9 Shares

国内通話使い放題で維持費月1000円!おトクなY!mobile回線をゲットせよ【期間限定:2018/3/31まで】

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ケータイ各社はカケホーダイなどの国内通話が無料になるオプションを用意しています。
でも、どれも高い…
もっと安く、国内通話を使い放題にしたくありませんか?

そこに登場するのが、ワイモバイルの「ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと無料キャンペーン」です。
非常にお安く、電話使い放題の回線が持てます。

国内通話を使い放題にするためには?

国内通話を完全に使い放題にする方法というのは、いくつかあります。

LINEやskypeなどの無料通話アプリを利用する

知り合いなど、LINEやskype,Facebookなどの無料通話機能を使うのは、一つの手です。
知り合いにかけることが多ければ、だいたいこれでかなり通話料は圧縮されます。

家族なら家族割に加入する

家族間の通話が多ければ、同じキャリア同士で家族割に加入しましょう。
意外と同じキャリア・同じ家族グループに入っていないご家庭が多いですので、一度見直してみることをおススメします。

NTTドコモでは、シェアグループを組んでパケットパックをシェアすることもできます。
3親等までの家族であれば、親回線が契約しているパケットを分け合うこともできて便利です。
親や親戚を巻き込んで、シェアグループを大きくする、というのが、維持費を安くする一番の方法です。

ここまででも絞り込めない通話が多い方は、完全通話定額プランやオプションに入る必要があると思われます。
仕事先だったり、事務的なコールが意外と多いですよね。。。

NTTドコモ、au、ソフトバンクの完全通話定額プランに加入する

次の手は、大手キャリア3社の、完全通話定額プランに加入することです。

キャリア プラン名 通話なしプランとの差額
NTTドコモ カケホーダイプラン
(スマホ・タブ)/(ケータイ)
1,720円(シンプルプラン(スマホ)との差)
1,220円(シンプルプラン(ケータイ)との差)
au ピタットプラン(カケホ)
フラットプラン(カケホ)
1,500円
ソフトバンク スマ放題プラン
(スマホ・タブ)/(ケータイ)
1,766円(ホワイトプランとの差)

だいたい月額+1700円程度かかります。
ただ、ひと手間かけるだけで、+1000円におさえる方法があるんです。

「格安SIM」の通話定額オプションに加入する

「格安SIM」であるMVNO各社は、5~10分なら定額、または無料通話分があるという会社が多いです。
完全に通話定額の会社は、以下の2社のみです。

会社 オプション名 価格 備考
Y!mobile スーパーだれとでも定額 1,000円 スマホプランS/M/L
ケータイプランSS(ケータイ用)
イオンモバイル 050カケホーダイ 1,500円 IP電話アプリ使用

ということで、通話頻度の高い人はY!mobileかイオンモバイルに入ったほうがいいかと思います。
ただし、この金額はオプション料金のみですので、新規に回線を持つとプラン料金が別にかかります。

が、しかし!!!

ワイモバイルなら、「ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと無料キャンペーン」で無料にできる!

ワイモバイルであれば、「ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと無料キャンペーン」というのを終了期間未定でやっています。
これは、PHSからの契約変更で、「スーパーだれとでも定額」オプションが次の機種変更までずっと無料になります。
PHSには、電話番号を変えずにMNP契約で加入可能です!

維持費は「Simply」一括購入で月36円。2年経過後も1008円

例えば、ストレート型で端末台の安い「Simply」を使うなら…

端末代

一括 23,868円
(分割 972円×24回(頭金540円))

※月額割引が972円×24回あるので、実質540円

月額使用料

項目 プラン 価格
通話 ケータイプランSS 1,008円
オプション スーパーだれとでも定額 0円
割引 月額割引(24回) -972円
合計 36円

Simplyの場合はY!ベーシックプラン(324円)+パケットパック(0円~)に入る必要もないです。
2年経過後も、そのあとずーっと1008円で電話使い放題で運用できます。

しかも、「PHSからの契約変更事務手数料無料プログラム」により、PHSからの契約変更事務手数料も期間未定で無料になっています。
ほとんどタダで手に入るようなものです。

Enjoy!パック(500円)に入れば、Yahoo!プレミアム会員費(月額462円)も無料に!ポイントも9倍にアップ、500円分のクーポンもGET!

さらに、ケータイパックSSに入っているユーザーはYahoo!JAPANの「Enjoy!パック」に入れば、Yahoo!プレミアム会員費も無料になります。
Yahoo!ショッピングで貯まるポイントが、プレミアム会員入会で+4倍、Enjoy!パック入会で+5倍。
合計9倍UPです!
※ただし、Enjoy!パックのポイントアップ分で得られるポイントは月1000ポイントまで

しかも、Enjoy!パックに入会すると500円分のクーポンをもらうことができます。
つまり、Enjoy!パックの会員費は実質無料

非常にオトク!

