3 Shares

DPT-RP1は、「Digital Paper App」をインストールした複数台のPCとペアリング・同時接続可能!GPD Pocketとの相性も抜群。

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

GPD PocketというサブPCを手に入れてセットアップしています。
デジタルペーパーDPT-RP1とサブPCであるGPD Pocketをペアリングしたら、メインPCとの接続は切れるのか、それとも同時接続ができるのか試してみました。

 
スポンサーリンク

複数台の同時接続は可能だった!

DPT-RP1に対して、メインPCとサブPCそれぞれで、同期が可能かどうかの検証を行いました。

インストールの手順については、DPT-RP1の初期設定のページにて詳説してあります。


手順としては、同じようにUSBで接続し、証明書をダウンロードする、という流れ。
これで、サブPCであるGPD Pocketにも同期することが出来ました。

そこで、メインPCのDigital Paper Appも立ち上げてみると…

このように、両方のPCのDigital Paper Appで接続が完了しています。
※この時は、GPD Pocket側はUSB接続でしたが、2台ともBluetooth接続でもちゃんと同期できます

一応、両方ともPC側の同期先フォルダーはOneDrive(Microsoftのクラウド)上のフォルダに設定しています。

ということは、サブPCとDPT-RP1だけ外出時にもっていっても、クラウドとの同期はできる、ということですね。
素晴らしい。

外出時にも気軽に、クラウドと同期できる!

外出時にも、小さいPC一台あればクラウドと同期できるなんて、まさにカミ!(紙と神かけてます)
というわけで、GPD PocketDPT-RP1の組み合わせ、おススメです。

DPT-RP1は2017/7/28現在品薄状態が続いています。平日の午前10時頃にソニーストアにアクセスすれば当日出荷分は購入できる可能性があります。出荷状況は随時こちらのページにアップしています。

ソニーストアでの購入はこちらから

※各ショッピングサイトでの検索はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で