2017/12/023 Shares

NTTドコモのシェアパック上限設定オプションと分割請求オプションは重畳契約できないので注意!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

NTTドコモのシェアパックでは、回線ごとに上限が設定できる「シェアパック上限設定オプション」と、シェアパックを組んでいる回線内で均等割りして請求する「シェアパック分割請求オプション」があります。
両者は重畳契約できず、どちらかの選択になりますので注意が必要です。

 
スポンサーリンク

シェアパック上限設定オプションと、分割請求オプションとは?

シェアパック上限設定オプション

データ量上限オプションとは、回線ごとに個別に上限GB数を設定できるサービスです。
2017年9月1日より、申し込みがスタートしています。

設定方法については、NTTドコモの「データ量上限設定オプション」の申し込み、設定方法をまとめてみた!を参照してください。

シェアパック分割請求オプション

シェアパック分割請求オプションは、シェアパックに登録されている回線ごとに、シェアパックとデータシェアオプションの利用料金を均等割り出来るオプションです。

遠く離れる家族や、両親などとシェアパックを共有できるので、非常に便利です。

上限設定オプションと分割請求オプションは共存できない

NTTドコモのホームページには、2つのオプションの共存ができないようになっています。

実際、私は先日ドコモショップで分割請求オプションの申し込みを行いましたが、「上限設定オプション」の設定は解除される、という旨の説明を受けました。

重畳契約ができないようにしているのは何か理由があるのでしょうか?
ちょっと不可解なんですが…

シェアパック分割請求オプションの対象外回線の設定方法

シェアパック分割請求オプションを申し込むと、シェアパックを均等割りする回線数を調整できます。
電話番号ごとに、対象外回線を設定できます。

※「シェアパック分割請求オプション」の申し込み自体はweb(mydocomo)からでは行えません。
151に電話するか、ドコモショップで手続きする必要があります。


申込前後とも、「申込」および「解約」ボタンが表示されません…

対象外回線の設定方法

「オンライン申込み」から、「シェアパック~」のこのリンクを選択します。

現在の契約内容が表示されるので、「シェアパック分割請求対象外回線設定のお手続き」を選択します。

対象外回線の設定の注意事項(赤枠)をクリックして読み、チェックボックスにチェックをして下にスクロールします。

対象外にしたい回線にチェックをつけ、下にスクロールします。

あとは申込書送付先を選択し、「次へ」から設定を完了すればOKです。

分割請求しても、上限設定したいよね…

パケットの上限設定は、変にパケ漏れした時も他の回線への被害を最小限にするためには必要なものだと思っています。
だからこそ、分割請求時でも、上限設定させてほしいですよね…

私は、分割請求を優先するために、泣く泣く上限設定を解除しました。
ドコモさんに改善を期待したいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で