スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

【2022年春】2万円台スマホ、おススメ機種ランキングベスト4+1!!実際に使って感じたおすすめポイント

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

春はスマホの機種変更にふさわしい季節ですね!
そろそろ電池がヘタってきた方、動作がもっさりしてきた方も多いかもしれません。
また、初めてのスマートフォンデビューをしたい、という方も!

手ごろな2万円台の価格で快適に使えるスマートフォンを、ランキング形式でご紹介しましょう。
2万円と侮るなかれ、2022年春モデルの2万円スマホはかなり快適に使えますよ!

[2021/1/20更新] AQUOS wish 発売に伴い、ランキングを更新しました。
( AQUOS wish のレビュー記事は、1/20(木)午後6時に公開予定)

また、AQUOS wish楽天モバイルでも1/21(金)より発売されます。

[2021/1/15更新]AQUOS wishY!mobileでも1/28より発売予定となりました。
1/14(金)より新規・機種変更の方は手続き開始されております!Y!mobileの購入ページはこちらから

[2022/1/7更新]「注目」としてピックアップしたAQUOS wishが、2022/1/14(金)より auUQ mobile で発売されます。
定価は両ブランドとも 26,180円 、MNPで最安 4,180円 で購入できます。

スポンサーリンク

2022年春におすすめの、2万円台スマホベスト3+注目2機種!

では、2022年春に購入するのにおすすめな2万円台スマホをご紹介しましょう!

【第1位】高機能と快適動作が両立!「arrows We」

arrows Weは2021年12月に発売されたばかりの、FCNT(富士通)のスマートフォンです。
NTTドコモauソフトバンクUQ mobile で発売されています。

5.7インチサイズで、持ち心地、キーボードの打ち心地などかなりバランスいい!

arrows Weをはじめ2万円台スマホの多くは5.7~5.8インチの大きさとなっています。
かなり持ち心地や操作性もよく、動作もサクサク。

今までの2万円台のスマートフォンとは見違えるぐらい、かなり快適に使えます。

arrows Weの一番のポイントは、子どもからビジネスシーン、シニアに至るまで、幅広い世代で利用できる、充実した機能です。

・コロナ禍で欠かせないスマホ丸洗い、アルコール除菌対応
・「マスク通話モード」で、マスクで通話しても声がクリアに
・「プライバシーモード」復活!ビジネスシーンで隠したい着信・アプリや通知を瞬時に消せる!
・PayトリガーやFASTウォレットで、PayPayやポイントカードアプリも簡単に切り替えて支払える!
・特にシニアの方に安心の「迷惑電話防止機能」
・スマホを初めて使う方に便利な「シンプルモード」でらくらくスマートフォンライクに切り替え可能
・小中高生に時間やアプリを制限できる「ジュニアモード」で、スマホの使い過ぎ防止

詳しくはレビュー記事にて詳しく解説しています。
ここまで機能がつめこまれていますが、それで使いにくいということはなく、実際に使ってみてもかなり快適に使えます。

購入価格arrows We F-51B
(NTTドコモ)
arrows We FCG01
(au)
arrows We FCG01
(UQ mobile)
arrows We
(ソフトバンク)
MNP4,950円
(16,500円の割引)
4,180円
(22,000円の割引)
4,180円
(22,000円の割引
)
5,760円
(21,600円の割引※)
新規契約21,450円15,180円
(11,000円の割引)
22歳以下はさらに
10,000円分還元
15,180円
(11,000円の割引※)
27,360円
30歳以下は
4,800円
(22,560円割引)
機種変更
(5G→5G)
契約変更
(4G→5G)
21,450円26,180円
+5,500円の還元
26,180円27,360円
契約変更
(3G→5G)
21,450円0円
(26,180円の割引)
※3Gとりかえ割プラス適用
26,180円27,360円
※UQ mobileはくりこしプランM/Lの場合です
※ソフトバンクのMNPは「メリハリ無制限」のみ割引

arrows Weの詳細や購入は公式サイトから

【第2位】新しいSHARPのエントリー向けスマホ「AQUOS wish」

SHARPはAQUOS senseシリーズに加え、2万円台向けのエントリースマートフォン「 AQUOS wish 」を2022年1月14日より発売しています。

SHARPのあらたなエントリースマホ「AQUOS wish」

側面の指紋センサーでロックを解除でき、ホーム画面表示中に指紋センサーを長押しすると「Payトリガー」を起動できます。
お店のレジでも、サクッとPayPayなどのQRコード決済を支払えますね!

