3 Shares

那覇空港国内線JALサクララウンジに行ってみたよ!リニュアルしたてで、きれい!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

那覇空港のJALサクララウンジに行ってきましたので、その様子をお送りします。
同じ那覇空港にはANAラウンジもありますが、ANAラウンジに比べ席数も多く、ゆったり利用できますが、やっぱり羽田便の前は混みあいますね…

 
スポンサーリンク

那覇空港のJAL国内線サクララウンジの利用条件

JAL国内線サクララウンジの利用条件については、羽田空港サクララウンジ(南ウィング)の解説記事に記載しています。

簡単に書くと、
・JMBサファイヤ会員以上、JGC会員
・JMBクリスタル会員(1000Mまたは3000円)
・JALカードEST会員(年間5回まで)
・当日ファーストクラス利用者

となります。
那覇空港には、ダイヤモンド・プレミアラウンジが存在しないため、ファーストクラス利用者もサクララウンジを利用します。
那覇発のファーストクラスは、羽田発と比べるとラウンジだけは見劣りするかも。

ちなみに、ANAはANA SUITE LOUNGEが那覇空港にもあります。(ただし、プレミアムクラス搭乗者はSUITEではない普通のANAラウンジを利用します)

那覇空港JALサクララウンジに潜入!

では、那覇空港のJALサクララウンジに潜入します。
那覇空港のサクララウンジは2017年2月28日にリニュアルオープンしたばかりで、非常にきれいでした!

入り口はこちら!

ファーストクラス搭乗レーン

保安検査場は、JAL側の普通の保安検査場の隣にファーストクラス専用レーンがあります。

ファーストクラス利用者のほか、JMB・JGCダイヤモンド、JGCプレミア、ワンワールドエメラルド会員は利用できます。

保安検査場を抜けると、レセプションカウンターがあります。

ここで受付を済ませた後、右手のサクララウンジに移動します。

通常の搭乗レーン利用者の入り口はこちら

通常の搭乗レーン利用者の入り口は、保安検査場を抜けてすぐのところにあります。

廊下を抜けて右に曲がると、入れます。

構造上、レセプションカウンターを通らずに入れそうな気が…

間取りはこちら

間取りはこんな感じになっています。

飲食物

飲食物は、ほかのサクララウンジと同じような感じですが、沖縄独自の飲み物が多かったです。

アルコール類

ビールは、オリオンビールがあります。

ウイスキーと泡盛もあります。

ソフトドリンク

冷蔵庫の中に、ウコン茶、トマトジュース、シークワーサージュース、グァバジュースがあります。

他のサクララウンジと違い、ビールグラスだけでなくジュースグラスも冷やされているのがうれしい。

ジュースサーバーはいつものラインナップ。

コーヒーサーバーもあります。

おつまみ

おつまみは、羽田空港準拠のすくって取るタイプ。

座席

座席はそんなにレパートリーはありませんが、そこそこの席数あります。
でも、広さは那覇空港ANAラウンジよりちょっと広いくらいかなぁ。

カウンター席

窓側っぽいカウンター席が数席。

向かい合わせで仕切りのあるカウンター席が数席。

ソファー席

大きなソファー席が数席。

こちらのソファー席も数席。結構座り心地はいいですよ!

羽田便を利用する方は、早めに入ってくつろぎましょう!

羽田便の前は結構混みます。
2人で利用する方は、並びの席が取れず困っている、という方もいらっしゃいました。
羽田便の前で利用する際は、早めに入ってくつろぐことをお勧めします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で