MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

Xperia 5 IV・AQUOS sense7・arrows NからPixel 7まで!ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの2022年秋冬・冬春モデルまとめ!

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

iPhone 14シリーズも発売開始し、いよいよ10月には ドコモauソフトバンクの各キャリアで発売される予定の秋冬・冬春モデルの発表が行われています。

Android各社に先駆けて、Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4が9/29よりいち早くドコモau、Flip4は楽天モバイルでも発売開始されます。

SHARPは9/26、AQUOS新製品をAQUOS sense7はNTTドコモau 、AQUOS sense7 plusは ソフトバンクから発売することを発表しました。

そして、10/6にはNTTドコモが2022年-2023年の冬春モデル全ラインナップを発表しました。

今回は、2022年秋冬モデルを各社まとめてみます。

[2022/11/17更新]Xperia 5 IVのレビューを公開しています。

[2022/11/12更新]AQUOS sense7のレビューを公開しています!

[2022/11/4更新]楽天モバイルがAQUOS sense7を発売しました!価格は49,980円と他社に比べてお買い得!
楽天市場店にて、単体購入も可能です!

NTTドコモも、オンラインショップ限定色「ラベンダー」の購入手続きが先行して開始されています!

[2022/10/20更新]Galaxy A23 5G(ドコモ・au・UQ)が10/27発売、BASIO active(au)が10/28発売となります!価格も含めて更新しました!

[2022/10/14更新]NTTドコモ冬春モデル体験会の模様も盛り込み更新しました!

[2022/10/13更新]Xperia 5 IVの価格・発売日情報を更新しています!

[2022/10/6更新]NTTドコモの2022-2023秋冬モデルラインナップが発表されました!
更新しています。

新機種の詳細や購入は公式サイトから

スポンサーリンク

AQUOS sense7【ドコモ・au・UQ mobile】、AQUOS sense7 plus【ソフトバンク】

AQUOS senseの新シリーズ「AQUOS sense7」「AQUOS sense7 plus」が発表されました。

AQUOS sense7(ドコモ・au・UQ mobile)

ドコモ冬春モデル体験会で、いち早く実機を触ってきました。画像クリックで、実機を触っている動画再生されます!

見た目はAQUOS sense6までの系統とは異なり、AQUOS R7のカメラにも似たデザインです。
NTTドコモとau・UQ mobileから発売されます。

ドコモ版AQUOS sense7

カメラが強化されたのが特徴的です。
センサーサイズが66%大型化され、50MPのカメラが搭載されます。

カメラはAQUOS sense6より66%大型化されています

AF速度も2倍高速化、夜でもきれいな写真が撮れるとのこと。一方、望遠レンズは省略されました。

カメラ以外のデザインは、AQUOS sense6と同様に見えますが、カメラ部分が強化されたことでよりスタイリッシュに感じますね。なかなかいい進化です。
スペックとしても、メモリ6GB・ストレージ128GBが標準となるなど、強化されている印象。

▼ドコモ冬春モデル体験会で、いち早く実機を触っております(再生ボタンでAQUOS sense7の項目から再生されます)

AQUOS sense7の詳細や購入は公式サイトから

AQUOS sense7 plus(ソフトバンク)

また、ソフトバンクでは、AQUOS sense7を大画面、スピーカーを強化した「AQUOS sense7 plus」を発売します。

大画面の6.4インチ搭載で、動画視聴なども楽しめますね!

AQUOS sense7 plusでは、AQUOS初の専用LSIに対応。
動画フレーム数を最大5倍、120fpsにフレーム補間可能で、240Hz駆動で非常に迫力ある映像を楽しめます。

BOX構造を採用した大口径スピーカーユニットを搭載し、深くパワフルな低音、広がりのある大迫力サウンドを楽しめます。

カメラはAQUOS sense7と同様、1/1.55型センサーの標準カメラ+超広角カメラの仕様。

10月7日発売、価格は69,840円 (2年後返却時の実質で34,920円)です。

ソフトバンクの申し込みはこちらから

AQUOS sense7・AQUOS sense7 plusのスペック・対応周波数まとめ

項目AQUOS sense7
(ドコモ・au・UQ)
AQUOS sense7 plus
(ソフトバンク)
(参考)AQUOS sense6
サイズ70x152x8.0mm, 158g76x160x8.2mm, 172g70x152x7.9mm, 156g
画面6.1インチ、IGZO OLED6.4インチ、IGZO OLED6.1インチ、IGZO OLED
CPUSnapdragon 695 5GSnapdragon 695 5GSnapdragon 690 5G
(sense6s: Snapdragon 695 5G)
メモリ(RAM)6GB6GB4GB/6GB
ストレージ(ROM)128GB128GB64GB/128GB
バッテリー4,570mAh5,050mAh4,570mAh
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
(Wi-Fi 6は非対応)
IEEE802.11a/b/g/n/ac
(Wi-Fi 6は非対応)
IEEE802.11a/b/g/n/ac
(Wi-Fi 6は非対応)
カメラ50MP(1/1.55インチと大型化)
+8MP(超広角)
50MP(1/1.55インチと大型化)
+8MP(超広角)
8MP/8MP/8MP

ドコモ含め各社でnano SIM+eSIM対応

各社ともnano SIM+eSIMのDual SIMでの利用可能です。
AQUOS sense6ではeSIM非対応だったドコモも、今年のAQUOS sense7ではnano SIM+eSIMに対応しています。

