MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

【9/29国内発売】Galaxy Z Fold4/Galaxy Z Flip4の情報・スペックまとめ!国内版もDual SIM+FeliCa、バンドフル対応!ドコモ・au・Flip4は楽天でも発売!軽量化、カメラ強化!!

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

画面折りたたみスマホであるGalaxy Z Foldシリーズの次期モデル「Galaxy Z Fold4」の情報が出てきました。

次世代モデルのGalaxy Z Fold4は、今までのGalaxy Z Foldシリーズの欠点であった「重さ」が改善し、軽く便利になったとのこと。

さらに、カメラは強化され、1台使いとしても非常に重宝しそうです。

今回は、Galaxy Z Fold4の情報をまとめていきます。

※情報が入り次第、随時更新していきます。

スポンサーリンク

Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4の国内販売情報まとめ。価格・日本版の仕様は?

Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4の国内版発売情報をまとめましょう。

Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4の価格まとめ

Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4の価格は以下の通り。

国内版NTTドコモau楽天モバイル
Galaxy Z Fold4249,700円
(2年返却時
実質148,060円)
249,960
(2年後返却時
実質149,040円)
Galaxy Z Flip4154,000円
(2年後返却時
実質86,680円)
※全契約▲5,500割引
159,870円
(2年後返却時
実質93,150円)
139,800円
購入先ドコモオンラインショップau Online Shop楽天モバイル

発売日は、いずれも9/29(木)となります。
例年よりも早い発売は、非常にうれしいですね!

nano SIM+eSIMのDual SIMに、国内キャリア版として初対応!対応バンドもばっちり!

今までの国内キャリア版Galaxyスマートフォンは、物理SIM1枚のみのSingle SIM構成でした。

Galaxy Z Fold4とGalaxy Z Flip4の国内版は、ついにDual SIMでの利用が可能となります!

NTTドコモのリリースページ

nano SIM+eSIMでのDual SIMに対応。
海外版でもアメリカ・韓国版など、Single SIMモデルはほぼなくなっていることもあり、世界で発売されているほとんどのGalaxy Z Fold4・Flip4で、Dual SIMで利用可能となっています。

対応バンドも、Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4ともに、他社プラチナバンド含め対応されています。
Dual SIMで使うにはばっちりですね!

高性能Galaxyスマートフォンでも、普通にDual SIM運用できるのは非常にうれしいですね。

おサイフケータイにももちろん対応!FeliCa+Dual SIMの最強端末

待望のFeliCa対応

Galaxy Z Fold3は、Foldシリーズ3代目として初めてのFeliCa対応。
Suica・PASMO, iD, QUICPayや、nanaco, WAON, 楽天Edyといったおサイフケータイ機能を利用できます。

iPhoneもnanaco・WAONへの対応し、スマホにおサイフケータイ(FeliCa)が乗るのが当たり前になった今日。
Galaxy Z Fold4が、マニア向けではなく、一般人でも気軽に手にできるスマホとして浸透してほしいですね!

また、日本国内でも需要の高い、防水にもIPX8に対応しています。
防水は、グローバルモデルでも対応されます。

Galaxy Z Fold 4の情報・スペックまとめ

Galaxy Z Fold4についてまとめていきます。

Galaxy Z Fold4

Galaxy Z Fold4はいち早く入手し、開封レビュー記事書いております。

Galaxy Z Fold4の外観

Galaxy Z Fold4は先代のGalaxy Z Fold3から大きな変化はないものの、縮尺が変更されます。

Galaxy Z Fold4

開いた時の寸法は、155.1×130.1×7.1mm。
Galaxy Z Fold3は158.2×128.1×6.4mmでしたので、少しだけ正方形方向に近づきます。
厚さも少し増すのですね。

開いた時のアスペクト比は、Galaxy Z Fold4は6:5(Fold3は5:4)となっています。
(21.6:18=6:5)

カバーディスプレイの縮尺は、Galaxy Z Fold4は23:9となります。
Galaxy Z Fold3の24.5:9よりは少し縦幅が短くなる、と思ってよさそうですね。
(対角線のインチ数としては変更なしのようです)

Sペンは引き続き対応!Sペン収納ケースは収納位置改善!

