【ドコモ】今のうちに!!docomo withのほうが価格改定後の料金よりお得だと思う4つの理由

docomo with

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

NTTドコモは分離プランの導入を2019年に行うと、発表しています。
新しいプランは2~4割の値引きとなり、ドコモ全体の減収規模は4000億円になる、と言われています。

新しい料金プランは、果たして本当に安いのでしょうか?
私MATTUは、現在の分離料金プランである「docomo with」の方が、安くなると考えています。

今回は、分離プランの新料金がどこまでオトクか、現料金プランのdocomo withと比較しながら考えていきたいと思います。

分離プランがおサイフに与える影響は?

まずは、分離プランがどのようなものか、振り返ります。

分離プラン、とは?

分離プランとは、通信料金と端末代金が完全に分かれたプランです。

端末を購入したら2年間割引が発生する「月々サポート」がなくなる代わりに通信料金が安く、端末代金が高くなります。

分離プランが導入されると、月々の料金は安くなるの?

分離プランが導入されると、トータルで月々の料金は安くなるのでしょうか。

上の図のように、端末購入後の2年間は月々の料金が高くなると思われます。
逆に、2年後以降の通信料金は、従来の料金プランと比べて大きく値下がりします。

一つの端末を長く使う方にとってみると、トータルではお買い得になります。

ただし、通信料金と端末料金の合計で考えると、最初の2年間はかなり負担が大きく、その後の料金と差が出てきます。
このギャップを解消するために、先に分離プランを導入したauソフトバンクでは「最初の1年間1000円引き」などの独自の施策を導入しています。

auの場合

キャリアの中でも先駆けて分離プランを導入したauの場合を考えてみます。
iPhone XS(64GB)を買ったときの比較です。

20GBプランで比較してみると、最初の2年間は1,210円分分離プラン(auフラットプラン)の料金のほうが高いです。
ただ、実際には1年目は「スマホ応援割」(13ヶ月間1000円引)のおかげで以前の料金プランとそこまで変わりません。

そうなると、トータルでは分離プランのほうがオトクなように感じます。

しかし、問題はライトユーザー。
3GBプランで比較してみます。

実は、3GBで比較してみるとそんなに割引額が大きくないのです。
毎月割の割引額は端末ごとに決まっているので多いのですが、通信料金の値引き額はデータ容量によって変動しており、720円しか差がありません。

最初の2年間は2000円の差で負担が大きい割に、その後の料金プランがあまり安くなっていないのです。

ドコモはどうなるか…

auの現状を見て、血の気が引いた方もいらっしゃるかもしれません。

NTTドコモは「2~4割値下げして、4,000億円規模の利益還元になる」って言ってたじゃない…
さきほどのauの現状は「3割値下げして、3,000億円規模の利益還元」だったとのこと。
つまり、NTTドコモauと同程度の値下げ幅だと予想できます。

docomo withのいいところは、分離プランと従来プランのいいとこ取り

分離プランが必ずしも安いと感じない一番の原因は、

すべての料金プランで一定額割り引く体系ではなく、値引き額がデータ容量に応じて変動している

ためです。
NTTドコモの月々サポートも端末ごとに決まっていますが、月々サポートの金額より多少値引き額が少なくなっても一定額をそのまま割り引いてくれたほうが、ユーザーとしては値引きを実感できます。

docomo withは、いちおう分離プラン

docomo withは、対象端末を購入すると月1,500円割引を受け続けられます。
月々サポートのように2年間限定ではなく、次回機種変更するまでずっと割引を受け続けられるわけです。
また、SIMを他の端末に差し替えても、docomo withの割引は続きます。

というわけで、一度対象端末を買っておけばずっと割引が続きますので、分離プランといえます。

docomo withは、従来プランの上に立っている

docomo withは、従来プランで適用することが出来ます。
プランによって割引額が上下するわけではなく、一律月1,500円の割引です。

単純明快で、非常にオトクです。

docomo withの対象機種拡大が理想だが、現実的ではなさそう

個人的には、
docomo withの対象機種を拡大する
・月々サポートとdocomo withを選択制にする(多くの機種は月々サポートのほうが割引額が高いため)
とするのが理想かとは思うのですが…

10/31のNTTドコモ第二四半期決算発表会において、吉澤社長がこのように言っていました。

「料金が複雑で分かりにくいという声がたくさんあった。シンプルに見直し、料金も2~4割安くしたい」

(日本経済新聞より引用)

つまり、料金プラン自体を抜本的に見直す、ということ。
docomo withを残して機種拡充、という道はなさそうに感じます。

日本経済新聞の2/28付の記事によると、
・シェアパックは一人あたりの料金がわかりにくいので、シェアパックから脱却したい
docomo withで通信料金を安く提供する前提として、安価な端末の提供がある。完全分離プラン必須の場合はdocomo withの新規契約を打ち切る可能性がある

とのこと。
3/20付のNHKの報道では

“docomo withなどは、料金が明確に分離されていないとして、今後、新規の契約を終了する方針を固め、その時期などの検討に入りました。”

とのこと。
やはり、docomo withは新規受付終了のラインに乗る可能性が高そうです。
おそらく新料金プラン発表と同時に受付終了という形でなく、多少の猶予期間の後の新規受付終了になると思われます。

