11/28(水)19:00~、尾道のシェアオフィスONOMICHI SHAREで第8回Onomichi Gadget Cafe行います!お気軽に!!「PC選びの決め手、教えます」

ドコモ,au,ソフトバンクの一人向けプランを徹底比較!ベーシックパック,ピタットプラン,ミニモンスターのどれが一番オトク!?

料金プラン

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ドコモ、au、ソフトバンクでは、各社ともライトユーザー向けの段階制プランと、ヘビーユーザー向けの大容量定額プランを提供しています。
ただ、各社とも料金体系が違うぶん、少しずつ思惑が違っています。

それぞれの料金プランを比較すれば、どのキャリアのどのプランを契約するべきか、見えてきます。
徹底比較してみましょう。

YouTube Liveでも生解説しています。

※各キャリアの料金プラン解説をご覧になりたい場合は、動画を巻戻ししてください。

ドコモ、au、ソフトバンクで似た料金プランを提供しているが、微妙に異なる…

ドコモ、au、ソフトバンクでは、それぞれで似た料金プランを提供しています。
ただ、異なる点も結構ありますので、解説していきます。

料金プランの組み立て方が異なる

料金プランの組み立て方が各社異なります。

携帯電話の料金プランは、通話+通信+ISP+オプションで決まります。

この合計額から、おうち割光セットなどの毎月割引があるものなどが割り引かれます。

キャリア通話通信ISPオプション
NTTドコモシンプルプラン
カケホーダイライトプラン
カケホーダイプラン
シェアパック(複数回線でシェア)
データパック(1回線向け)
spモード
au(通信・ISPとコミコミ)
シンプル、スーパーカケホ、カケホ
auフラットプラン
auピタットプラン
(通話・通信とコミコミ)
ソフトバンク通話基本プランウルトラギガモンスター+
ミニモンスター
(通話基本プランに合算)定額オプション
準定額オプション

NTTドコモは、通話・通信・ISP・オプションをそれぞれ1つずつ選ぶ仕組み。
通信は家族向けに複数回線をシェアできるシェアパックと、一人向けのデータパックに分かれています。
NTTドコモの料金プランの詳しい解説はこちらから。
この記事では、一人向けに焦点を絞って解説します。

auは、通話・通信・ISPが全部コミコミになっています。
auの料金プランの詳しい解説はこちらから。
一人向けの通信プランのみ提供されています。

ソフトバンクは、通話とISPがコミで、それと別に通信プランを選ぶ仕組みになっています。また、ドコモ・auとは異なり、通話定額・準定額(5分以内無料)はオプションとして提供されています。
ソフトバンクも一人向けの通信プランがメインで提供されていますが、「みんな家族割+」に家族で入ることで、安く運用できます。
ソフトバンクの料金プランの詳しい解説はこちらから。

通話プランは、ドコモの「シンプルプラン」が他社より安い

基本プランとなる「通話」ですが、各社とも「国内通話定額」「国内通話準定額(1回5分まで無料)」「通話定額なし(家族内のみ無料)」の3パターンに分かれています。

キャリア通話定額なし
(家族内のみ無料)
国内通話準定額
(1回5分まで無料)
国内通話定額備考
NTTドコモシンプルプラン
1280円
カケホーダイライトプラン
2000円
カケホーダイプラン
3000円
spモードの価格を合算
auシンプルスーパーカケホ
シンプルの料金+500円
カケホ
シンプルの料金+1500円
通話・通信・ISP込みでの価格で提供
ソフトバンク通話基本プラン
1500円
通話基本プラン1500円
+準定額オプション500円
通話基本プラン1500円
+準定額オプション1500円
通話・ISP込みでの価格で提供

このように、通話定額(カケホーダイ)や準定額(カケホーダイライト)は、ほぼ横並びの料金になっています。
それに対し、通話定額なしの料金プランは、ドコモのシンプルプランが980円(spモードと合わせて1280円)と、他社の価格より210円安くなっています。
通話は受けがメイン、という方や、あまり電話しない…という方には、ドコモのシンプルプランは非常にオススメです。

ドコモ、au、ソフトバンクのひとり向け段階制プラン・定額プランを徹底比較!!