Galaxy Z Fold4の製品画像と一緒にSペンが映っており、Sペンにも対応しております。

Galaxy Z Fold4

Sペンも収納できるケースも発売予定です。
ペンの収納部は、Galaxy Z Fold3の時と異なり、ヒンジ近くのカメラ側の面になっています。
横幅が広がるような位置ではなくなったので、より使いやすくなったと思っていいでしょうか。

Standing Cover with Pen

Sペン収納付きカバーは、「Standing Cover with Pen」として発売されます。
キックスタンドがついており、最大55度までの角度調整が可能とのこと。これは便利ですね!

カメラも強化!メインカメラは5000万画素搭載、望遠の3倍ズームはGalaxy史上最強

Foldシリーズのカメラは、Sシリーズに比べ少し貧弱な印象がありましたが、強化されています。

Galaxy Z Fold3までは1200万画素(12MP)3レンズの構成でしたが、Galaxy Z Fold4はメインカメラが5000万画素(50MP)に上がります。
構成としては、Galaxy S22などに近い構成ですね。30倍スペースズームに対応。

カメラ部分のデザインは、Galaxy Z Fold3と同じ小さなアイランド式デザインです。
夜景など暗い環境でもきれいに、さらに光学式手振れ補正(OIS)とデジタル手振れ補正(VDIS)の合わせ技で、強力な手振れ補正を実現します。

標準カメラの50MP(5000万画素)では、高解像度の写真としても撮影可能。
ディティールエンハンサー機能で、奥行きとシャープネスを調整し、写真を鮮やかに表現します。

フロントカメラは、メインディスプレイ側はFold3同様アンダーディスプレイカメラ(画面埋込式カメラ)。
カバーディスプレイ側は10MPのパンチホールカメラとなります。

メインディスプレイ側のインカメラの画面埋込は改良されており、より目立ちにくく、ゲームや動画を楽しむ際にも没入感を楽しめるとのこと。

Galaxy Z Fold4ならではなのは、開いた状態でプレビューを確認できるデュアルプレビュー機能や、撮影した写真をすぐ確認できるキャプチャービュー機能にも対応している点です。
メインカメラでも、自撮りできてしまうのが便利ですよ!

バッテリー容量は変わらず4,400mAh。充電速度は25W超急速充電に対応?

Galaxy Z Fold4のバッテリー容量は、Fold3から変わらず、4400mAhとなっています。

対して、Galaxy Z Flip4のほうは3,700mAhと、Flip3の3,300mAhより増加しています。

Galaxy Z Fold3では15Wまでの急速充電に対応していましたが、Galaxy Z Fold4では、25Wに対応しています。

25Wの超急速充電(PPS充電)に対応しています(Super fastcharging)。

3.3-11.0V/2.25Aと表記がある充電器で、超急速充電を楽しめます。
(45Wの超急速充電2.0には対応していません)

ヒンジを1つにして軽量化

Galaxy Z Fold4はヒンジの構造をシンプルにして、軽量化を図っています。

Galaxy Z Fold3は、ギアを用いた構造
Galaxy Z Fold4では、連結構造によりスリム化

Galaxy Z Fold4では、連結構造によるヒンジのスリム化により、全体的に軽くなっています。
耐久性は向上しているとのこと。

重さは263g。Fold3の273gと比べて、10g軽くなっています。

Galaxy Z Fold4のスペックまとめ。価格もGalaxy Z Fold3より安くなる?

