【ギガホ・ギガライト・docomo with対応】スマホ月額料金をキャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!(ドコモ新旧, au, Softbank, Y!mobile, UQmobileに対応)

ケータイ→auスマホ割(s)の登場で複雑怪奇な,auのプランをわかりやすく解説!!

料金プラン

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

auの料金プランが複雑怪奇で、非常にわかりにくくなっています。
2019年6月から開始予定の「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」に加え、ケータイからスマホへの移行専用プランとして「ケータイ→auスマホ割(s)」が登場しました。

ごっちゃごちゃです。

auのホームページを見ても、何がなんだかわかりません。

ということで、このauの新料金プランをわかりやすく解説してみます。

auの新料金プランは、料金体系が3つ

2019年6月から提供される、auの新料金プランが「わかりにくい」とされる一番の原因は、旧料金プランを中途半端に残しているためです。
2019年6月からの料金体系は、柱が3つあります。

新ピタットプラン・フラットプラン7プラス・データMAXプランの柱

まずは新しく発表された3プラン。

この3プランは「家族割プラス」で、同居する家族割グループに複数回線契約があると1回線につき1000円の割引が適用されるなど、家族で使うとお得な料金体系になっています。


割引を加味するとこんな感じ。

旧料金プランと比較すると、家族で使うなら7GBまでお得、ただ1人で使うのなら2GB~5GBのゾーンのみお得です。
他社の分離プランと比較すると、5GB~7GBのゾーンのみauがお得、5GB以下であればドコモのほうが全体的にお得です。

詳しくは、下の記事でauの新旧プラン、ドコモ・ソフトバンクと比較していますので、ご覧ください。

「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」の料金徹底解説!ドコモ・ソフトバンクと比べると一番安いのは!?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。auがピタットプラン・フラットプランに変わる新たな料金プラン3種類を発表しました。結構割り引かれていて驚きです。今回は、3プランを解説するとともに、新旧プランでどれだけ安くなったか、...

すべてをこのプランに統一していればよかったんです。

auフラットプラン20,25Netflixの柱

auの旧料金プランのうち、残ってしまったのがauフラットプラン20,25Netflix。

この2つは、「家族割プラス」の割引対象ではありません。
そのかわり、通話定額の価格が200円安く、契約から12ヶ月間は毎月1000円割引(スマホ応援割)が受けられます。

割引オプションの体系が異なるので、注意が必要です。

「ケータイ→auスマホ割(s)」専用のauピタットプラン(s)

auピタットプランは2019年6月末で受付終了するのですが、ケータイからの乗り換え専用で受付継続されます。


ケータイからauのスマホに乗り換える場合、通話定額なしの「シンプル」を選ぶことは出来ず、スーパーカケホ・カケホの2択です。
割引体系は旧料金プランと同じく「家族割プラス」は割引対象外、スマホ応援割で機種購入後1年間は1000円割引されます。

このプラン自体はソフトバンクの「スマホデビュープラン」を意識して作ったものだとは思いますが、なぜ「新auピタットプラン」から割り引く構造にしなかったのかは謎。

一括0円の機種も登場!ソフトバンクの新「スマホデビュープラン」はライトユーザーにおすすめ!Y!mobileとどちらがお得?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ソフトバンクが、ケータイからスマホに乗り換える方用の新プラン「スマホデビュープラン」を発表しました。ミニモンスターよりだいぶ安い料金になりますが、Y!mobileの「スマホプランS」と...

ケータイ→auスマホ割(s)はお得なの?新旧プランを比較してみよう

ケータイ→auスマホ割(s)はauピタットプランから永年1000円割引されます。
ただし、auピタットプランは「auスマートバリュー」(光回線セット割)の割引対象ではありますが、「家族割プラス」の割引対象ではありません。

新旧プランの価格を比較してみましょう。

従来のケータイ→auスマホ割と、ケータイ→auスマホ割(s)の違い

適用条件

適用条件はほぼ一緒で、
・MNP;他社ケータイからの乗り換え(ショップで現在使用端末の確認が必要)
・機種変更;3G WIN端末からの機種変更(契約変更)
となります。

