【iPhone 11シリーズ発表】スマホの機種代金と維持費をキャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!(ドコモ, au, Softbank, 楽天, Y!mobile, UQmobileに対応)
あなたのイベント・セミナー YouTube Liveで配信しませんか?

複数カメラを切り替えたり、テロップをつけたり…
ちょっと工夫を凝らした配信も可能です!
300回以上YouTube Live生放送を手掛けるMATTUが全力サポートします!!

詳しくはこちら

ケータイからスマホに切り替えたい!!ドコモ・au・ソフトバンクどこのキャンペーンが一番オトク!?徹底比較!!

料金プラン

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ケータイ(ガラケー)から、そろそろスマホに切り替えたい、という方も多いのではないでしょうか。

昔から使っているケータイが、もうすぐ使えなくなるから、どうせならスマホに…と考えている方もいらっしゃると思います。

今回は、NTTドコモauソフトバンク各社の、ケータイからスマホに切り替えるのにお得なキャンペーン情報、維持費を徹底比較してみます。

[2019/1/11更新]ソフトバンクのガラケ→スマホ割は、2019/1/16で終了します。
検討中の方はお早めに。

スポンサーリンク

ケータイ→スマホへ切り替えるとオトクな割引を比較!

まずは、ケータイからスマホへ切り替えるとオトクな割引を比較してみます。

キャリアNTTドコモauソフトバンク
キャンペーン名ウェルカムスマホ割ケータイ→auスマホ割ガラケ→スマホ割
割引額1,500円
(申込当月から13ヶ月間)
1,000円
(申込翌月から12ヶ月間)
1,980円
(申込翌月から12ヶ月間)
申込み前に利用中の端末[MNP]他社フィーチャーフォン
[契約変更]ドコモのFOMAケータイ(18ヶ月以上使用)
[MNP]他社フィーチャーフォン
[契約変更]auケータイ(3G)(16ヶ月以上使用)
[MNP]他社フィーチャーフォン
[契約変更]ケータイ
購入機種Xi(4G LTE)対応スマホ4G LTE対応スマホ4G LTE対応スマホ
割引対象プランカケホーダイ
カケホーダイライト
シンプル
※パケットパックは制限なし
auピタットプラン(カケホ)
auピタットプラン(スーパーカケホ)
通話基本プラン+ミニモンスター

NTTドコモは、基本的にスマホで契約できるプランであれば、どのプランでも割引対象になっています。

auソフトバンクは、データが大容量なフラット型のデータパック(auフラットプラン、ソフトバンク・ウルトラギガモンスター+)は割引対象外となっています。
auは通話定額のないシンプルプランも割引対象外となっています。

auソフトバンクは組み合わせによっては割引対象外になることがありますので、十分注意してください。

auは60歳以上のスマホ契約で永年1000円引き

auでは、「カケホ割60」という割引キャンペーンも実施しています。

60歳以上の方がauピタットプラン(カケホ)に加入される場合、永年1000円/月割引されます。
なお、対象機種はBASIO3, LG itに限定されていますので、ご注意ください。
(すでに購入済の方は2019年2月利用分より割引が適用されます)

つまり、スーパーカケホ(5分以内通話無料)の価格で、カケホ(国内通話無料)が使える、ということです。
※スーパーカケホ、シンプルプランの場合は、適用されません。

NTTドコモソフトバンクは、同様の施策は今のところありません。

ドコモ・au・ソフトバンクの料金を比較!

それでは、ガラケーからスマホに変えたときのNTTドコモauソフトバンクの料金を比較してみましょう。
通話定額なしのシンプルプラン、通話定額がついたプランの2パターンで比較してみます。
NTTドコモ次回機種変更までずっと割引が継続するdocomo withのプランで比較します。

なお、光回線(家でのインターネット(ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光))とのセット割は考慮していません。
プランにもよりますが、0円~1000円、料金から減額されます。

通話定額なしのシンプルプランの場合

まずは、通話定額なしのシンプルプランの場合を比較してみます。
あまり通話されない方や、LINEでの通話がメインの方はシンプルプランがおすすめです。

通話定額はないですが、家族グループ内の通話は無料になっています。

1年目の料金比較

まずは、1年目の料金を比較してみます。

グラフの横軸は1ヶ月に使用したデータ量になっています。
使用データ量に応じて料金が変わります。

NTTドコモソフトバンクは、ガラケー⇒スマホ移行の割引がありますが、auは割引の対象外になっています。
また、契約1年目であれば1000円割り引かれるサービスがauソフトバンクに存在していますが、auの方はシンプルプランは対象外になっています。