現時点で判明している、Galaxy Z Fold4のスペックをまとめると以下の通り。

Galaxy Z Fold4のスペック

項目Galaxy Z Fold4Galaxy Z Fold3
大きさ開 130.1×155.1×7.1mm
閉 67.1×155.1×14.2 mm
263g
開 128.1×158.1×6.6mm
閉 64.8×158.1×14.5mm
273g
メインディスプレイ7.6インチ 6:5
QXGA+ 120Hz
AMOLED
7.6インチ 5:4
QHD+ 120Hz
AMOLED
サブディスプレイ
(カバーディスプレイ)
6.2インチ 23:9
120Hz AMOLED
6.2インチ 24.5:9
120Hz AMOLED
CPUSnapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 888
メインカメラ50MP(広角)
+12MP(超広角)
+10MP(3倍望遠)
12MP(広角)
+12MP(超広角)
+12MP(2倍望遠)
フロントカメラ4MP(メインディスプレイ)
⇒画面埋込
10MP(カバーディスプレイ)
⇒パンチホール
4MP(メインディスプレイ)
⇒画面埋込
10MP(カバーディスプレイ)
⇒パンチホール
バッテリー4,400mAh
超急速充電25W対応
ワイヤレス充電(逆も)対応?
4,400mAh
ワイヤレス充電・リバース充電対応
メモリ(RAM)12GB12GB
ストレージ(ROM)256GB/512GB256GB/512GB
(国内版256GB)
防水IPX8IPX8
おサイフケータイ国内版のみ対応
Sペン対応(別売)対応
(2種類のSペンが別売り)

Galaxy Z Fold4の本体カラー

本体カラーは、ベージュ・グレイグリーン・ファントムブラックの3色が登場します。

Galaxy Z Flip4も発表予定!Galaxy Z Flip4の情報・スペックまとめ

Galaxy Z Flip4も合わせて発売されます。
Galaxy Z Flip4の情報を簡単にまとめていきます。

Galaxy Z Flip4の端末画像

Galaxy Z Flip4は、見た目ではGalaxy Z Flip3とあまり変わりないです。
端末のカラーは、ボラパープル、グラファイト、ピンクゴールド、ブルーの4色。

より端末が頑丈に、また夜景撮影の写真が進化している点には注目です。

Galaxy Z Flip4のスペック

スペックは以下の通り。

項目Galaxy Z Flip4Galaxy Z Flip3Galaxy Z Flip
大きさ165.2×71.9×6.9mm166×72.2×7.3mm167x74x6.9mm
メインディスプレイ6.7インチ6.7インチ6.7インチ
サブディスプレイ1.9インチ1.9インチ1.1インチ
CPUSnapdragon 8+ Gen 1Snapdragon 888Snapdragon 865+
メインカメラ12MP+12MP12MP+12MP12MP+12MP
フロントカメラ10MP10MP10MP
バッテリー3,700mAh
25W超急速充電
ワイヤレス充電
3,300mAh
15W急速充電
ワイヤレス充電
3,300mAh
メモリ(RAM)8GB8GB/12GB8GB
ストレージ(ROM)128GB/256GB128GB/256GB256GB
Sペン非対応非対応非対応

CPUがグレードアップする点と、25W急速充電に対応している点が進化しています。

バッテリーも3,700mAhに増えているのはGoodですね!

Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4の国内販売も期待!キャリア版でも、他社バンド対応・eSIMに対応しての登場なるか?

Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4は、8月10日海外発表、8月26日発売されます。

今回の発売スケジュールは、
・8/10に海外発表・8/25から海外発売
・9/8 国内版発表
・9/29 国内版発売

国内版は9/29発売!国内版の発表日と発売日、発売キャリア、認証通過情報

Galaxy Z Fold4は、例年より早く2022年9月8日に国内発表されました。
発売は2021年9月29日。発売日も例年より早く、非常にうれしいですね。

Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4の価格まとめ

国内版Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4の価格を改めてまとめていきます。

NTTドコモau楽天モバイル
Galaxy Z Fold4価格未定249,960
(2年後返却時
実質149,040円)
Galaxy Z Flip4価格未定159,870円
(2年後返却時
実質93,150円)
139,800円
購入先ドコモオンラインショップau Online Shop楽天モバイル

