スマホ新料金プラン、続々スタート!最適なプランをシミュレーションして見直そう

[2020年を振り返る]MATTU的、今年のベストバイガジェット!スマホとPCなど買ってよかったものベスト3

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

2020年もあっという間にあとわずか。早いですねぇ。
今年もスマホなど、ガジェットをたくさんいろいろ買いました。

今回は、スマートフォンとそれ以外(PC・カメラ・スマートウォッチなど)のベスト3をご紹介します。

スポンサーリンク

買ってよかったベストバイスマホ。ベスト3!

ベストバイスマホをベスト3形式でご紹介しましょう。

【第3位】小さくても万能な、iPhone 12 mini

第3位はiPhone 12 miniです。

5.4インチという小ささは何とも絶妙で、非常に日本人好みのiPhoneだなぁと思います。
このサイズにハマると、抜け出せなくなりそう。

惜しいのは、Touch IDに対応していないこと。
iPad Airのように電源ボタンに指紋認証対応してくれればよかったのに……。

あと、香港版も、iPhone 12 miniだけはeSIMと物理SIMのDual SIMなんですよね。
SIMは、今のところワイモバイルのケータイプランSSのSIMと一緒に、楽天モバイルのeSIMを使っています。
eSIM側はデータをちょっとしか使わないので、来月からはIIJmioのeSIM用プランにしようかなぁと思っています。

この2点が昨年使ってた香港版iPhone 11 Proより惜しいところではありますが、iPhone 12 miniは全体的な端末のバランスと価格が結構よく、第3位です。

Apple watchやMacBook Proも買ってしまって、今年はApple製品をたくさんかいました。

iPhone 12 miniの購入はこちらから

【第2位】今年No.1コスパスマホ!OPPO Reno3 A

第2位は、今年1番のコスパスマホ、OPPO Reno3 Aです。

3万円台のスマホと言いながら、Dual SIM+おサイフケータイ対応。
カメラもスペックアップし、サクサク感と両立しているのも素晴らしいです。

7月にIIJmioさんからお借りして使って感動し、お返ししたあとまた購入して使っています。
OPPOの存在感は、今年の上半期は特に増していた感じがすごかったですね。

 
\バランスのいいコスパ最強「OPPO Reno3 A」を購入しよう/

 

下半期は、AQUOS sense4もすごい

コスパといえばもう一つ、今年後半に出たAQUOS sense4も忘れてはいけません。
カメラのクオリティはOPPO Reno3 Aのほうが若干上な感じもするのですが、サクサク感や電池持ちはAQUOS sense4が特別賞。非常にバランスよく仕上がっています。

【第1位】折りたたみだけじゃない。日常使いに最高なGalaxy Z Fold2

映えある第1位は、「Galaxy Z Fold2」です。

画面折りたたみスマホという特殊な形状も好きなのですが、カバーディスプレイは細長く、メインディスプレイは大きく、という2つを自由に行き来できるのが最高です。

細長い画面は、使ってみればわかりますが、めっちゃ快適
SNSやブラウザなど、気軽に見れて片手操作も便利で、最近のXperiaシリーズもそうですが非常に便利なんです。

ただ、細長ディスプレイの唯一の問題は動画や写真を見るとき。
どうしても小さくなる…となれば、2画面が役立ちます。
スマホを開いてメインディスプレイで楽しめます。

カメラもバランスよく、色味はGalaxy S20シリーズやGalaxy Note20 Ultraより派手派手感も抑えめでちょうどいいです。

確かに、定価25万円はちょっと高いのですが、非常にバランスのいいスマホに仕上がっています。
普段使いで使っているので、めっちゃ落としたりしてますが、結構頑丈で使いやすいのもメリット。

これは、一度騙されたと思って使ってみてほしいですね。
これは手放せなくなります。

Galaxy Z Fold2をチェックしよう!!

