スマホ新料金プラン、続々スタート!最適なプランをシミュレーションして見直そう

Galaxy S21 Ultraを使い始めて、今までになく感動した5つのポイント

Galaxy S21

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

待ちに待ったGalaxy S21 Ultraが、ついに手元にやってきました。
今回のGalaxy S21 Ultra、Sシリーズで初めて「Sペン」が使える、という点を最も楽しみにしながら購入したのですが、それ以上に感動してしまったポイントがあります。

今回は開封レビューを兼ねて、Galaxy S21 Ultraを使ってみて感動したポイントをご紹介しましょう。

本日2/2(火)夜10時より、YouTube Live生放送でも解説します。
ぜひお越しください(チャットで質問も受け付けます)!

Galaxy S21 Ultra 5Gを使いはじめて、今までになく感動した5つのポイント【MATTU SQUARE Mobiling Talk #228】
スポンサーリンク

Galaxy S21 Ultraのブラック、筐体がかっこ良すぎる

Galaxy S21 Ultraのこだわりの一つとしては、やはり背面のガラスなのではないかと思います。

上質なブラックの背面

Galaxy S21 Ultra、フロストブラックの背面

Galaxy S21 Ultraのフロストブラックを購入しましたが、非常に美しいですね。
すりガラスのようなサラサラとした質感ですが、ガラスとは思えない上質な触り心地がたまりません。

接近するとよりわかるGalaxy S21 Ultraのかっこよさ

接近してみるとよりわかると思います。このかっこよさ。
表面の仕上げは指紋も目立ちにくく、Galaxy Note20 Ultraの背面にも似ています。

しかし、これ、ガラスなんですよね…すごい。

Galaxy Note20 Ultraと比べると…

Galaxy S21 Ultra(左)とGalaxy Note20 Ultra(右)

Galaxy Note20 Ultraと比較してみると、少しだけGalaxy S21 Ultraの方が小さいです。
カメラの存在感はGalaxy S21 Ultraの方が上ですが、出っ張りの厚さはGalaxy Note20 UltraはSIM4枚に対し、Galaxy S21 UltraはSIM3枚と1枚分薄くなっています。

Galaxy S21 Ultraは、SIMカードスロットが下面USBポートの左隣

Galaxy S21 Ultraの作り自体は、昨年のGalaxy S20 Ultraなどとほぼ同じです。
ただし、SIMカードスロットはUSBポートの左隣にあります。

Galaxy S21 Ultra、日光の下でも目視はちゃんと見える

Galaxy S21 Ultraはいちおうエッジディスプレイですが、エッジ部分が限りなく狭いです。
(昨年のGalaxy S20シリーズと同じぐらい)

エッジが抑え目な分、側面のフレームはGalaxy Note20 Ultraより太いです。
手でスマホを持ちながらSペンで書くようなシーンでも結構持ち心地がいいですね。

側面のフレーム部分、だいぶ太さが違う(上:Galaxy S21 Ultra, 下:Galaxy Note20 Ultra)

Sシリーズは角が丸く、ここも手にフィットしやすい、持ちやすさを感じるところでしょう。

Galaxy S21 Ultraのカメラ、特にボケ感や細部の表現が大幅に進化した気がする

Galaxy S21 Ultraは、昨年モデルよりさらにカメラがパワーアップしています。

風景

Galaxy S21 Ultraで撮影(標準1倍)

Galaxy S21 Ultraの色味は、引き続きGalaxy S20/Note20シリーズをひきづっているようには思います。
しかし、全体的に被写体のクッキリ感や細部まできめ細かに写っているような感じがします。

Galaxy Note20 Ultraで撮影(標準1倍)
iPhone 12 miniで撮影(標準1倍)

iPhoneの画作りとはまた異なる「クッキリ感」ではあるのですが、Galaxy S21 Ultraは手前のロバもぼやんとする事なくきれいに撮れています。

食事撮影の「ボケすぎ」が軽減。「フォーカスエンハンサー」と「食事モード遷移ボタン」

Galaxy S20シリーズやGalaxy Note20 Ultraを使っていて感じていた「食事撮影時にボケすぎる」問題。

Galaxy S21 Ultraでは改善しています。

Galaxy S21 Ultra(通常モード)で撮影したハンバーガー
Galaxy Note20 Ultraで撮影したハンバーガー

Galaxy Note20 Ultraでハンバーガーを撮影すると、ハンバーガーの中央部分(上バンズの手前側・レタス)ぐらいはピントが合っていますが、下バンズなど結構な範囲がボケボケになってしまっています。