指紋センサーが若干低めでちょっと使いづらい印象はありますが、マスク時代ですので指紋認証に対応しているのは非常にありがたいです。

カメラもGoogleのカメラアプリ「Camera Go」を搭載し、起動や撮影も軽く便利に使えそうです。

AQUOS wishで撮影
AQUOS wishで寄ってみると…

写真のうつりは、2万円にしてはなかなかいい感じです。
シャッター押してから保存までが速く、AQUOSシリーズのスマホの中では一番ストレスがないですね。

購入価格AQUOS wish SHG06
(au)
AQUOS wish SHG06
(UQ mobile)
AQUOS wish A104SH
(Y!mobile)
AQUOS wish
(楽天モバイル)
MNP4,180円
(22,000円の割引)
4,180円
(22,000円割引※)
10,080円
(21,600円割引)
29,800円
+20,000pt還元
実質9,800円
新規契約15,180円
(11,000円の割引)
22歳以下はさらに
10,000円分還元
15,180円
(11,000円割引※)
10,080円
(21,600円割引)
29,800円
+20,000pt還元
実質9,800円
機種変更
(5G→5G)
契約変更
(4G→5G)
26,180円
+5,500円の還元
26,180円24,480円
(7,200円割引)
29,800円
契約変更
(3G→5G)
0円
(26,180円の割引)
※3Gとりかえ割プラス適用
26,180円24,480円
(7,200円割引)
※UQ mobileはくりこしプランM/Lの場合

AQUOS wishの詳細や購入は公式サイトから

【第3位】カメラを楽しく撮れる!Galaxy A22 5G

Galaxy A22 5G は、 NTTドコモ から2021年12月に発売されたばかりのGalaxyスマートフォンです。

2万円台といえ、快適動作など操作性は完全にGalaxyスマートフォン

2万円台とはいえ、動作はすこぶる快適でサクサク。
使い勝手は、10万円以上する高性能なGalaxy Sシリーズと同様で、かなり便利に使えます。
初めてGalaxyシリーズを手にする方やスマホデビューな方にはかなりおすすめです。

Galaxy A22 5G には「かんたんモード」というモードがあります。
他社製のシンプルモードとは違い、あくまでもGalaxyスマホのホーム・設定の見た目のまま、文字やアイコンが大きく、また音声通話の発着信も簡単に行えるので、ケータイからの移行でも違和感なく乗り替えられると思います。

動作の快適性については後述しますが、今回の2万円台スマホの中では最もサクサク動作できます。

Galaxy A22 5G を選ぶべき人は、2万円台と価格を抑えつつも「カメラで楽しく写真が撮れる」のを重視したい人。
同時期に発売された arrows We と比べても、メリハリのあるきりっとした写真が撮れます。
使っていて率直に感じたのは「写真撮っていて楽しい!」ということ。

より高画質な写真を撮りたい、というのであれば、もう少し価格の高いスマホを検討すべきだとは思います。
最初の一台目として、スマホを楽しみたい、カメラを楽しみたいという方におすすめのスマホです。

指紋センサ非搭載で、パターン・パスコード認証か顔認証を行う必要があります。
生体認証で指紋が使えない点については、若干ストレスに感じる可能性があります。この点だけご注意を。

購入価格Galaxy A22 5G SC-56B
(NTTドコモ)
MNP5,500円
(16,500円の割引)
新規契約22,000円
機種変更
(5G→5G)
契約変更
(4G→5G)
22,000円
契約変更
(3G→5G)
22,000円

【第4位】価格は安く、でも最低限の機能は快適に!大人気のXperia Ace II SO-41B

Xperia Ace II は、ドコモから発売されているSonyの人気スマートフォンです。
Xperiaは、日本ではハイエンドモデルを中心に展開していましたが、2021年より2万円の格安Xperiaが発売され、大人気。

久々の通常サイズ、Xperia Ace II SO-41B

Xperia Ace II は、サイズとしては5.5インチと2万円台スマホの中でも少し小さめ。
大きさはiPhone 8やiPhone SE(第2世代)と同じぐらいで、手に収まる大きさで操作しやすいです。

スペックや動作の快適さについては、 arrows WeGalaxy A22 5G よりは若干劣りますが、基本的な動作やカメラの応答性など、軽く快適に使えます。
Twitterなど使う場合には若干カクツキのある場面もありますが、LINEやGmail・ブラウザでは結構快適。

最近のXperiaで便利な「サイドセンス」の機能など、Xperiaの世界観を存分に味わえます。

Xperia Ace II は、5Gには非対応で、LTE・3Gに対応しています。
ドコモオンラインショップでは在庫が少なくなってきていますが、docomo withをご利用中の方であれば、docomo withを維持したまま機種変更が可能です。

購入価格Xperia Ace II SO-41B
MNP5,500円
(16,500円の割引)
新規契約22,000円
機種変更
(LTE(Xi)→LTE(Xi))
22,000円
契約変更
(FOMA→LTE(Xi))
22,000円

【注目】OPPO A55s 5G

OPPO A55s 5Gは、OPPOのスマートフォンです。
この記事でご紹介しているスマートフォンの中では、最も大きい6.5インチ。
OPPO Reno5 Aともほぼ同じ大きさですが、少し価格を抑えたい方にはお勧めです。

OPPO A55s 5G(左)とOPPO Reno5 A(右)

見た目はOPPO Reno5 Aと瓜二つではあるのですが、スペックは arrows WeAQUOS wish と同等。
おサイフケータイと指紋認証は搭載していませんので、ご注意ください。

大きな画面でスマホを楽しみたい方には非常に便利です!