApple Pencil, DPT-RP1, Surfaceシリーズなどたくさんのペンガジェットを書き比べてきました。その中でも、最も機動性と書き...

ポートが大幅に変更。電源コネクタがUSB-Cに統合

2018年モデルのNotebook 9 Penは同軸端子の電源コネクタやHDMI端子がついていました。

今までのNotebook 9シリーズは、ポートの数は違うにせよ、だいたいこの構成でした。
また、右側面にもUSB-A(3.0)端子がついています。

2019年モデルはポートが大幅に変更されています。

左側面・右側面ともUSB-Cポートに変更されています。
3つのUSB-Cポートのうち2つはThunderbolt3とのこと。

個人的には、まだUSB-Aの機器がかなり多いのでUSB-Aを搭載してほしかったという気持ちはありますが…
ハブを使うのが主流になるのでしょうか…

Notebook 9 Pen新旧モデルのスペック比較!

Notebook 9 Penの2018年モデルとのスペックを比較してみましょう。

機種Notebook 9 Pen 13″
(2019)
Notebook 9 Pen 15″
(2019)
Notebook 9 Pen
(2018)
CPUCore i7Core i7Core i7-8550U
RAM16GB16GB8GB
ROM512GB512GB256GB
本体サイズ307.9×206.2×14.9mm347.9×229.1×16.9mm310.5×206.6×16.5mm
重さ1120g1560g995g
画面13.3インチ15.0インチ13.3インチ
バッテリー54Wh54Wh39Wh
GPUIntel UHD GraphicsNVIDIA GeForce MX150(2GB)Intel UHD Graphics
フロントカメラHD IR Camera
画素数未発表
HD IR Camera
画素数未発表
5MP
リアカメラなしなしなし
スピーカーAKG StereoAKG stereostereo
認証顔・指紋顔・指紋顔・指紋
入出力ポートThunderbolt3(x2)、USB-C(x1)、ヘッドホン、
microSD
Thunderbolt3(x2)、USB-C(x1)、ヘッドホン、
microSD
電源コネクタ、HDMI、
USB-C、ヘッドホン、
microSD、USB-A

RAM/ROMも倍に増強されています。
クリエイター向けを謳っていることもあり、納得ですね。

2019年モデルは、バッテリーも強化されています。
2018年モデルが1kg切りを達成するためにバッテリーが削られたの対し、2019年モデルは2017年のNotebook 9 Pro同等の54Wh搭載。15時間持ちます。
バッテリーが多いのは非常にありがたいです。

さらに、15インチモデルはGeForce MX150も搭載。グラフィック・動画編集される方はかなり嬉しいのではないでしょうか!

気になる価格は…

気になる価格ですが…
2018年モデルは13.3インチのみで、価格は1399ドル(16万円程度)で発売されました。
(2018/12現在は1099ドル(13万円程度))

2019年モデルは13.3インチ版でもスペックが強化されているので、もう少し上がるのではないかと思います。
RAM16GB/ROM512GBにスペックアップされているのを考えると、もしかすると20万円程度するかもしれません…

韓国では2018年12月から、アメリカや香港などでは2019年1月から発売されます。
日本での発売は発表されていません。

個人的には、2018年モデルでも満足に使えるスペックでお値段もお手頃ですので、2018年モデルをおすすめします。

Galaxy Note8 Sペンの書き心地がLaptopに!Core i7,2in1のNotebook 9 Penの開封レビュー!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note8のSペンの書き心地が最高すぎて、ほかのペンが使えなくなった…という方、多いと思います。私もその一人。Sペンが使えるメインPCがあったら、非常にうれしいです...

コメント