ボケ自体は映えるのですが、ちょっと被写体のエッジもボケることがかなり多く、やりすぎな印象がありました。

Galaxy S21 Ultraの方は、被写体を検知すると自動的に「フォーカスエンハンサー」がONの状態となります。

「フォーカスエンハンサー ON」被写体やシーン認識で自動ON
「食事モード使用」ボタンも登場

フォーカスエンハンサーONの時は「超広角レンズ」を使用、OFFの時は「標準レンズ」を使用するような挙動になっているようです。
基本的には、自動的にONになります。使いたくない時は右下の黄色いアイコンを押せば、フォーカスエンハンサーはOFFになります。

食事シーンを認識して「食事モード使用」のボタンも登場しています。
食事モード自体は以前からありましたが、標準の写真モードから「食事モード」へ遷移できるボタンがついたのは、今回が初めて。

食事モードでは、フォーカスエリアを調整できる

食事モードでは、フォーカスエリアも調整できます。
被写体の大きさに合わせてフォーカスエリアの大きさを調整することで、より自然で映える食事の写真が撮れます。

標準の写真モードで撮影する「フォーカスエンハンサーOFF」の写真は、食事モードの時の写真とほぼ同じ感じです(標準モードの場合はフォーカスエリアの調整はできませんが…)。

Galaxy S21 Ultra 食事モードON
Galaxy S21 Ultra フォーカスエンハンサーON

食事モードONの時とフォーカスエンハンサーONの時では、色がかなり変わっています。
色の補正だけでなく、異なるレンズを使っていることも若干影響しているかもしれません…
(フォーカスエンハンサーON時は超広角レンズ使用)

望遠レンズの強化がすごい

Galaxy S21 Ultraは、望遠レンズが強化されています。
3倍相当の望遠レンズと、光学10倍のペリスコープレンズの2つが搭載されています。

Galaxy S21 Ultraでとった月(50倍)

Galaxy S21 Ultraで月を撮ると、50倍でもこのくっきり感です。
月もここまできれいに撮れるのかと、驚きを隠せません…

Galaxy Note20 Ultraで撮った月(50倍)

Galaxy Note20 Ultraで月を撮ると、50倍でこんな感じ。

Galaxy S20 UltraやGalaxy Note20 Ultraでは、月をある程度拡大するとぼやけてしまうので、あくまでも遠目で楽しむような感じでした。

Galaxy S21 Ultraは、望遠10倍のペリスコープレンズが強力に効いていて、めちゃくちゃきれいに撮れます。
細かいところまで拡大すればそれは粗は出ますが、ある程度までの拡大であれば結構ちゃんときれいに映るのがすごいですね。

画面の発色、きれいさに驚き

もう一つの驚きは、撮影した写真を確認するとき。

写真自体もきれいに撮れるのですが、撮った写真を画面で確認するとものすごく発色がきれいなんです。

画面の発色がすごい!!

Galaxy S21 Ultra(上)とGalaxy Note20 Ultra(下)

Galaxy S21 UltraとGalaxy Note20 Ultraで、同じ写真を表示させています(画面設定は両方とも「鮮やか」、最大輝度で表示)。
確かに、Galaxy Note20 UltraやGalaxy S20 Ultraでも画面には感動しましたが、Galaxy S21 Ultraはより発色がきれい。
肉眼で見ると、Galaxy S21 Ultraの方が若干赤が強めで、より迫力がある印象です。

また、Galaxy S21 Ultraの方が最大輝度が明るいのか、直射日光下でもちゃんと認識できます。

Sペンにもついに対応。

Galaxy S21 Ultraのディスプレイ周りでもう一つの進化といえば、やはりSペンへの対応です。

こちらについては、取り急ぎ動画でレビューしています(近日中にブログでも解説予定)

簡単にいえば、Galaxy Note20 Ultraとの違いは
・Sペンがスマホの中に収納できるか
・ペンで描く機能は使えるが、Bluetoothを使ったリモコン・ジェスチャー機能は非搭載
・手で持って書くようなシーンだと、Galaxy S21 Ultraの方が握りやすく、書きやすい

という感じ。
Sペンを本体に収納できないというデメリットはあるのですが、太く書き心地の良いSペンを常時使えるのも便利な点かもしれないです。

Wi-Fi 6でのWi-Fiテザリングにも、一応対応

Galaxy S21 UltraをWi-Fi 6規格対応・5GHz帯優先モードのWi-FiテザリングでXperia 1 IIに接続

Galaxy S21 Ultraは、5GHz帯優先のテザリングや、Wi-Fi 6規格対応でのテザリングに対応しています。

バンドの「5GHz帯優先」については、Wi-Fiテザリングの設定画面を開くとすぐ出てきます。
「Wi-Fi 6規格に対応」は、「詳細設定」をタップしてスクロールすると見つかります。

