MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

【2022年春】高価格帯の高性能スマートフォン、おススメランキングベスト3!実際に使って感じたおすすめポイント

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

そろそろスマホを買い替えたい…けど、どのスマホを買えばいいかわからない、という方に!
価格帯別でおススメスマートフォンをランキング形式でご紹介しています。

今回は、11万円以上の、高めですがカメラなどとことんこだわりたい方向けのスマホです。
望遠を強化していたり、1型センサーなど大きなイメージセンサーで光を多く取り込みきれいな写真を撮れる、など、高画質な写真・動画が撮れるものが多いです。
CPUも最高峰のものが積まれるため、ゲームや動画編集・写真編集などの用途で使うのにも最適。

今回は、私MATTUが実際に使って感じたおすすめのスマートフォンを、ランキング形式でご紹介します。

※新機種発表・発売され次第、ランキングも随時更新します

スポンサーリンク

2022年春におススメの、高価格帯の高性能スマートフォンベスト3!!

今回ご紹介するのは、11万円以上の高性能スマートフォンです。

【第1位】Xperia 1 III・Xperia PRO-I

動画でも4台並べて比較してみています。左からXperia PRO、Xperia PRO-I、Xperia 1 III、Xperia 5 III

Xperia 1 IIIは2021年7月に NTTドコモauソフトバンク から発売、 2021年11月よりメーカー版として ソニーストアAmazon 、家電量販店などでも発売されている、ソニーのスマートフォンです。

Xperia PRO-Iは2021年12月よりソニーストアAmazonなどで発売されています。

Xperiaの2機種を1位にしてしまったのは、微妙に用途が違うので甲乙つけがたい、という点からです。

より幅広い倍率で撮りたいならXperia 1 III、動画もこだわって楽しみたいならXperia PRO-I

Xperia 1 IIIXperia PRO-I のもっとも異なる点は、やはりカメラです。

Xperia PRO-I は、RX100シリーズなどのコンパクトデジタルカメラに搭載される「1.0型イメージセンサー」を搭載し、より光を取り込みやすく、きれいな写真を撮影できます。
ただし、望遠レンズは50mm(2.1倍)のものを積んでおり、望遠は弱め。
超広角~1倍~6.3倍まで撮影ができます。

Xperia 1 III であれば、望遠レンズは可変式で、70mm(2.9倍)と105mm(4.4倍)を切り替えることができます。
超広角~1倍~12.5倍の幅広い範囲で撮影が可能です。

一方、動画撮影については、 Xperia PRO-I は新アプリ「Videography Pro」を搭載。
4K 120fpsの高解像動画もサクッと撮影出来たり、BluetoothシューティンググリップやVlog monitorといった周辺機器を駆使して、長時間の撮影・録画も可能です。

機能の比較は以下の通り。

比較 Xperia PRO-I Xperia 1 IIIXperia 5 III
本体サイズ6.5インチ 21:9, 211g
4K HDR / 有機EL
6.5インチ 21:9, 188g
4K HDR / 有機EL
6.1インチ 21:9, 168g
FHD+ HDR / 有機EL
搭載レンズ16mm:12MP F2.2
24mm:12MP 1インチ(F2.0⇔F4.0)
50mm:12MP F2.4(光学2.1倍)
3D iToF
最大ズーム6.3倍
16mm:12MP F2.2
24mm:12MP F1.7
70mm/105mm:F2.3/2.8
(光学2.9倍⇔4.4倍)

3D iToF
最大ズーム12.5倍
16mm:12MP F2.2
24mm:12MP F1.7
70mm/105mm:F2.3/2.8
(光学2.9倍⇔4.4倍)
最大ズーム12.5倍
カメラアプリPhotography Pro(BASICモード対応)
Videography Pro
Cinematography Pro
Photography Pro(BASICモード対応)
Cinematography Pro
Photography Pro(BASICモード対応)
Cinematography Pro
外部機器連携Bluetoothシューティンググリップ
(→接続時は長時間録画・撮影可能)
Vlog monitor
外部マイク(Vlog monitor経由・USBマイク)
外部マイク(USBマイク)外部マイク(USBマイク)
メモリ
ストレージ
12GB RAM
512GB ストレージ
12GB RAM
512GBストレージ
(キャリア版は256GB)
8GB RAM
128GBストレージ(キャリア版)
5G5G Sub65G Sub6/ミリ波
(ミリ波はメーカー版非対応)
5G Sub6
Dual SIM物理SIM2枚メーカー版は物理SIM2枚
キャリア版は非対応
キャリア版は非対応
おサイフケータイ
ワイヤレス充電××
発売キャリアソニーストアNTTドコモ
au
ソフトバンク
ソニーストア
NTTドコモ
au
ソフトバンク

Xperia PRO-I はプロ用途志向ではありますが、普通に1台目のメイン端末として利用可能です。
望遠はあまり使わない方や、動画を楽しみたい方は Xperia PRO-I がおススメ。

