2 Shares

羽田空港国内線JALサクララウンジ(北ウイング)に行ってみたよ!席は広々、飛行機も一望!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

今回は、羽田空港国内線のJALサクララウンジ(北ウイング)を利用した様子をご紹介します。
座席の高級感はダイヤモンド・プレミアラウンジとあまり変わりません。
南ウイングと同様、出発ロビーへの直通エスカレーターや、子どもラウンジも併設されているなど、搭乗者への利便性も損なわないように設計されています。

 
スポンサーリンク

JAL国内線サクララウンジの利用条件

JAL国内線サクララウンジの利用条件については、南ウィングの解説記事に記載しています。

簡単に書くと、
・JMBサファイヤ会員以上、JGC会員
・JMBクリスタル会員(羽田のみ10回分の電子クーポン付与)
・JALカードEST会員(年間5回まで)
・当日ファーストクラス利用者(ファーストクラスはダイヤモンド・プレミアラウンジも利用可能(那覇空港以外))

となります。
私は、JMBクリスタルを達成しましたので、JMBクリスタル会員の電子クーポンで羽田空港のサクララウンジを利用しました。

JALカードESTの特典より、JMBクリスタル特典のラウンジクーポンのほうが優先して適用される

JALカードESTのラウンジクーポンの特典は、全国の空港のサクララウンジを5回まで(同伴1名含め)使える、という点でした。
JMBクリスタルの特典は、羽田空港のサクララウンジのみ。
なので、羽田空港で使うときは、ESTのクーポンではなくJMBクリスタルのクーポンを優先的に適用してくれたほうがいいですよね。

試してみた結果、羽田空港では問題なくJMBクリスタルのクーポンが優先適用されました。
他の空港のサクララウンジも存分に楽しめるというわけです。

羽田空港のJALサクララウンジ(南ウィング)に潜入!

では、羽田空港のJALサクララウンジ(南ウィング)に入っていきます。

南ウイングも、ダイヤモンド・プレミアラウンジと入り口は一緒。
入り口を入り、エスカレータで上がり、保安検査場でかざした搭乗券をかざすと、「サクララウンジへお進みください」と表示されます。
左手のサクララウンジに進んでいきます。

廊下は、重厚感ありますよねぇ。

フロアマップ。結構広いです。

搭乗フロアへ直接降りることもできます。

座席

かなり席数あります。

窓側カウンタータイプ


窓側はカウンター形式のちょっと椅子が高めのタイプと、椅子が低くて深いタイプがあります。

ブースタイプ


窓際ではないですが、ブースタイプがあります。

カフェテリアタイプ


カフェテリアっぽい木の椅子のタイプのものや、下のような椅子のタイプもあります。

長椅子のタイプも。

大きな机のタイプもありました。

半個室ブースタイプも!

南ウィングにはなかったのですが、ダイヤモンド・プレミアラウンジにあった半個室のブースタイプもあります。

子どもラウンジや、女性専用ラウンジも!

子ども用のラウンジコーナーもあります。小さい椅子が並んでいました。

女性専用ラウンジもあります。これは北ウイングのほうにもありました。

飲食物

バーカウンターは2箇所あります。
他のサクララウンジと同様、飲み物はアルコール類を含んで充実しています。

アルコール類

入り口から入って左手側のバーカウンターには、キリン一番搾り、サッポロ黒ラベル、アサヒスーパードライがあります。

もう一つのバーカウンターは右手奥。サントリーモルツと、サッポロ黒ラベル、アサヒスーパードライがあります。

ビール以外は、焼酎とウイスキーがあります。

ソフトドリンク

冷蔵庫の中に、野菜ジュースと牛乳、ミネラルウォーターがあります。

ソフトドリンクサーバーは、おなじみのコカ・コーラ系を中心としたラインナップ。

コーヒーサーバーも別にあります。こちらは入り口は要って左手のバーカウンター。

右奥のバーカウンターは、ちょっとサーバーが違います。

おつまみ

おつまみは、柿の種をはじめとするスナック類ですね。
いつものお皿にすくってとる形式のもの。

羽田のサクララウンジは、これ1種類なのがなんか味気ない…(広島空港などは数種類用意されています)

ちょっと余った時間に、サクララウンジでお仕事やくつろげますよ!

ちょっと余った時間に、ラウンジに気軽に入って作業したり談笑したり…ができるのはいいものです。
ぜひ、JGCを目指すなり、JGCを取った友達と一緒に入るなりして、搭乗前のいいひとときを過ごしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で