DSDS・DSDV対応スマートフォンであれば、1台のスマホで運用できる!

海外だけでなく日本でもSIMフリースマートフォンは2枚SIMが挿せるDSDS・DSDVスマートフォンが主流になってきています。
2枚目にY!mobileのSIMを挿せば、1台のSIMフリースマートフォンですべて運用することができます。
(3G:Band 1,3,8対応の場合。
このバンドは世界で一般的なバンドなので、ほとんどのDSDSモデルで対応しています)

さらに、Huawei Mate 10 Proでは、ソフトバンク・Y!mobile回線は2枚目のSIMのVoLTE待受も対応ですので、4G+4Gで待ち受けも可能です。

でも…PHSってまだ契約できるの?

この記事を読んでいる方のほとんどは、PHSを持っていないと思います。
手元にはスマホ…

PHSってまだ契約できるの?

と思われるかもしれません。

まだ出来ます!!!

PHSの新規契約・機種変更の受付は、2018年3月31日まで可能なのです。
しかも、MNP転入も可能ですので、番号を変えることなく月1000円で電話し放題の回線を手に入れられます!

とは言っても、PHS端末は店頭在庫ほとんどなし。ワイモバイルオンラインショップか持ち込み新規契約しよう!

PHS端末の店頭在庫はほとんどないといっていいでしょう。
お近くのY!mobileショップに行ってもいいと思いますが、おそらく「ない」といわれると思います。

Y!mobileオンラインショップには、PHSの機種であるSTOLA(301KC)が2018年1月現在も発売されています。

ヤフオクやメルカリなどにも、まだ白ロムのPHSがたくさん転がっていますので見てみてもいいかもしれません。
白ロムのPHS端末を購入し、Y!mobileの店頭で持ち込み契約をしてみてください!

私は、Y!mobileオンラインショップには、PHSの機種であるSTOLA(301KC)の白ロムを購入して持ち込み新規契約をしました!!

プランは「ケータイプラン」(PHS用プラン)で!

プランはPHS用の「ケータイプラン」で大丈夫です。
PHSから4G SIMへ契約変更後「ケータイプランSS」へは、契約解除料が発生しません。

「契約更新月」以外の期間にて、回線の解約や、契約期間が3年未満の料金プランへ変更される場合は、契約解除料として9,500円がかかります。
※ただし、「スマホプランS/M/L(ベーシックを除く)」「ケータイプランSS(ベーシックを除く)」へ料金プラン変更される場合は対象外となります。

(ワイモバイル公式ページより)

ということで、安心して「ケータイプラン」で大丈夫です。

複数回線分、電話使い放題の回線を作りたい場合、2回線以降の「ケータイプラン」は「家族割引サービス」により基本料無料になります。

ただし、新規契約後、即日契約変更手続きはできない可能性がありますのでご注意ください。
(1~2カ月程度は寝かせることをおススメします)
※私は即日契約変更を申し込みましたが、はねられてしまいました…

契約時と運用のコスト

国内通話がずっと無料になる回線を手に入れるのに必要なコストをまとめます。

PHS購入・持ち込み新規契約時

PHS電話機の購入・新規契約時にかかる費用は以下の通り。

項目 価格
PHS電話機の購入
STOLA(301KC)など契約
5000円~10000円
新規契約事務手数料
※初月のみ
3000円
PHS契約1カ月目の費用
(ケータイプラン)
1381円
合計 8381円~13381円

Simplyへの契約変更後

項目 価格(月額)
契約変更事務手数料
※初月のみ
0円
Simply分割代金(24カ月)
※一括支払いの場合はなし
972円
ケータイプランSS 1008円
月額割引(24カ月) -972円
(Enjoy!パック)
Yahoo!プレミアム会員費込み
(500円)
(Enjoy!パックのクーポン) (-500円)
合計 1008円
一括支払い時36円

非常に安いですね。

Y!mobileオンラインショップはこちらから!

PHSの新規契約は2018年3月31日まで!急げ!!

意外と、仕事先や電話手続きにかかる電話代が高くなったりするんですよね…
携帯電話からフリーダイヤルにかけられない所も多く。

メインの電話番号の回線をMNPで契約して使うこともできます。
この場合は、ワイモバイルでスマホプランS/M/Lを契約して利用するか、2枚SIMが挿せるDSDS・DSDVスマートフォンを購入し、電話回線はワイモバイルのケータイプランSSを、データ回線はLINEモバイルなどを別途契約して2枚挿すのがベストです。

ワイモバイルはソフトバンクの回線を使っていますので、山奥など「エリア的に心配…」という方はサブ回線をPHS新規契約して2枚挿しするのもありです。
いずれにせよ、この使い方だったら月+1000円で収まります。

PHSを新規契約すれば、あとは契約変更するだけなので簡単です。
ぜひ、お早めにPHSの新規契約をしてみてください!

Y!mobileオンラインショップはこちらから!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で