スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

ソフトバンク「メリハリ無制限」と20GB「LINEMO」・Y!mobileの境界線…ケース別に徹底比較。どのプランを選ぶ!?

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ソフトバンクは2021年3月17日より無制限プランを「メリハリ無制限」に改定します。
また、オンライン専用の20GB新ブランド「LINEMO」も提供開始されます。

一方で、ライトユーザーは「Y!mobile」を使っていたと思いますが、「LINEMO」とどちらを使うべきか悩むところも多いと思います。

料金面と、それ以外の面も含めて、「メリハリ無制限」と「Y!mobile」「LINEMO」のどれを選ぶべきか?
各料金プランを解説し、料金を比較していきます。

プランの詳細や購入は公式サイトから

スポンサーリンク

SoftBankの使い放題プラン「メリハリ無制限」

SoftBankのプランは、5G・4Gともに

・使い放題プランの「メリハリ無制限
・ライト向けプランの「ミニフィットプラン+」
・ケータイからの乗り換えや子どもの新規契約で契約可能な「スマホデビュープラン

があります。

ソフトバンクの料金プラン。基本使用料+データ通信利用料-割引、という作り

ソフトバンクは、基本プランとデータ通信パックで一応分かれている形となっています。

なお、ソフトバンクの現行プランは2年契約の仕組みは無くなっており、2年契約による割引や解約料金などは発生しません。

ソフトバンクの割引体系

割引体系は以下の通りとなっています。

新みんな家族割 : “ソフトバンク”ブランドの家族がグループ内に2人以上で割引。3人以上で1回線あたり最大1,210円(税別1,100円)割引(メリハリ無制限のみ)
おうち割 光セット:ソフトバンク光+固定電話とセット利用で、家族全員が1回線あたり1,100円(税別1,000円)割引

割引適用後の最安価格は以下の通り。

メリハリ無制限」は3GB以上の場合、光セット割・家族割適用後、最安4,928円(税別4,480円)で利用できます。

ミニフィットプラン+は1GBごとに3GBまでの段階制。
以前の「ミニフィットプラン」に比べると価格が下がっており、ライトに使う方にとってはありがたいでしょう。

なお、新みんな家族割の「回線カウント対象」は旧プラン及び「ミニフィットプラン+」も対象ですが、割引の対象は「メリハリ無制限」のみとなります。

オンライン専用20GBブランドの「LINEMO」は税込2,728円

続いては、オンライン専用ブランドの「LINEMO(ラインモ)」です。

データ量20GBで使えて、税込2,728円(税別2,480円)で利用可能。
音声通話オプションを利用される方向けには、LINEMO契約から1年間、毎月550円の割引が受けられます。

LINEMOの最大の特徴は「LINEの対象サービスがギガノーカウント」になるということ。
トーク・音声通話・ビデオ通話など、LINEの対象サービス利用時は「20GB」に含まれずに通信ができます。

LINEは主にコミュニケーションツールとして、ライフラインの一つになったサービス。
そのLINEがカウントフリーで使えるのは非常に嬉しいですね。

家族で使うなら最も注目したい、Y!mobile

Y!mobileは2021年2月より新プラン「シンプルS/M/L」を提供しています。

Y!mobileは、3GB・15GB・25GBの3プランを提供しています。

割引体系は以下の通り。
おうち割 光セット:ソフトバンク光+固定電話とセット利用で、月1,188円(税別1,080円)割引(家族で申し込む方は主回線のみ)
家族割引サービス:家族セットで利用する方は、月1,188円(税別1,080円)割引(2回線目以降が割引対象)

2つの割引は重畳適用できませんが、1,188円まで割引が適用できます。
3GBのシンプルSで、最安990円(税別900円)。
25GBのシンプルLでは最安2,970円(税別2,700円)とかなり安く利用できます。

また、iPadやPCなど、他の端末でもデータを使いたい方向けに「シェアプラン」も提供されています。

シェアプランは、データ専用の子回線を最大3回線まで、1回線につき
・親回線がシンプルSの場合: 月1,078円(税別980円)
・親回線がシンプルM/Lの場合: 月539円(税別490円)

サブブランドでシェアプランを提供しているのは、国内キャリアではワイモバイルのみです。
複数回線で利用したい方は、ぜひ使ってみてください!

SoftBank・LINEMO・Y!mobile、プランの選び方を解説!!

SoftBank・LINEMO・Y!mobileを比較し、どれがお得か比較してみましょう。

ひとりで申し込む場合は、20GB以下ならLINEMO、それ以上ならソフトバンク「メリハリ無制限」

一人で使う場合は、20GB以上かそれ以下かで選ぶといいと思います。

・20GB以下であればLINEMO
・それ以上の場合はソフトバンク「メリハリ無制限
・確実に3GB以下しか使わない場合はY!mobile「シンプルS」

Y!mobileは「Yahoo!プレミアム会員」に無料適用されますので、Yahoo!のサービスを利用している方はLINEMOでなくY!mobileの方を利用した方がいいかもしれません。

プランの詳細や購入は公式サイトから

一人で光セット割を適用する場合

光セット割を適用できる場合も、LINEMO以外のSoftBank・Y!mobileほぼ全ての現行プランで1,000円程度の割引が適用されます。

光セット割を適用できる場合は、

・25GB以下であればY!mobile「シンプルS/M/L」
・それ以上はソフトバンク「メリハリ無制限

を選ぶといいでしょう。
LINEMOを選ぶ必然性はあまりなさそうです。

プランの詳細や購入は公式サイトから

家族で利用する場合は、できるだけ「Y!mobileに集めよ!」

家族で利用する場合は、できるだけY!mobileに集めるのが鉄則でしょう。

基本的には、

・25GB以下の利用はY!mobile「シンプルS/M/L」
・それ以上使う方は、その人だけソフトバンク「メリハリ無制限

を判断基準にしてください。

メリハリ無制限」を使う方がいる場合でも、基本的には「Y!mobileにまとめる」。
無制限のユーザーだけソフトバンクを使う、という形がいいと思います。

スポット的に「無制限で使いたい!」という日が数日しかない(10日以内)、という場合であれば
無理にソフトバンク系列でまとめず、KDDIの「povo(ポヴォ)」+「データ使い放題 24時間」(1回税込220円で24時間データ無制限利用可能)をうまく使うのも手です。

プランの詳細や購入は公式サイトから

ソフトバンク系列は「できるだけY!mobileにまとめる」を押さえておこう

ソフトバンク系列の3ブランドは、SoftBankとY!mobileでそれぞれ家族割は組めるのですが、ブランドを跨いだ家族割を組むことはできません。

Y!mobileは特に下の料金プランが安いだけでなく、家族割での割引額が多いので、できるだけY!mobileに集める、というのがお得。

一方、LINEMOは一人で使う方におすすめ。

ぜひ、お得に、便利に使ってみてくださいね!

プランの詳細や購入は公式サイトから

コメント