ケータイ→auスマホ割の割引内容

従来のケータイ→auスマホ割は、契約翌月から12ヶ月間、以下のプランを契約していれば毎月割引となります。

プラン割引額
auピタットプラン(スーパーカケホ)※
auピタットプラン(カケホ)※
新auピタットプラン(通話定額なし)
新auピタットプラン(通話定額ライト)
1,000円/月x12ヶ月
新auピタットプラン(通話定額)1,700円/月x12ヶ月

※2019年6月30日で新規受付終了

ケータイ→auスマホ割(s)の割引内容

ケータイ→auスマホ割(s)では、適用条件を満たした方のみが入れる「auピタットプラン(スーパーカケホ/s)」「auピタットプラン(カケホ/s)」に入ることが出来ます。
この(s)のついたauピタットプランに入ると、期限なく毎月1000円割り引かれます。

プラン割引額
auピタットプラン(スーパーカケホ/s)
auピタットプラン(カケホ/s)
1,000円/月(期限なし)

提供開始は2019年6月1日から。

新旧料金プランを簡単に比較してみよう

新旧の料金プランを簡単に比較してみましょう。
今回は、ケータイ→auスマホ割同士で比較しますが、1年目は

・従来のケータイ→auスマホ割+新auピタットプラン適用の場合; 毎月1,000円x12ヶ月割引
・ケータイ→auスマホ割(s)+auピタットプラン(s)適用の場合; スマホ応援割が毎月1,000円x12ヶ月割引

なので、1年目は同じ1,000円ずつ割り引かれます。
期間限定の割引で同一金額の割引なので、カウント外とすることにします。

ケータイ→auスマホ割(s)以外の割引がない場合

光回線セット割(auスマートバリュー)や家族割プラスがない場合。

3GB~4GB、5GB~7GBでは新料金プランのほうが安いこともありますが、全体的にはケータイ→auスマホ割(s)適用時のほうが安いです。

20GBまでの広範囲をカバーして、段階制で安いというのは大きいと思います。

auスマートバリュー(光セット),家族割プラスを加味した場合

続いて、auスマートバリューと家族割プラスを加味した場合で比較してみます。

ケータイ→auスマホ割(s)のほうが全体的に安いですが、その差は少し縮まっています。
3GB~7GB使う方はauフラットプラン7プラスのほうがお得かも。

ケータイからスマホに移る方はライトユーザーの方がメインだと思います。
3GB以下ではやはりケータイ→auスマホ割(s)のほうがお得です。
ただ、新auピタットプランと比べると、割引額は1,000円よりは小さいですね。

ちなみに、もともとあまり通話しない人は、通話定額がいらない、という方も多いかも。

ほとんど通話しない、という人であれば、新auピタットプランでも価格はほとんど変わりません。

同じ2980円で4GBまで使えるので、新auピタットプランのほうがオトクだと思います。

通話定額が必要ない人は、新auピタットプラン+ケータイ→auスマホ割を。
通話定額に入りたい人は、ケータイ→auスマホ割(s)+auピタットプラン(s)をおすすめします。

わかりにくさだけが目立つau新料金プラン…

実際運用してみると、以前のケータイ→auスマホ割に比べればお得だというのはわかるのですが…
やはりわかりにくいですよね…
自分に最適なプランがどれか、はっきり言えないのが非常に辛いです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」「auデータMAXプラン」の料金徹底解説!ドコモ・ソフトバンクと比べると一番安いのは!?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。auがピタットプラン・フラットプランに変わる新たな料金プラン3種類を発表しました。結構割り引かれていて驚きです。今回は、3プランを解説するとともに、新旧プランでどれだけ安くなったか、...
ドコモオンラインショップ

店頭では負担しなければならない「頭金」「新規契約事務手数料」「機種変更事務手数料」が無料!
24時間いつでも購入できるし、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにドコモでスマホ・ケータイを買うなら、公式で安心のドコモオンラインショップで!!

auオンラインショップ

店頭でかかる「頭金」が無料!もちろん送料も無料!
24時間いつでも購入でき、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにauでスマホ・ケータイを買うなら、auオンラインショップで!!

ソフトバンクオンラインショップ

店頭でかかる「頭金」が無料!もちろん送料も無料!
24時間いつでも購入でき、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにソフトバンクでスマホ・ケータイを買うなら、公式で安心のソフトバンクオンラインショップで!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました