【ギガホ・ギガライト・docomo with対応】スマホ月額料金をキャリア横断でシミュレーションできるツール公開中!!(ドコモ新旧, au, Softbank, Y!mobile, UQmobileに対応)

Xperia 1のサイドセンスをマスター!!カスタムしてマルチウィンドウを使いこなそう!!

Xperia 1(2019)

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Xperia 1は21:9の縦長ディスプレイが魅力。
この画面を最大限に生かせるのは、やはり「マルチウィンドウ」です。

ほかのAndroidでも2画面分割操作は可能ですが、操作が非常に手間。
我らがXperia 1には、簡単にマルチウィンドウを呼び出せる「サイドセンス」がついています。

ただ、初期設定の状態だと結構「サイドセンス」を呼び出すのが難しかったです。
ちょっと設定を変えるだけで、劇的に使いやすくなりました。

今回は、設定をカスタマイズして、「サイドセンス」をマスターしましょう!

Xperia 1のサイドセンスの基本機能を確認しよう

まずは、Xperia 1のサイドセンスの基本的な使い方を確認しておきましょう。

サイドをダブルタップ、またはスライドして起動

画面の端をダブルタップ、または上・下にスライドすると起動できます。

初期設定では、画面の端を

・ダブルタップ → サイドセンス(1画面1アプリ)
・上にスライド → マルチウィンドウ(1画面2アプリ)
・下にスライド → 戻る(戻るボタンと同じ)

という機能に割り当てられています。

この2つのモードは、右下の「サイドセンスメニュー」「マルチウインドウ」のボタンで行き来が出来ます。

マルチウインドウは特にすごい

特に、マルチウィンドウの方は便利です。

すでにアプリを起動中で、他のアプリを開きたいときは、「マルチウィンドウ」メニューを開くことで下の画面に開くアプリを指定できます。

YouTube動画を見るときは動画を上に置きたい、ということもあると思います。
そんなときは、マルチウィンドウメニューの「アプリの上下入れ替え」をタッチすれば、簡単にチェンジできます。

サイドセンスの真髄は「マルチウィンドウ」にあると言っていいでしょう。

サイドセンスの設定をカスタマイズしよう

使い方にもよりますが、わたしは初期状態ではサイドセンスを呼び出すのに苦労しました。
ちょっと設定を変更するだけで、かなり使いやすくなります。
カスタマイズしていきましょう。

サイドセンスの設定の開き方

サイドセンスの設定の開き方を2通り紹介します。

最も簡単なのは、画面の端をダブルタップしてサイドセンスメニューを呼び出し、一番下の設定マークをタップします。

もう一つは、設定>画面設定>サイドセンスと開きます。
サイドセンスメニューを呼び出しにくい場合には、設定からたどることをおすすめします。

サイドセンスの設定を見てみよう

サイドセンスの設定は以下の通り、細かくカスタマイズできます。

この中でまず行っていただきたいのは、「感度調整」です。

まず「感度調整」でサイドセンスを使えるようにしよう

まずは感度調整を行いましょう。

ダブルタップの速さ・スライドの長さを調整できます。
初期設定はどちらも標準になっています。

私はダブルタップは比較的成功率が高かったのですが、スライドはかなり低かったので、スライドの長さを「短く」に変更しました。
この設定だけで、見違えるように成功率があがりました。

スライドって、特にWebページなどではスクロールされてしまうんですよね……。

誤作動が多い人は「操作位置の指定」をしよう

エッジセンスを呼び出したつもりはないのに、いつも出てきてしまう…という方は、「操作位置を指定」しましょう。

左だけ・右だけと指定することも出来ますし、上の図のように側面の一部だけ反応するようにすることも出来ます。

個人的には、握り方によって操作位置が変わることが多かったので、この設定は「自動検出」にしています。
(初期設定も自動検出)

ジェスチャー動作の割り当てを変更しよう

プリセットでは、

・ダブルタップ → サイドセンス(1画面1アプリ)
・上にスライド → マルチウィンドウ(1画面2アプリ)
・下にスライド → 戻る(戻るボタンと同じ)

となっています。
これを変更することが可能です。

私は、

・ダブルタップ → マルチウインドウ(2画面)
・上にスライド → サイドセンス
・下にスライド → 通知パネルを開く

に変えてみました。

最も呼び出しやすいダブルタップを「マルチウインドウ」にあてることで、2画面を簡単に出せるようにしています。

「下にスライド」に通知パネルを割り当てると、アプリ起動中でも画面上まで手を伸ばさずに通知パネルを開けるので便利です。

サイドセンスやマルチウィンドウメニューに表示するアプリを変えよう

サイドセンスやマルチウィンドウのメニューにはアプリが並びますが、AIが自動的に使用状況から予測したアプリを8個表示しています。
ただ、必ず開きたいアプリがある場合などは、あらかじめ設定しておくことで表示することが可能です。

たとえば、サイドセンスメニュー設定に今まで開いたことのない「ビックカメラ」を登録した場合、AIの予測と関係なくサイドセンスメニューのトップに「ビックカメラ」が表示されます。
ペア設定も同様に、あらかじめ設定したアプリのペアが優先的に表示されます。

設定したもの以外は、予測をもとに表示されます。

アプリごとにジェスチャー操作を無効に設定することも可能

アプリごとにジェスチャー操作を受け付けないようにすることも出来ます。

また、AIの予測精度向上のために設定を変更することも可能です。

その他のマルチウィンドウの呼び出し方

Xperia 1では、サイドセンスから呼び出す以外にも2つの呼び出し方があります。

ホーム画面のショートカットから呼び出し

初期設定で、ホーム画面にマルチウィンドウを呼び出すショートカットがあります。

これをタップすると、上と同じマルチウィンドウメニューが表示されます。

Googleアシスタントで2画面起動

Xperia 1のGoogleアシスタント限定で、2つアプリを指示すれば2画面で起動することが出来ます。

「〇〇(上のアプリ)と〇〇(下のアプリ)を開いて!」

といえば開きます。

サイドセンスを使いこなせば、Xperia 1を使いこなせたも同然!

21:9のシネマワイドディスプレイとAndroidのコンビであるXperia 1で最も恩恵があるのは、やはりマルチウィンドウです。
マルチウィンドウを使いこなすには、やはりサイドセンスが必須だと思います。

ぜひ、サイドセンスを自分色に設定して、たのしくXperia 1を使いこなしましょう!!

Xperia 1の価格

BlackGreyPurpleWhite
ETOREN103,011円103,011円103,011円103,011円
NTTドコモ103,032円-103,032円-
au112,320円112,320円112,320円112,320円
Softbank136,320円-136,320円136,320円

ETORENは輸入関税・消費税、送料が全て込みの金額です(2019/6/30現在)。
ドコモ・au・ソフトバンクはオンラインショップの価格です。

Xperia 1のレビュー一覧

【Xperia 1 レビュー】美しきグレーの質感!!縦長だけど掌にしっくりくるボディーが魅力!開封とカメラ比較レビュー
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ついに、Xperia 1がやってきました。MATTUが購入したのは、グレー。美しすぎます。触っていて楽しい。今回は、Xperia 1のグレーを開封レビューします。
Xperia 1のサイドセンスをマスター!!カスタムしてマルチウィンドウを使いこなそう!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Xperia 1は21:9の縦長ディスプレイが魅力。この画面を最大限に生かせるのは、やはり「マルチウィンドウ」です。ほかのAndroidでも2画面分割操作は可能ですが、操作が非常に...
Xperia 1の画面をHDMI出力する方法!ハブによっては電源に接続しないといけないかも
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Xperia 1は、Xperiaシリーズで久々にHDMIアダプター経由で画面の映像を出力できます。おそらくアダプターを介してHDMI出力をすることになると思いますが、一つだけ注意点があ...
【Xperia 1 レビュー】使い勝手が劇的に上がる,5つの機能を設定しよう!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Xperia 1、使い心地は非常にいいのですが、細長い形状は特殊とも言えます。普通の端末と違い、少し設定を変えたほうが使いやすいところもあります。少し使ってみながら、特にこれからご紹...
【Xperia 1 レビュー】2年ぶりに使うPOBox Plus、やっぱり一番使いやすい
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。皆さん、キーボードは何を使っていますか?文字入力ツール(IME)にこだわりのある方も多いはず。Xperiaシリーズには、POBox Plusというキーボードのツールが入っています。...
Xperia 1がキュンとくる!美しい画面に暗所にも強いカメラ,タッチ&トライレビュー
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Xperia 1がドコモ・au・ソフトバンクから発表されました。ドコモから発表された5/16(木)の夜、タッチアンドトライミーティングが開催されたので、参加させていただきました。久し...
【Xperia 1 レビュー】シネマ撮影できるCinema Proの魅力と注意点
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Xperia 1の中でも「Cinema Pro」は目玉機能の一つと言っていいでしょう。映画用のプロフェッショナルカメラ「CineAlta」の開発チームも監修している、プロ顔負けの動画を...

コメント

タイトルとURLをコピーしました