これを使ってXperia 1 IIに接続してみましたが、Wi-Fi 6で接続はできたものの、2.4GHz帯への接続となりました。

5GHz帯での接続にどういう条件があるのか、いまいちよくわかりません……。

電池持ちなど不安な点もあるが、満足度はかなり高い

Galaxy S21 Ultraを3日ほど使ってみて、実際に外でも利用して感動したポイントをまとめてみました。

個人的にはSペン周りも気になるポイントですが、それ以上にカメラ周りの進化が自分好み。
今回のGalaxy S21 Ultraは、かなり印象がいいです。

Sペン周りのレビューやディレクターズビューなどの動画撮影など、詳細なレビューはまた追ってお届けします。

3日使った印象では、今回は買ってよかったな、と思えるスマホです。

Galaxy Note20 Ultra・S20シリーズのレビューと価格

Galaxy Note20を買えるところ

国内版(ドコモ・au:発売中)

Galaxy Note20 Ultraは、
NTTドコモが2020年11月6日より発売中です。
auが、Galaxy Note20 Ultraを2020年10月15日より発売中です。

モデルNTTドコモ
Galaxy Note20 Ultra 5G
SC-53A
au
Galaxy Note20 Ultra 5G
SCG06
MNP123,728円
(▲22,000)
137,830円
(▲22,000)
新規 145,728円148,830円
(▲11,000)
機種変更
(5G⇒5G)
 145,728円159,830円
5,500円CB
契約変更
(4G⇒5G)
(3G⇒5G)
 145,728円159,830円
5,500円CB
購入ドコモオンラインショップau Online Shop

海外版

ETORENイオシスなどで購入可能です。
ETORENは海外から輸入とはなりますが、最短3日で届きます。
輸入手数料(輸入関税・消費税)などは端末代金に含まれており、あとから別途請求されることはありません。

輸入が不安な方は、イオシスがおすすめ。国内発送してくれるので、安心です。
価格もそんなに変わらないので、安心なイオシスはおすすめ!

取扱いカラーは以下の通り。
カラーのリンクをクリックすると、商品ページから購入可能です。
(以下はすべてSnapdragon 865+版です)

モデルETORENイオシス
Galaxy Note20 Ultra 5G
SM-N9860
(12GB RAM,512GB ROM)
Mystic Bronze,
Mystic Black
Mystic Bronze,
Mystic Black
Galaxy Note20 Ultra 5G
SM-N9860
(12GB RAM, 256GB ROM)
Mystic Bronze,
Mystic Black,
Mystic White
Mystic Bronze,
Mystic Black,
Mystic White
Galaxy Note20 5G
SM-N9810
(8GB RAM, 256GB ROM)
Mystic Bronze,
Mystic Grey,
Mystic Green
Mystic Bronze,
Mystic Grey,
Mystic Green

Galaxy Note20 Ultraのレビュー

Galaxy Note20 Ultraを購入し、気になったところやカスタマイズのレビューをしています。
ぜひご参考にしてください。

全体レビュー

Galaxy Note20 Ultra 開封レビュー!! Sペンマニアが喜ぶ最高のスマホ
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ついにGalaxy Note20 Ultraがやってきました!!昨年もGalaxy Note10+を使っていましたが、非常に満足していて「2019年ベストバイスマートフォン」の1位にも...
Galaxy Note20 Ultra 1ヶ月使用レビュー!!使って感じるいいところ、気になるところ
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraを約1か月間使ってきました。かなり快適に使えていて、非常に満足しています。ただ、多少使っていて気になったところもあったりします。1か月使って...

Sペンでメモ

Galaxy Note20 UltraのSペンは「地味だけど着実に進化」手書きSペン周りをレビュー
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、もちろんスマートフォンやカメラとしても進化しています。ただ、最も特徴的な「ペン」の進化はやはり着目するべきでしょう。今年のGalaxy N...
【Galaxy Note10+ レビュー】ノートアプリGalaxy Notesが進化した7つのポイント!!手書きがテキストに化ける!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+のノートアプリGalaxy Notes(海外ではSamsung Notes)が進化しています!Sペンがジェスチャー対応した使い勝手の良さと、アプリの使いや...
Galaxy Note10+にも使えるLAMY AL-STAR EMRペン、書き心地がよすぎる!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。LAMY AL-STAR EMRペンを購入してみました。WACOM Feel ITテクノロジーに対応したペンで、Galaxy Note10+をはじめとしたGalaxyのペン対応デバイス...