このように、auは割引施策の対象外となっているため、どうしても高くなってしまいます。

1GB以下ではNTTドコモソフトバンクが競っていますが、それ以上の容量ではNTTドコモがかなり安くなっています。

5GB以上使う場合は、NTTドコモのウルトラデータLパック(定額20GB)もウェルカムスマホ割の割引対象です。
1年目は4,280円/月で利用できます。
ソフトバンク(ウルトラギガモンスター+)はガラケ→スマホ割の対象外ですので、そのままミニモンスターを使っていたほうがいいかもしれません。

2年目以降の料金比較

2年目以降の料金を比較してみます。

2年目以降は、ガラケー⇒スマホの移行割引などの割引がなくなります。
とりわけソフトバンクの料金プランが高いことがわかりますね。

auNTTドコモが競っていますが、バランスがいいのはNTTドコモであることがわかります。

なお、光セット割を考慮した場合についても、ドコモ・au・ソフトバンクの料金プラン比較記事に掲載していますので、ご覧ください。

docomo with,au,ソフトバンクの一人向けプランを徹底比較!ベーシックパック,ピタットプラン,ミニモンスターのどれが一番オトク!?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ドコモ、au、ソフトバンクでは、各社ともライトユーザー向けの段階制プランと、ヘビーユーザー向けの大容量定額プランを提供しています。ただ、各社とも料金体系が違うぶん、少しずつ思惑が違って...

また、もし家族もNTTドコモを使われている場合、家族でデータ量を分け合えるシェアパックに入ると、より安くなります。

ドコモ(シェアパック+docomo with),au,ソフトバンク,複数回線契約時の料金プランを徹底比較!家族にいちばんやさしいキャリアはどこだ!?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。NTTドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアは、似た料金プランを提供していると思っている方も多いかもしれません。しかし、家族で複数回線契約するとなると話は別。3社で、料金プランは...

5分以下の通話定額プランに加入する場合、完全通話定額プランに加入する場合

つぎに、通話定額プランに加入する場合を解説します。
簡単のため、5分以下の通話定額プランに絞って解説します。

完全通話定額プランを検討されている方は、この節の料金すべてに+1,000円足していただければ大丈夫です。

なお、前節と同様、光回線とのセット割は考慮していません。
プランにもよりますが、0~1000円割り引かれると考えてください。

1年目の料金比較

まず、1年目の料金を比較してみましょう。

1GB以下と5GB以上は、ほとんど同じ料金になっています。
1GB~5GBを見ると、やはり最も安く使いやすいのはNTTドコモです。

5GB以上を使われる方は…
NTTドコモでは、ウルトラデータLパック(20GB)も割引対象です。
 カケホーダイライト+ウルトラデータLパックで、月5000円で利用できますので、5GB以上使う方はウルトラデータLパックをご検討ください。
auソフトバンクでは、定額プラン(auフラットプラン、ウルトラギガモンスター+)は割引対象外になります。
 上の段階制プランとほとんど同じ料金・またはそれより高くなるので、1年目は段階制プランのままでよいと思います。

2年目以降の料金比較

次に、2年目以降の料金を比較してみましょう。

2年目以降は多くの割引がなくなります。
NTTドコモauが競っていますが、安くて使いやすいのはNTTドコモですね。

また、もし家族もNTTドコモを使われている場合、家族でデータ量を分け合えるシェアパックに入ると、より安くなります。

ドコモ(シェアパック+docomo with),au,ソフトバンク,複数回線契約時の料金プランを徹底比較!家族にいちばんやさしいキャリアはどこだ!?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。NTTドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアは、似た料金プランを提供していると思っている方も多いかもしれません。しかし、家族で複数回線契約するとなると話は別。3社で、料金プランは...

家族の契約回線も考慮して決めよう

他の家族がどのキャリアを契約しているかによって、動き方も変わると思われます。

料金プランの作り方自体は、家族で加入してお得になるNTTドコモ、一人でもそこそこオトクなau、大容量を使ったらお得なソフトバンク、という感じです。

料金プランをトータルで見ていくと、NTTドコモがどうしてもオトクに見えると思います。

料金を安くする鉄則は、家族で同じキャリアに揃えること。
みんなで移るもよし、みんなに合わせて自分が変える、でもよし。

ぜひ、安い料金でオトクに運用してみてくださいね!

ドコモオンラインショップ

店頭では負担しなければならない「頭金」「新規契約事務手数料」「機種変更事務手数料」が無料!
24時間いつでも購入できるし、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにドコモでスマホ・ケータイを買うなら、公式で安心のドコモオンラインショップで!!

auオンラインショップ

店頭でかかる「頭金」が無料!もちろん送料も無料!
24時間いつでも購入でき、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにauでスマホ・ケータイを買うなら、auオンラインショップで!!

ソフトバンクオンラインショップ

店頭でかかる「頭金」が無料!もちろん送料も無料!
24時間いつでも購入でき、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにソフトバンクでスマホ・ケータイを買うなら、公式で安心のソフトバンクオンラインショップで!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました