スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

【2022年春】3~5万円台ミドルスマホ、おすすめ機種ランキングベスト3+1!!実際に使って感じたおすすめポイント

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

春はスマホの機種変更にふさわしい季節ですね!
新生活に合わせて、機種や通信キャリアを心機一転したい!という方も多いかもしれません。

今回は、買い替えやすい3~5万円台の価格で快適につかえるスマートフォンを、ランキング形式でご紹介します。
快適動作とカメラの使い勝手も両立した、コストパフォーマンスのいいモデルが勢ぞろいです。

【2022年春】高価格帯の高性能スマートフォン、おススメランキングベスト3!実際に使って感じたおすすめポイント
そろそろスマホを買い替えたい…けど、どのスマホを買えばいいかわからない、という方に!価格帯別でおススメスマートフォンをランキング形式でご紹介しています。今回は、11万円以上の、高めですがカメラなどとことんこだわりたい方向けのス...
スポンサーリンク

2022年春におススメの、3~5万円台スマホベスト3!!

では、2022年春に購入するのにおススメな3~5万円台スマホをご紹介しましょう。
ものによっては、特価セールなどで1~2万円台と安く買えることもあります。

【第1位】快適動作とクオリティ高いカメラが魅力!物理Dual SIM+おサイフケータイ対応の「OPPO Reno5 A」

OPPO Reno5 Aは2021年6月に発売された、OPPOの大人気”Reno”シリーズの2021年モデルです。

3~5万円台スマホの中では最も高い性能を誇る「Snapdragon 765G」のCPUを搭載。
メモリ6GB・ストレージ128GBと、かなり快適に使えるでしょう。

カメラは標準6400万画素やモノクロ・超広角・マクロと4つのレンズを利用できます。

OPPO Reno5 A 標準
OPPO Reno5 A 標準

とくに風景の撮影で威力を発揮するAIシーン認識機能で、青空はより青く、草木は生き生きとした緑を表現できます。とくに動画のAIハイライトビデオがすごいです。
動画手振れ補正もかなり強力で、こんなに効くの!?というぐらい効いてくれます。

詳しくは、カメラ作例比較の記事をご覧ください。

機能面でも非常に強く、
・物理SIMでのDual SIM(物理SIMを2枚挿し、電話同時待受け可能)+eSIMにも対応 [Y!mobile版は除く]
・おサイフケータイ(FeliCa)対応
・国内各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)の主要周波数帯にほぼ対応
・生体認証は背面指紋センサー搭載・顔認証も対応
と、全部入りの様相です。

SIMフリー版でも4万円を切る相場は、かなり魅力的だと思います。

機能面に関しては、詳しくは開封レビューをご覧ください。

【第2位】ハイエンドに一歩近づく!動画・音楽鑑賞もこだわりたいなら「Xperia 10 III」

Xperia 10 IIIは、背面はツルツル、側面はさらさら

Xperia 10 IIIは、2021年6月に発売された、Sonyのミドルレンジスマートフォン。
NTTドコモauY!mobile から発売されているほか、 楽天モバイルNUROモバイルOCNモバイルONEmineoIIJmio などから「Xperia 10 III Lite」として少しだけ一部仕様を変更したモデルが発売されています。

2020年モデルのXperia 10 IIから激変し、一気におススメできるモデルに進化しました。

CPUは「Snapdragon 690 5G」を搭載。
メモリも6GB、ストレージ128GB(Liteは64GB)で、日常利用でも非常にサクサク快適に利用することができます。
Xperia 10 IIで感じていた若干のもっさり感は、 Xperia 10 III にはもうありません。

Xperia 10 III がハイエンド(高性能)レベルに近づいていると感じるポイントは、2つ。
1つは、イヤホン接続時「ハイレゾ」に対応している点です。

ハイレゾでより高音質を、比較的安価なXperia 10 IIIでも楽しめる!

3.5mmイヤホン端子への接続でも、ワイヤレス接続でも、ハイレゾ対応イヤホンであれば高音質のハイレゾ音源を存分に楽しめます。
いつもの音楽をハイレゾ相当の高音質にあげる「DSEE Ultimate」や360度の空間音響に対応した「360 Reality Audio」にも対応し、音にこだわりたい方にはもってこいです。

2つ目は、HDMI映像出力への対応。
Xperia 10 III 自体も今回有機ELを搭載しておりきれいな画面ではありますが、大画面で見たい方にはHDMI映像出力が便利。
USB Type-C-HDMIケーブルを使えば、テレビなど外部モニターに映像を出力できます。

この映像出力は、基本はもっと高価格な高性能モデルにしか搭載されておらず、3~5万円台のこの価格帯のスマホは非対応なんです。
Xperia 10 III は5万円台以下のミドルレンジとして初めて対応されており、この点は非常に評価できます。

カメラでの撮影でも、Xperia 10 IIより大幅に進化しており、特に食事シーンではOPPO Reno5 AやAQUOS senseシリーズより写りがきれいな印象。

画面端のバーからアプリをショートカット起動できる「サイドセンス」では、小窓表示できる「ポップアップウインドウ」が新搭載され、動画見ながらのブラウジング・SNSが非常に便利です。

こだわりのある方は、ぜひ Xperia 10 III を使ってみていただきたいです。

Xperia 10 IIINTTドコモauY!mobile
MNP51,480円31,985円
(▲22,000)
36,000円
(▲18,000)
新規契約51,480円42,985円
(▲11,000)
36,000円
(▲18,000)
機種変更
4Gからの契約変更
51,480円53,985円
5,500円CB
46,800円
(▲7,200)
3Gからの契約変更
3GからのMNP
51,480円31,985円
(▲22,000)
46,800円
(▲7,200)
購入ページdocomo Online Shopau Online ShopY!mobile オンラインストア

【第3位】さらに軽く、バッテリー持ちも向上!「AQUOS sense6」

AQUOS sense6 (アクオス センス 6)は、大人気AQUOS senseシリーズの2021年11月発売の新型スマートフォンです。
ドコモau楽天モバイルから発売されており、11月26日からはメーカー版(SIMフリー)もリリースされています。

AQUOS sense6(左)とAQUOS sense5G(右)

AQUOS sense6 の端末自体は6.1インチと、前作のAQUOS sense5G(5.8インチ)より大きくなっているのに、軽いんです。
ディスプレイは有機EL(IGZO OLED)対応で、画面内指紋認証にも対応します。

CPUは「Snapdragon 690 5G」に対応。
メモリは4GB(メーカー版のみ6GB版もあり)と、Xperia 10 IIIとほぼ同等のスペックとなっています。

ただ、 AQUOS sense6 の一番の魅力はやはり電池持ちでしょう。
AQUOS senseシリーズは他社と比べて電池持ちがかなりよく、この AQUOS sense6 もかなりいいです。

カメラは、全体的には前作のAQUOS sense5Gのほうが映りはいい気もしますが、機能や指紋センサーなど、全体的に評価すると AQUOS sense6 のほうがおススメです。
カメラのレビューなど、詳しくはレビュー記事のほうをご覧ください。