Sペンエアアクションでジェスチャーリモコン

Galaxy Note20 Ultraでパワーアップした「Sペンエアアクション」をレビュー。まるで魔法の杖…
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、Sペンをジェスチャー操作してコントロールする「Sペンエアアクション」が進化しています。Galaxy Note10+では特定アプリとカメラ・音楽...
【Galaxy Note 10+ レビュー】新機能Sペンジェスチャー, 使い方と対応アプリは?どんな時に使える?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10シリーズの新機能のひとつに「Sペンジェスチャー」があります。Galaxy Note9からSペンにBluetooth機能を内蔵し、Sペンのボタンをリモコンとし...

カメラ

Galaxy Note20 Ultraのカメラレビュー!!2か月使ったいいところ・微妙なところを徹底解説!!
Galaxy Note20 Ultraを使い始めて2か月が経ちます。Sペンが使えるスマホながら、やはり注目すべきは「カメラの進化」でしょう。レーザーAFが搭載され、ボケ味を存分に出せます。望遠性能も上がり、撮れる倍率が大幅に広...
iPhone 11 Proの写真をGalaxy Note10+, HUAWEI P30 Pro, Xperia 1と比較!!きれいに撮れるのはどれ?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。iPhone 11 Proは「超広角」がついたこともあり、非常に面白いカメラになっていると思います。Androidでは、Galaxy Note10+やHUAWEI P30 Proなど、...

DeX(PCモード)とカスタマイズ

【ワイヤレスDeX】Galaxy Note20 UltraのPCモードはケーブル要らず!?無線接続でどこまでできる?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。GalaxyシリーズやHUAWEIなどの一部のスマホでは、「PCモード」が搭載されています。今までは、HDMIケーブルなどでディスプレイやPCに接続することで、PCの見た目で大画面で...
ボタンが一つ減ったGalaxy S20・Note10+でスクリーンショットを撮る方法,電源を切る方法
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+やGalaxy Note10は、電源ボタンとBixbyボタンが統合されて「サイドキー」という一つのボタンになっています。スクリーンショットは「電源」+「音量...
【Galaxy S20・Note10+】スマホ画面をワイヤレスでPCに映そう!!ミラーリングできるのはGalaxyだけ!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy S20シリーズやGalaxy Note10+はDeX for PCの機能で、PCとGalaxy S20シリーズやGalaxy Note10+をUSBケーブルで接続すれば、P...
【Galaxy S20・Note10+ レビュー】DeX for PCでPCモードがPCで!?従来のDeXとの違いと魅力!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy S20シリーズやNote10+の隠れた魅力の一つは、「DeX for PC」です。ディスプレイにHDMIケーブルでGalaxyシリーズのスマホとつなぐことで、PCのよう...

ケース

Galaxy Note20 UltraのPITAKA MagEZ Case・Air Caseを比較レビュー[PR]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraも、個人的にはPITAKAのケースが最もマッチしている気がしています。アラミド繊維を身にまとった2つのケース。とにかく軽くて肌触りも抜群な、P...
Galaxy Note10+を買ったらつけたい!! おしゃれな純正LED View Cover (LED Wallet Cover)レビュー!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+を買ったら、一緒に買ってつけてほしいカバーがあります。メーカー純正ケースの「LED View Cover」です!ものすごくおしゃれなんです!
Galaxy Note10+のケースに!薄くて頑丈なアラミド繊維のPITAKA MagEZ caseレビュー[PR]
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+は大きさの割には比較的軽いのですが、大きいのでポケットに収まらないズボンもあって、落としそうになることもあります。そんなGalaxy Note10シリーズ...

Galaxy S20シリーズのレビュー

Galaxy S20Galaxy S20+が国内で発売されます。

Galaxy S20 5G SC-51A 開封レビュー!!手のひらに収まるボディに, 進化した高スペックがうれしい
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ドコモとauから、Galaxy S20 5Gが発売されています。5G対応が目立ちますが、6.2インチと小型ながら高スペックが詰め込まれているのが非常にうれしいです。小さいのがいいけ...
Galaxy S20+ 5G SC-52A 実機レビュー!!持ちやすい大画面と使いやすい操作性が魅力!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy S20+ 5GがNTTドコモとauから発売されました。6.2インチのGalaxy S20 5Gはすでに3月に発売しており、Galaxy S20+の最も大きな違いは「大きさ...