MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

【開封の儀】iPhone 14 Proのディープパープルの質感は、Xperia 1 IVと比べると美しい?Dynamic Island・画面常時表示も便利!

iPhone 14 Pro

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

2022年9月16日に、iPhone 14シリーズが発売されました!
私MATTUもiPhone 14 Proを購入し、届きましたので開封の儀をお届けします。

iPhone 14 Proといえば、ノッチがDynamic Islandが変わり、カメラもさらに強化するなど、Proとしての性能はさらに強化されています。
個人的には、常時表示ディスプレイもうれしいところ。

iPhone 14 Proのカラーはディープパープル・ゴールド・シルバー・スペースブラックの4色。
もちろん、私MATTUが選んだのは「ディープパープル」ですよ!

パープルといえば、やはり比べたくなるのがSony Xperia 1シリーズで採用されているパープル。
どれぐらいパープルが美しいかXperia 1 IVなどXperia 1シリーズと比べてみました。

合わせて、Dynamic Islandなどちょっと使って感じた素敵な部分も、レビューしていきたいと思います。

▼動画も公開しています!

9/16(金)夜10時から、YouTube Liveにて開封生放送も行う予定です!

スポンサーリンク

iPhone 14 Proを開封!パープルの美しさは、やはり他社の追随を許さないのか?

iPhone 14 Proを発売日の2022年9月16日に購入しました!
早速、開封していきましょう。

ディープパープルの「ディープ感」はどれほど?

開封したiPhone 14 Proはこんな感じ。
想像以上にパープルです。

iPhone 13 Pro(右)とiPhone 14 Pro(左)

昨年のiPhone 13 Proは、シエラブルーを購入していました。
結構、側面はシルバーに寄った光沢感のある色、背面はブルー感の強いフロスト加工が特徴的です。

今回のiPhone 14 Proのディープパープルは、予想以上にパープル感が出ていますよね。
側面は昨年同様、光沢感のあるステンレス素材でできていますが、よりパープルが色濃く出ています。

iPhone 13 Pro(右)とiPhone 14 Pro(左)

背面はフロスト加工でマットな質感なのは昨年までと変わらず。
フロスト加工は、とくにこのパープルにはホントよく似合っていますよね。

色は赤寄りの紫となっているように感じます。

前面はCeramic Shieldを採用しており、「どのスマホより頑丈」をうたっています。

iPhone 14 Proのディープパープルを、Xperia 1シリーズのパープルと比較

「パープルなスマホ」といえば、やはりSony Xperia 1シリーズですよね!
歴代、ソニー伝統のパープルをフラッグシップのXperia 1シリーズのラインナップに毎回そろえています。
ただし、Xperia 1シリーズの紫も、機種ごとに少しずつ異なった色合いを見せています。

iPhone 14 Proのパープルは、Xperia 1シリーズのどれと最も近いでしょうか?

iPhone 14 Pro vs. Xperia 1 IV

まずは、2022年モデルのXperia 1 IVです。

Xperia 1 IVでは「パープル」というカラーで発売されていますが、背面はフロスト加工が施されています。

角度によっては似たような色にも見えますが、どちらかといえばXperia 1 IVのほうが黒め、iPhone 14 Proのほうが光の反射で白くなりやすいです。

iPhone 14 Pro vs. Xperia 1 III

次に、2021年モデルのXperia 1 IIIです。

Xperia 1 IIIは「フロストパープル」というカラーで発売されています。

Xperia 1 IIIは、Xperia 1 IVよりもより黒く、光に充てると黒光りするような感じにも見えます。
iPhone 14 Proの光を当てたときの反射の色とはまた異なるのが面白いところ。

iPhone 14 Pro vs. Xperia 1 II

そして、2020年モデルのXperia 1 IIです。

Xperia 1 IIは「パープル」というカラーで発売されており、フロスト加工ではなく光沢感・透明感のあるカラーが特徴です。
この透明感、私はこれも結構好き。

マット加工かそうでないかの違いはありますが、純粋に色で比較するとXperia 1 IIが一番近いのではないかとも思います。

3機種と比較しましたが、Xperiaのパープルとはまた違う傾向で、特に光を当てたときの見た目が異なるのは面白い気がします。

左から、Xperia 1 II・iPhone 14 Pro・Xperia 1 III・Xperia 1 IV

iPhone 13 Proと少し異なるカメラ・ボタンレイアウト。iPhone 14 Proのカメラ、さらに存在感が増す!

また、ケースレビューの時にもご紹介していましたが、ボタン配置やカメラのポジションは、iPhone 13 Proの時よりずれ、とくにカメラはさらに大きくなっています。

カメラは、より大きく、厚みも増しています。
存在感がさらに増しているのがすごすぎです。

右がiPhone 14 Pro
サイドキーはずれている
右がiPhone 14 Pro
音量キーなど左側キーはそこまで変化なさそう

ボタンのレイアウトも、少しずれが生じています。
ケースによっては、iPhone 13 Proまでのケースをはめるとうまくはまらない可能性がありますので、iPhone 14 Pro用のケースを用意することをお勧めします。

iPhone 14 Proの象徴「Dynamic Island」はどう?画面の変化は?

iPhone 14 Proの変化の象徴は、なんといっても「Dynamic Island」でしょう。

Dynamic Island、予想以上に溶け込めていてすごい

iPhone 13シリーズやiPhone 14・iPhone 14 Plusでは画面上に比較的大きなノッチが存在していました。

iPhone 13 Proのノッチ(左)と、iPhone 14 ProのDynamic Island(右)

iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxでは、このノッチの代わりに「Dynamic Island」が搭載されました。
ノッチより横幅は小さくなっていますが、少しカメラの位置が画面中央部にずれています。
実際使ってみると、結構溶け込めてて素敵です。

iPhone 14 ProのDynamic Island、標準状態

ワイヤレス充電を開始すると、下の図のように「島」が拡張し、充電表示となります。

iPhone 14 Pro、充電開始時

タイマー通知は、画面操作している場合は終了まで常時表示されるのがかなりいいですね!
あと何分か気になってくることも多いですし。

iPhone 14 ProのDynamic Islandでタイマーしている様子

常時表示中は「島」の表示が優先され、Wi-Fiやモバイルのアイコンは表示されないです。

気持ちいいほどヌルヌルと生き物のように「島」が動くので、かなり心地よく感じます。

同じ写真を表示。上:iPhone 14 Pro、下:iPhone 13 Pro

動画や写真を見るときは、やはり「島」の大きさが気になる気がします。
また、ノッチと比べると、エリアが小さいのでそこまで気になりませんが。
Androidスマホの多くはパンチホール型を採用していますが、それよりは大きいので、異物感はありますね……。

とはいえ、以前に比べ目立ちにくくなったとは言っていいと思います。

いずれ、将来的にこのカメラ部分はアンダーディスプレイカメラ(画面下への埋め込み)という形になっていくのでしょうか。
今後の進化が楽しみです。

画面の常時表示、なかなかに素晴らしい

iPhone 14 Proのもう一つの画面の進化は「常時表示」です。

iPhone 14 Proの常時表示、予想以上にカラフル

他社Android端末では採用されていた「常時表示」に、iPhone 14 Proシリーズでもついに対応してくれました。
他社端末では基本黒背景に白文字、この白文字がずれながら焼き付きを防止してくれます。
iPhone 14 Proの場合は、ずっと画面が表示され続けるのです。薄い表示ですがカラフルなのが楽しいですね!

タイマー中は、ロック画面消灯中は毎秒かわる秒のほうは表示されず

充電中・机に置いているときなど、常にロック画面上に知りたい情報が表示されます。
「島」が少し広がり、電池残量や電波状況等は表示されません。

時間が知りたい!という場合も、確認するためにタップ・電源キーを押す、などの必要がなくなりました。
タイマーの際にはロック画面下に、分表示のみ表示されます。余計な画面遷移を省いてバッテリー持ちを維持しています。

この常時表示機能自体は、Galaxyシリーズでも私はよく使っておりましたので、非常にうれしい機能です。
さらに、バッテリーのことも考えながら、殺風景ではない豊かな表示ができるという点ではなかなかいい機能ですよね。

iPhone 14 Pro、かなり先代からの進化が大きい印象!

iPhone 14 Proでは、特にDynamic Islandや常時表示機能など、見た目の変化も含め結構進化している点が多いのがわかると思います。

私はiPhone 13 ProからiPhone 14 Proへの買い替えではありますが、だいぶ印象が変わりました。

もし買い換えるなら、ほぼiPhone 14 Pro一択といっていいのではないでしょうか。
(比較的安いiPhone 14でも、投げ売りでない限り10万円程度はしますから…)

カメラもかなりパワーアップして、かなり便利に使える印象です。
カメラレビューや機能の詳細なレビューは、別途後日お届けする予定です。

ぜひ、iPhone 14 ProやiPhone 14 Pro Maxを使ってみてくださいね!

▼動画も公開しています!

9/16(金)夜10時から、YouTube Liveにて開封生放送も行う予定です!

コメント