なお、新規受付終了までの間にdocomo withに加入した場合、次回機種変更までの間は割引が適用し続けるので、今のうちに加入すれば心配ありません。

新しいスマホは、SIMフリー版のほうが安いことが多い

docomo with回線で契約したSIMは、他の端末に差し替えても問題ありません。

SIMフリー版を買ったほうが安い場合も多いです。
例えば、iPhone XSの発売直後の価格は以下の通り。

モデルNTTドコモauソフトバンクSIMフリー
64GB128,952円
(実質69,984円)
128,640円136,800円121,824円
256GB147,096円
(実質88,128円)
146,880円155,040円140,184円
512GB171,720円
(実質112,752円)
171,840円180,000円165,024円
購入ページドコモオンライン
ショップ
au Online Shopソフトバンク
オンラインショップ

NTTドコモの端末代金よりも、SIMフリー版の方が7,000円程度安いですね。
auソフトバンクも、同じようにSIMフリー版のほうが安いです。

つまり、SIMフリー版を購入し、docomo with回線のSIMを挿し替えて利用する、というのが最もお得なように感じます。

【開封レビュー】iPhone XS Max A2104 香港版がやってきた!FeliCa+DSDS対応の夢のような端末!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。iPhone XS MaxでDSDSが使えるのは、既報の通り香港版を含む中国版のみです。DSDS愛用者なら、だれもが気になるでしょう。今回はiPhone XS Maxファーストレビ...

なぜ、docomo with回線を早く買ったほうがいいのか?

個人的には、docomo with回線を早く買っておいたほうがいいと思っています。

最大の理由は、NTTドコモはプランの切り替えがかなり早いためです。

2014年、当時タイプXiとXiパケ・ホーダイプランなどの旧料金プランを運用していたドコモは、2014年5月に新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」を発表しています。
これが現行プランとなっているわけですが、旧料金プランは2014年9月に受付終了しています。

新料金プランの発表から4ヶ月後には、旧料金プランの受付を終了しているのです。

2019年春に発表される新料金プランも、同じようなタイムスケジュールで動く可能性があります。

まとめ;docomo withを適用させると、料金はかなりおトク

NTTドコモは、2019年春に新料金プランを発表します。
発表されないと本当にオトクかどうかがわからないのが現状ではありますが、他社の動向から考察すると、おそらくdocomo withの方がオトクだと考えられます。

・他社の分離プランと違い、docomo with対応機種を買えばどのプランでも一律月1,500円割り引いてくれる
・一度加入すればずっと割引が続く
・新機種がほしければ、SIMフリー版を購入するほうが端末は安い
・新料金プランが発表されれば、docomo with対象料金プランがすぐ受付終了される可能性がある

docomo withは対象機種が限定されているからこそ、安く運用できる、というのも事実です。
お手持ちの回線が更新月を迎えていたら、早めにdocomo withを契約しておくほうがいいように感じます。

特価BLでもdocomo with・ウェルカムスマホ割適用できた!今のうちにシェアパックでオトクにドコモを使おう
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。docomo withにiPhone 7が追加されたので、早速買ってみました。私MATTUは特価BL。割引適用できない人間ですが、docomo withとウェルカムスマホ割はちゃんと...

docomo withはこちらから。

種類docomo with機種発売時期端末
一括価格
2年利用時の
実質価格
購入ページ
iPhoneiPhone 7 32GB2019/2/2742,768円実質3,888円購入ページ
AndroidGalaxy Feel2 SC-02L2018/11/942,120円実質3,240円購入ページ
AQUOS sense2 SH-01L2018/12/1431,752円実質-7,128円購入ページ
arrows Be F-04K2018/5/2533,696円実質-5,184円購入ページ
LG style L-03K2018/6/2640,176円実質1,296円購入ページ
AQUOS sense SH-01K2017/11/1030,456円実質-8,424円購入ページ
MONO MO-01K2017/11/3025,272円実質-13,608円購入ページ
らくらく
スマート
フォン
らくらくスマートフォンme
F-01L
2019/2/1543,416円実質4,536円購入ページ
らくらくスマートフォンme
F-03K
2018/2/2838,880円実質0円購入ページ
【2019年3月最新版】ずっと月1500円割引のdocomo withは,au・ソフトバンクよりオトク!?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。対象機種を購入することで、ずっと月1500円割引される、docomo with。docomo withは、対象端末の購入で、最安304円/月で運用可能です。
【docomo with】Galaxy Feel2 SC-02Lを開封レビュー!!廉価モデルとは思えない完成度,長く使える!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。docomo with対応モデル、Galaxy Feel 2 SC-02Lが発売になりました。前回のGalaxy Feelも非常に人気だったこと、スペックも安いモデルにしてはすごくいい...

ドコモオンラインショップ

店頭では負担しなければならない「頭金」「新規契約事務手数料」「機種変更事務手数料」が無料!
24時間いつでも購入できるし、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにドコモでスマホ・ケータイを買うなら、公式で安心のドコモオンラインショップで!!

auオンラインショップ

店頭でかかる「頭金」が無料!もちろん送料も無料!
24時間いつでも購入でき、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにauでスマホ・ケータイを買うなら、auオンラインショップで!!

ソフトバンクオンラインショップ

店頭でかかる「頭金」が無料!もちろん送料も無料!
24時間いつでも購入でき、手続き中の待ち時間もなし!!
おトクにソフトバンクでスマホ・ケータイを買うなら、公式で安心のソフトバンクオンラインショップで!!

コメント