Xperia 1 III は、写真をたくさん撮りたいけど、望遠も使う人向けです。
望遠の動画手振れ補正はそこまで強くないので、望遠の写真を撮りたい人に特におすすめ。
コンパクトな端末が欲しければ、Xperia 5 IIIを選択するといいでしょう。若干価格も抑えめです。

\カメラ・オーディオならXperia 1 IV!!購入は/

Xperia 1 III・Xperia PRO-Iの価格

Xperia 1 IIINTTドコモauSoftBank
MNP154,440円156,000円
(▲22,000)
167,040円
(メリハリ無制限で▲21,600)
スマホ乗り換え.com
プランどれでも▲22,000割引
新規契約154,440円167,000円
(▲11,000)
188,640円
スマホ乗り換え.comは▲22,000割引
機種変更
4Gからの契約変更
154,440円178,000円
5,500円CB
188,640円
スマホ乗り換え.comは5,000円CB
3Gからの契約変更154,440円188,640円
購入ページdocomo Online Shopau Online ShopSoftBank Online Shop
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥159,500(2022/08/09 19:27:27時点 Amazon調べ-詳細)

\カメラ・オーディオならXperia 1 IV!!購入は/

【第2位】iPhone 13 Pro

iPhone 13 Proは2021年9月より発売されているAppleの最新機種です。

iPhone 13 Proのシエラブルー、透明感のあるいい色!

カメラの存在感が強いですが、望遠レンズは光学3倍を搭載。
動画では、シネマティックモードでボケ感を際立たせ、撮影後も編集可能など、かなり「手軽で本格的に」動画撮影ができます。

写真もバランスのいい写真が撮れるのは魅力。

iPhone 13 Pro 望遠(光学3倍)
iPhone 13 Pro 標準

ポートレートモードを使ってボケ感のある写真も撮れますし、通常モードで輪郭のあるくっきりとした写真を残すこともできます。

また、iPhoneは2021年秋から、Apple PayではSuica、PASMO、iD、QUICPayに加え、nanacoとWAONも利用可能になりました。
Androidのおサイフケータイ(Google Pay)に比べ、多くのクレジットカードから対応電子マネーへの直接チャージもでき、使い勝手は非常にいいですね。

より大画面を求めるならiPhone 13 Pro Maxがいいと思いますが、重さとサイズのバランスを考えると、個人的にはiPhone 13 Proがおススメです。

私は香港版を買ってしまいましたが、多くの方は国内版で十分だと思います!

【第3位】Galaxy S21 Ultra

Galaxy S21 Ultraは、国内では2021年4月にNTTドコモから発売されたGalaxy Sシリーズのフラッグシップモデルです。

接近するとよりわかるGalaxy S21 Ultraのかっこよさ

Galaxy S21 Ultraの最大の特徴は、光学3倍レンズと光学10倍レンズの2つの望遠レンズが搭載されていること。
超広角から望遠100倍まで、幅広い範囲で撮影することができるのは非常に強いです。
(実用の範囲は大体30倍ぐらいまでだと思います)

特に、動画では本領を発揮します。
動画の手振れ補正の効きがよすぎるぐらいで、遠くの被写体も違和感なく動画に残せます。

また、標準レンズは大きめのイメージセンサーを積んでおり、ボケやすくなっています。
物撮りの際、ボケ感を和らげるためにある機能が「フォーカスエンハンサー」です。
被写体を自動認識して、「フォーカスエンハンサー」がONになると、超広角レンズを用いてくっきりとした写真を残せます。

Galaxy S21 Ultra 食事モードON
Galaxy S21 Ultra フォーカスエンハンサーON

万能な感じもするのですが、フォーカスエンハンサーON時のカメラがちょっとザラザラ感が残り、ボケ過ぎる標準レンズか、ザラザラ感のある超広角レンズか、というのを選択しなければならないところは若干の不満点です。

とはいえ、動画・望遠など幅広いシーンで利用可能。
Sペンも対応で(収納はできないですが)どこでもメモが取れるのも非常にうれしいです。

もうすぐ後継機種のGalaxy S22 Ultraが発表される、といううわさがあります。
発表され次第、随時情報も更新します。(下の記事でも更新します)

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

【注目】開くとタブレット、閉じるとスマホ!用途が広がる「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」

Galaxy Z Fold3とGalaxy Z Flip3は、国内では2021年10月に NTTドコモauから発売されている、画面折りたたみスマートフォンです。

開くとタブレット。画面分割でも使える!Sペンも対応
折りたためる!閉じて細長いスマホとしても使える!