対応周波数帯:ソフトバンク版のAQUOS sense7 plusは要注意

周波数帯は以下の通り。

ドコモ・au・UQ mobileの周波数帯はほぼ同じ「バンドフル仕様」です。

ただし、ソフトバンクで独占発売の「AQUOS sense7 plus」は、ドコモ・auのプラチナバンド(LTE Band 18/19)に対応していないので、ご注意ください
他キャリアを含め2回線を1台で(Dual SIM運用で)使いたい方は、plus版ではなくドコモ・auでの「AQUOS sense7」を選んだほうがいいかもしれません。

AQUOS sense7の詳細や購入は公式サイトから

AQUOS sense7・AQUOS sense7 plusの価格

AQUOS sense6の価格は、いまのところ未発表となります。ソフトバンクのAQUOS sense7 plusのみ10/7発売、ほかは11月発売です。

AQUOS sense7MNP新規機種変更
NTTドコモ
[11/11発売]
※限定色ラベンダーは11/4発売
54,230円
(実質43,570円)
54,230円
(実質43,570円)
54,230円
(実質43,570円)
au
[11/11発売]
37,500円
(実質11,580円)
(▲22,000)
48,500円
(実質22,580円)
(▲11,000)
54,000円
(実質28,080円)
(▲5,500)
UQ mobile
[11/11発売]
37,500円
(▲22,000)
48,500円
(▲11,000)
59,500円
楽天モバイル
[11/4発売]
49,980円
+8,000pt還元
(実質41,980円)
49,980円
+8,000pt還元
(実質41,980円)
49,980円
楽天市場店にて
単体購入可能
ソフトバンク
(AQUOS sense7 plus)
[10/7発売]
48,240円
(▲21,600)
(実質13,320円)
69,840円
(実質34,920円)
69,840円
(実質34,920円)

AQUOS sense7の詳細や購入は公式サイトから

Xperia 5 IV【ドコモ・au・ソフトバンク・楽天:10/21発売】

Xperia 5 IVは、グローバルでは9/1に発表が行われ、国内ではドコモauソフトバンク楽天モバイルで発売されています。10月21日より発売。

Xperia 5 IVの端末形状は、側面が丸い形状をしていた昨年のXperia 5 IIIから大きく変わり、側面がフラット形状をしています。

左から、エクリュホワイト、ブラック、グリーン(au・ドコモ限定)、ブルー・パープル(ドコモオンラインショップ限定)

カラーは、各キャリアでブラック・エクリュホワイト。NTTドコモ・auではグリーンも、ドコモオンラインショップ限定でブルー・パープルも発売されます。

▼ドコモ冬春モデル体験会でも、いち早く実機を触っております

ワイヤレス充電初対応がうれしい小型Xperia高性能モデル

6.1インチのXperia小型シリーズとしては初めてのワイヤレス充電に対応しています。
Qi対応のワイヤレス充電器に置くだけで充電ができ、ワイヤレスイヤホンなどのQi対応機器へのバッテリーシェアも可能です。

カメラは、望遠レンズに2.5倍(60mm)のレンズが搭載されています。

Xperia 5 IVのスペックまとめ

項目Xperia 5 IVXperia 5 III
大きさ156 x 67 x 8.2 mm157x68x8.2mm
重さ172g168g
ディスプレイ6.1インチ
FHD+ OLED HDR
120Hz対応
6.1インチ
FHD+ OLED HDR
120Hz対応
CPUSnapdragon 8 Gen 1Snapdragon 888
ネットワーク5G sub65G sub6
メモリ8GB8GB
ストレージキャリア版は128GBキャリア版は128GB
カメラ3眼
16mm:12MP
24mm:12MP
60mm:12MP
3眼
16mm:12MP f/2.2
24mm:12MP f/1.7
70mm・105mm:12MP f/2.3-2.8
フロントカメラ12MP8MP
3.5mmヘッドホン端子
生体認証指紋認証(側面)指紋認証(側面)
バッテリー5,000mAh、ワイヤレス充電対応4,500mAh
防水防塵IP68IP68
SIMnano SIM+eSIM:キャリア版nano SIM(シングル):キャリア版
nano SIM x2:メーカー版
カラーブラック、
エクリュホワイト、
グリーン(ドコモ・auのみ)、
ブルー(ドコモのみ)
パープル(ドコモのみ)
グリーン
フロストシルバー、
フロストブラック、
ピンク

Xperia 5 IVの価格まとめ

Xperia 5 IVNTTドコモauソフトバンク楽天モバイル
MNP137,280円
(実質63,360円)
112,900円
(▲22,000)
(実質52,060円)
126,000円
(▲21,600)
(実質52,200円)
103,900円
(▲16,000)
+3,000pt還元
新規137,280円
(実質63,360円)
123,900円
(▲11,000)
(実質63,060円)
147,600円
(実質73,800円)
スマホ乗り換え.comでは
22,000円引
103,900円
(▲16,000)
+3,000pt還元
機種変更137,280円
(実質63,360円)
118,400円
(▲16,500)
(実質57,560円)
147,600円
(実質73,800円)
スマホ乗り換え.comでは
5,500円CB
119,900円
キャンペーンイヤホン
or純正カバー
購入で最大13,000pt
ソニーポイント
5,000円相当
発売ページドコモオンライン
ショップ
[10/21発売]
au Online Shop
[10/21発売]
ソフトバンク
[10/21発売]
楽天モバイル公式
楽天市場店
[10/21発売]