ドコモ、au、ソフトバンクでは、使ったデータ量に応じて4~5段階で料金が変動する料金プランを提供しています。

ただ、それぞれのキャリアで区切りのデータ量が異なったり、前の章でも解説したとおり各社でプランの組み立て方が違うので、並べて比較するのが難しい状況になっています。

そこで、今回は条件を揃えて、3社横並びで比較してみました。

ドコモのベーシックパック、auピタットプラン、ソフトバンクのミニモンスターを比較!

今回は、3社の段階制プランを比較してみました。
通話定額なしのシンプルプランで揃えています。
比較対象のプランは以下の通り。

キャリアプラン備考
NTTドコモシンプルプラン(980円)+ベーシックパック+spモード(300円)月々サポート対象
光セット100~800円引
auauピタットプラン(シンプル)毎月割対象外
1年目1000円引の場合あり
光セット0~1000円引
ソフトバンク通話基本プラン(1500円)+ミニモンスター月月割対象外
1年目1000円引き
光セット0~1000円引

au・ソフトバンクは端末を購入すると24ヶ月間毎月割引される毎月割・月月割の対象外となっています。
NTTドコモのみ、月々サポートが適用される前提での料金プランとなっていますので、要注意。

1年目の割引や光回線セット割の割引を加味せず、純粋な料金を比較

まずは、光回線セット割(3社)などの割引を加味せず、純粋に段階制プランを比較してみます。


au,ソフトバンクは契約後1年間の1000円/月割引がありますので、実際には最初の1年間は1000円引きになります。
また、ドコモは「ドコモの学割」が継続されていますので、25歳以下の方であれば最初の1年間1500円引きになります。

1GB未満のライトユーザーの場合、auが最も安くなります。
1GB超の場合も、auが最安、ソフトバンクが最も高くなる、という形になります。
ただし、ドコモ・auは段階制プランの場合20GBが上限ですが、ソフトバンクは50GBまで使えることは注目です。

ドコモの料金プランにdocomo withを適用させると…

au,ソフトバンクは毎月割・月月割の対象外(分離プラン)ですが、ドコモは月々サポート適用前提のプランなので、この比較では不公平感があります。
次は、ドコモの料金プランに、次の機種変更まで毎月1500円割引し続ける『docomo with』を適用させて、改めて比較してみます。

docomo withを適用させると、すべてのデータ容量でNTTドコモが最も安くなります。
1GB以下のライトユーザーの場合、auとドコモの価格差が300円です。
1年目は、auはさらに1000円割り引かれるのでauのほうが安くなりますが、その後はドコモのほうが安いので、トータルで考えれば長く同じ機種を使い続ける方はドコモのほうがお得です。

各社の光回線セット割を適用させると…

さらに、各社の光回線セット割を適用させて、比較してみます。

1GB以下のライトユーザーの場合、ドコモは2580円、auとソフトバンクが同額で2980円と、400円差でドコモが最安になります。
1GBを超えると、ソフトバンクは高いですが、ドコモとauは近い価格帯を推移しています。

ドコモのデータパック,auフラットプラン,ソフトバンクのウルトラギガモンスター+の定額プランを比較!!