Galaxy Z Fold3は、開くとタブレット、閉じると細長いスマホとしても使えるのはかなり魅力です。
開いた状態であればSペンによるペン入力にも対応し、メモ魔の強力な武器としても使えるでしょう。

Galaxy Z Flip3は閉じるとサブディスプレイ。結構細かい字も読める
開いたGalaxy Z Flip3(左)。右のXperia 1 IIIとほぼ同じ大きさ

Galaxy Z Flip3は、以前の折りたたみケータイのように閉じた状態でサブディスプレイを使えます。
閉じたままカメラで写真撮影や、SNSなどの通知を読むこともできます。
開くと、Galaxy Z Flip3はXperia 1 IIIとほぼ同じ大きさで、使いやすいです。

折りたためるスマートフォンGalaxy Z Fold3・Galaxy Z Flip3は、両者ともおサイフケータイに対応し、普段使いとしても使えます。
Galaxy Z Fold3は特に、折りたたんだ状態で使うことも多いのですが、重さや厚みを感じやすい印象があります。
初めて折りたたみスマホを買いたい、というのであれば、Galaxy Z Flip3のほうが手軽に使いやすいと思います。
慣れれば、Galaxy Z Fold3の高機能さにはまってしまいます!!

少し悩みどころは、価格とカメラですね……。
Galaxy Z Flip3は15万円程度で、Galaxy S21 Ultraと同程度です。
Galaxy Z Flip3という折りたたみの先進性を取るか、カメラがすごいGalaxy S21 Ultraを取るか……。
使う場面によって選択してみてくださいね!

Galaxy Z Flipシリーズをチェックしよう!!

Galaxy Z Foldシリーズをチェックしよう!!

高価格帯の高性能スマートフォン、動作・スペックまとめ

高価格帯の高性能スマートフォンの動作・スペックをまとめていきます。

高価格帯の高性能スマートフォンのスペックまとめ

今回おススメのベスト3の4機種で、スペックをまとめてみます。

項目 Xperia 1 IIIiPhone 13 ProGalaxy S21 Ultra 5GGalaxy Z Flip3 5G
発売キャリアNTTドコモ
au
ソフトバンク
ソニーストア
NTTドコモ
au
ソフトバンク
楽天モバイル
NTTドコモNTTドコモ
au
サイズ165x71x8.2mm
188g
146.7×71.5×7.65mm
203g
165x76x8.9mm
228g
開166.0×72.2×6.9mm
閉86.4×72.2×15.9mm
183g
画面6.5インチ 21:9
4K /有機EL
6.1インチ 19.5:9
Super Retina XDR
/有機EL
6.8インチ 20:9
Quad HD+/有機EL
6.7インチ 22:9
FHD+/有機EL
サブ 1.9インチ
CPUSnapdragon 888Apple A15 BionicSnapdragon 888 5GSnapdragon 888
メモリ12GB非公表12GB8GB
ストレージ256GB
(メーカー版512GB)
128GB/256GB
/512GB/1TB
256GB128GB
アウトカメラ広角:1,200万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素
(2.9倍⇔4.4倍)
広角:1,200万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,200万画素(3倍)
広角:10,800万画素
超広角:1,200万画素
望遠:1,000万画素(3倍)
1,000万画素(10倍)
広角:1,200万画素
超広角:1,200万画素
インカメラ800万画素1,200万画素4,000万画素1200万画素
電池4,500mAh非公表5,000mAh3,300mAh
生体認証指紋指紋/顔顔/指紋
ワイヤレス充電
Dual SIM対応メーカー版のみ
物理2枚対応
キャリア版は×
物理1枚+eSIM対応××
おサイフケータイ
3.5mmイヤホン端子××

高価格帯スマートフォンのベンチマーク比較(Antutu v9, Geekbench 5)

機種CPU・メモリ価格
(2022/1時点)
Antutu v9Geekbench 5
Xperia 1 III
SO-51B
Snapdragon 888
/ 12GB
154,440円797932S 1127 M 3328
Galaxy S21 Ultra
(香港版)
Snapdragon 888
/ 16GB
151,272円784648S 1106 M 3057
AQUOS R6Snapdragon 888
/ 12GB
115,632円784648S 1124 M 3466
Xperia 5 III
SO-53B
Snapdragon 888
/ 8GB
113,256円703607S 1124 M 3645
iPhone 13 Pro(A15)(142,560円)(890538)
【2022年春】高価格帯の高性能スマートフォン、おススメランキングベスト3!実際に使って感じたおすすめポイント
そろそろスマホを買い替えたい…けど、どのスマホを買えばいいかわからない、という方に!価格帯別でおススメスマートフォンをランキング形式でご紹介しています。今回は、11万円以上の、高めですがカメラなどとことんこだわりたい方向けのス...

せっかく買うなら、こだわりのスマホがいい!というあなたに!

2022年春におススメな、高価格スマホをご紹介しました。
せっかくスマホを買い替えるなら、カメラにもこだわった高価格のスマホがいい!というあなたにおススメのベスト3(とは言いながら6機種ぐらい上げている気がしますが)をご紹介しました。

春は新機種の季節です。
1月から3月にかけて、特に高性能なスマートフォンは続々と発表・発売を迎えます。
この記事でも、発表され次第、随時ランキングを更新していきますので、ぜひこのページをブックマークしてチェックしてみてくださいね!

\カメラ・オーディオならXperia 1 IV!!購入は/

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

Galaxy Z Foldシリーズをチェックしよう!!

Galaxy Z Flipシリーズをチェックしよう!!