【特別賞】写真を撮る楽しさを味わえた、Xperia 1 II / Xperia 5 II

写真は手ごろな大きさが素敵なXperia 5 II

ランキングには入れられなかったんですが、Xperia 1 IIとXperia 5 IIを特別賞にしたいと思います。

スマホで写真を撮る楽しさを味わえたのは、Xperia 1 IIやXperia 5 IIでした。
とくにXperia 5 IIは手ごろな大きさがたまりません。

なぜベスト3に入らなかったかといえば、「動画撮影性能が微妙」だったからです。
Photo Proを使って写真を撮って、「あ!動画撮りたい」となっても標準カメラに戻るしかなかったり、音声が微妙だったり、動画撮影中にカメラを切り替えられなかったりと微妙なところは多々ありました。

ただし、Photo Proは非常に「楽しく」撮影できたのが魅力かなぁと思います。
あまり動画を撮らない、写真を撮ることが多い方は、Xperia 1 IIやXperia 5 IIがおすすめです。

来年はXperia 1 IIもXperia 5 IIも同時に出してほしいなぁ。
キャリア版もSIMフリー版も同時に出してくれればいいんですけど…

ベストバイガジェット(スマホ以外のPC・スマートウォッチなど) ベスト3!!

続いては、スマホ以外のPCやスマートウォッチなどで、ベスト3をご紹介します。

【第3位】wena 3 / Apple Watch Series 6

第3位は同一ランクインで、ソニーの「wena 3」とAppleの「Apple Watch Series 6」です。

この2つはドッキングして使っていますが、主に
・健康系のトラッキングはApple Watch Series 6
・Androidの通知(LINEなど)や決済系はwena 3
と使い分けていて、2台を持ち運ぶ私にとって非常に便利です。

以前は、FossilのWear OSスマートウォッチなど使っていて、iPhoneと2台持ちになったときは、FossilとApple Watchを2つつけたりもしてました。
でも、面倒なんですよね…

2台のスマホの通知を1ユニットにまとめられるwena 3Apple Watch Series 6のドッキングは最高。
特にiDなどは、Apple Watch Series 6ではなくwena 3を使うことで、使用前に決済サービスを時計側で選択することなく、店員さんに「iDで」というだけで決済できます。

このスマートウォッチの組み合わせは、ホント最高ですね。

【第2位】VLOGCAM ZV-1

第2位はSonyの「VLOGCAM ZV-1」。

個人的には、VLOG用途よりもYouTube Liveで生放送をする人たちにうれしいカメラだったのではないかと思います。

生放送で自分の顔を映す用途で主に使っていますが、だいぶクオリティが上がりました。
熱問題も解消し長時間利用可能。

外でVLOG用途で使うなら、もう少しバッテリーと画角は攻めてほしかった感じはありますが、生放送で使う用途であればばっちりです。

弱いところは自作のZV-2で生かしてほしいですね。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥81,736(2021/04/14 14:01:39時点 Amazon調べ-詳細)

【第1位】驚くべきすごい馬力。M1搭載のMacBook Pro 13インチ

スマホ以外部門の第1位は「MacBook Pro」。年末に届き、滑り込みで第1位に輝きました。

バタフライキーボードとメモリバカ食いの従来のMacBookシリーズは、使ってみたいなぁと思いながら手にする勇気が出なかったのですが…

M1はメディアの先行レビューの様子も違い、同じARM搭載のMicrosoftのSurface Pro Xを使ってて非常に興味があったので、結構迷いながら購入に至りました。

結論、最高ですね。
ゲーミングではない持ち運べるPCですが、ハイパフォーマンスで動画編集もできる最強モデル。
以前のスペックマシマシモデルよりも低価格で快適に使えるというのはすごいですね。

母艦デスクトップPCも、Macに置き替えたくなっています。
今のところは来年モデルまで待とうかなぁと思ってますが……。

使い始めて非常に衝撃的なPCでした。

例年より「買って衝撃を受けた」ことが多かった2020年

Galaxy Z Fold2も、M1搭載のMacBook Proもですが、例年より「買って使ってみたら衝撃を受けた」という経験が多かった年だったかと思います。

特に、Apple製品はiPhone 12 mini・Apple Watch series 6・M1搭載のMacBook Proと3製品も購入してて(iPad ProもMagic Keyboardを購入)、振り返ってみればかなりAppleに寄ってしまった感じもします。

来年はどんな面白いスマホやガジェットが出てくるでしょうか。非常に楽しみになってきました。

コメント