次に定額プランを比較してみます。
定額プランは現在、各社とも大容量のものが存在しています。

キャリア料金プラン
NTTドコモウルトラデータLLパック(30GB)
ウルトラデータLパック(20GB)
auauフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
ソフトバンクウルトラギガモンスター+(50GB+動画・SNSカウントフリー)

auフラットプラン25 NetflixパックはNetflixの月会費が含まれているため、単純比較すると複雑になるので今回は省略します。
5つの料金プランを比較してみます。

定額プランの料金を比較してみると…

まずは、光回線セット割などの割引を加味せず、単純に定額プランの料金を比較してみます。
※NTTドコモは『docomo with』の割引(1500円/月)を適用させています。


細い線で、段階制プランも残しています。

NTTドコモは常時5GB以上使う方はウルトラデータLパック(20GB)を、auは常時3GB以上使う方はauフラットプラン20を選択するとお得ですね。

ドコモとauは20GB、30GBそれぞれで競っている状況です。
それぞれ、価格差は220円で、わずかにドコモが安いですね。

ソフトバンクの『ウルトラギガモンスター+』(50GB+カウントフリーサービスあり)がドコモ・auの30GBよりも安く、光っています。
家に光回線など固定回線を引いていない単身の方には、非常にお得。

光回線セット割を加味すると…

各社の光回線セット割を加味すると、次のようになります。

家に固定回線を引いている方は、そこまでデータ量が必要ない、という方も多いかもしれません。
ドコモ・auは20GBと30GBという2つの選択肢があるので選びやすいですが、ソフトバンクはウルトラギガモンスター+(50GB)一択になってしまうので、中間の容量がほしい…という方も多いと思います。

20GBあれば十分、という方は、ドコモのウルトラデータLパック(20GB)が4380円と最もお得です。
auと比較しても620円、ソフトバンクと比較しても2,100円の価格差がありますので、かなり割安ですね。

30GBでも、ドコモのウルトラデータLLパック(30GB)がお得です。
光回線があっても30GBでは足りない!!という方は、ソフトバンクの『ウルトラギガモンスター+』を選ぶといいでしょう。

あなたにとって最適なプランは見つかりましたか?

ドコモ、au、ソフトバンクの3社のひとり向け料金プランを見ていきました。

docomo withや月々サポートを駆使すれば、安さが際立つNTTドコモ

・ひとり向け、ライトユーザーにはバランスの良いau

・とにかく使いまくりたい方にはオススメのソフトバンク

という、それぞれのキャリアの特性が見えてきます。

さて、次回は、家族複数回線では3社でどのような違いが見えてくるでしょうか?
複数回線契約時の比較を行ってみたいと思います。

ドコモ,au,ソフトバンク,複数回線契約時の料金プランを徹底比較!家族にいちばんやさしいキャリアはどこだ!?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。NTTドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアは、似た料金プランを提供していると思っている方も多いかもしれません。しかし、家族で複数回線契約するとなると話は別。3社で、料金プランは...

各キャリアの料金プランの詳しい解説は…

NTTドコモの料金プランと割引を徹底大解剖!シンプルプラン、docomo withも!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。今回は、NTTドコモの料金プランと割引を、わかりやすく徹底大解剖します!
auの料金プランを徹底大解剖!ピタットプランとフラットプラン,旧料金プランどれを選べばいい?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。auの料金プランは、昔のプランも残っているのでちょっとわかりにくくなっています。実は、昔のプランを使ったほうが安く運用できる場合もあるんです。今回はauの料金プランを徹底大解剖しな...
ソフトバンクの料金徹底大解剖!!「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」を攻略せよ!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ソフトバンクの料金プランが、2018年9月6日より大きく変わります。なんといっても、「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」という新しい料金形態が導入されるということ、既存のプラ...
ドコモオンラインショップ

店頭では負担しなければならない「頭金」「新規契約事務手数料」「機種変更事務手数料」が無料!
24時間いつでも購入できるし、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにドコモでスマホ・ケータイを買うなら、公式で安心のドコモオンラインショップで!!

auオンラインショップ

店頭でかかる「頭金」が無料!もちろん送料も無料!
24時間いつでも購入でき、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにauでスマホ・ケータイを買うなら、auオンラインショップで!!

ソフトバンクオンラインショップ

店頭でかかる「頭金」が無料!もちろん送料も無料!
24時間いつでも購入でき、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにソフトバンクでスマホ・ケータイを買うなら、公式で安心のソフトバンクオンラインショップで!!

コメント