※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

eSIM初対応の「Xperia 10 III Lite」発売!!5G対応・Dual SIM運用可能!!対応バンドには注意

Xperia 10 III(2021)

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Sonyが、すでにNTTドコモ・au・Y!mobileから発売されているXperia 10 IIIのMVNO向け「Xperia 1 0 III Lite」を発表しました。

Xperia 10 IIIも使ってみて非常に価格とのバランスがよく、いい機種です。
さらに、今回の「Xperia 10 III Lite」は、Xperiaとして初めてのeSIMに対応! 楽天モバイルIIJmiopovoソフトバンク(Y!mobileLINEMO含む)のeSIMサービスが使えます。
物理SIMも1枚挿せるので、Dual SIMとして運用が可能ですね!

「Lite」と名前がついている通り、ストレージは64GBに、FMラジオなしと、少し機能が下がっているところもありますが、メモリは据え置きの6GBと非常にうれしいところ。

Xperia 10 III Liteについて、まとめていきます。

[2021/10/29更新] NUROモバイルNEOプランXperia 10 III Liteを購入すると、20,000円のキャッシュバックがもらえます!さらに、契約月を含め3ヶ月無料!!

スポンサーリンク

Xperia 10 III Liteの仕様・スペックまとめ!

Xperia 10 III Lite

それでは、Xperia 10 III LiteのXperia 10 IIIとの違いを簡単にまとめていきます。

Xperia 10 III Liteのスペックは、Xperia 10 IIIやXperia 10 IIとどう違う?

Xperia 10 III Liteのスペック上の違いは以下の通りです。

スペックXperia 10 III LiteXperia 10 IIIXperia 10 II
CPUSnapdragon 690 5GSnapdragon 690
5G
Snapdragon 665
メモリ(RAM)6GB6GB4GB
ストレージ(ROM)64GB128GB64GB
ディスプレイ6.0インチ
有機EL Full HD+
6.0インチ
有機EL Full HD+
6.0インチ
有機EL Full HD+
大きさ68x154x8.3mm
169g
68x154x8.3mm
169g
69x157x8.2mm
151g
メインカメラ標準 12MP
望遠 8MP
超広角 8MP
標準 12MP
望遠 8MP
超広角 8MP
標準 12MP
望遠 8MP
超広角 8MP
5G対応5G Sub65G Sub6×
SIMnano SIM+ eSIMnano SIM x1nano SIM x2
(キャリア版は1枚のみ)
電池4500mAh4500mAh3600mAh
ラジオ×〇(Y!mobile版は×)

Xperia 10 III Liteは、Xperiaとして初めてのeSIM対応となっています。
楽天モバイルIIJmiopovoソフトバンク(Y!mobileLINEMO含む)のeSIMサービスが使えます。

物理SIM(1枚)とeSIMでDual SIM運用ができます。
Xperia 10 IIでは物理SIM2枚のDual SIMができたのですが、Xperia 10 III Liteでは物理SIM1枚しかさせないのは注意。

対応周波数帯が少なめ…ドコモ・au回線での利用が現実的

ただし、Xperia 10 IIのSIMフリー版と比較すると、対応バンドが少なくなっている点には注意。
公式サイトの仕様上は、以下が対応バンドとなっています。

少なめな感じですね……。

各社の利用周波数帯と、Xperia 10 IIの対応周波数帯も比較した表は、下の通りです。

ソフトバンクのプラチナバンドである、Band 8には非対応となっています。
ソフトバンク回線(Y!mobileLINEMO含む) での利用は、エリアが狭まる可能性がありますので要注意。

また、5Gのn79も非対応です。
5Gエリアはまだ限定的なので、あまり気にしなくてもいいかもしれないですが、n78・n79を利用するドコモの5Gを利用したいかたは注意が必要かも。
(ドコモ版のXperia 10 III SO-52Bの5G周波数帯は、n78・n79は対応しています)

Xperia 10 IIIは非常に出来がよく感じる、バランスの良いスマホ!

Xperia 10 IIIについては当ブログでもレビューしています。
非常に出来がよく、バランスのいいスマホに仕上がっていますね!

開封レビューでは、基本的な動作感などもレビューしています。
このレビューではドコモ版を使っていますが、スピードテストをするとハイエンドモデル顔負けの高速通信ができたのが、非常にうれしいところ。

サイドセンス・マルチウインドウ機能は引き続き搭載されていますが、新機能の「ポップアップウインドウ」があまりにも便利すぎます。