そして、国内でもXperia 1 IVAQUOS R7などで、nano SIM+eSIMの他社プラチナバンド対応Dual SIMモデルがNTTドコモを含むキャリア版としてリリースされ始めています。

この流れも汲みながら、国内キャリア版Galaxyスマホとして、初めてDual SIM+おサイフケータイ(FeliCa)での利用が可能。
非常に使える幅が広がりますね!

認証通過情報

NTTドコモau楽天モバイル?
IECEE CB証明
(Demko)
SC-54C(7/29, 6/28)
→Galaxy Z Fold4
SC-55C(6/20)
→Galaxy Z Fold4
SCG17(7/29, 6/28)
→Galaxy Z Flip4
SCG16(6/20)
→Galaxy Z Fold4
SM-F721C(7/29, 6/28)
→Galaxy Z Flip4
Qi認証SGH-N732 or 739(8/24)
→Galaxy Z Flip4
TWY(8/24)
→Galaxy Z Flip4
SGH-N732 or 739(8/24)
→Galaxy Z Flip4

Galaxy Z Fold4・Galaxy Z Flip4とも、昨年も発売実績のあるNTTドコモauの型番で通過されています。

Galaxy Z Flip4では、「SM-F721C」という、末尾Cの型番も一緒に通過しています。
楽天モバイルにて、Galaxy Note10+ SM-N975CGalaxy S10 SM-G973Cというメーカー型番で発売実績があり、楽天モバイルでの取り扱いも可能性があります。

海外版の発表日と発売日[8/10発表]

海外版の発表日・発売日については、発表日は公式サイトにて「8月10日9:00AM(ET)」(日本時間8月10日夜10時)からとなります。

8月26日から発売開始されます(シンガポール・韓国・アメリカ・イギリス)。
香港・台湾は9月2日発売の模様です。

海外版の周波数対応、国内提供バンドは以下の通りになっています。

海外版を購入できる、主なサイトの価格は以下の通りです。

ETORENカラーイオシス
(香港版)
ETOREN
(国際版)
Expansys購入先
Galaxy Z Fold4
SM-F936B 256GB
Beige, Graygreen,
Phantom Black
台湾版:
発売前
香港版:
279,800円
243,900円国際版:
229,670円
香港版:
255,816円
イオシス
ETOREN
Expansys
Galaxy Z Fold4
SM-F936B 512GB
Beige, Graygreen,
Phantom Black
香港版:
299,800円
257,400円香港版:
274,487円
イオシス
ETOREN
Expansys
Galaxy Z Fold4
SM-F936B 1TB
Beige, Graygreen,
Phantom Black
香港版:
発売前
308,100円香港版:
344,519円
イオシス
ETOREN
Expansys
Galaxy Z Flip4
SM-F721B 128GB
Bora purple, Blue,
Pink Gold, Graphite
台湾版:
発売前
143,000円イオシス
ETOREN
Galaxy Z Flip4
SM-F721B 256GB
Bora purple, Blue,
Pink Gold, Graphite
香港版:
159,800円
152,100円香港版:
151,239円
イオシス
ETOREN
Expansys
Galaxy Z Flip4
SM-F721B 512GB
Bora purple, Blue,
Pink Gold, Graphite
香港版:
177,800円
169,100円香港版:
168,049円
イオシス
ETOREN
Expansys

為替を考えれば、各モデル妥当な価格かと思います。

ETORENでは関税・輸入消費税込の価格となっています。送料は別途3,300円程度必要です。

ちなみに、昨年のGalaxy Z Fold3の発売当初の価格も別記事で更新していますが、あまり変わらない価格です。海外版の定価はあまり変わらないことを考えると、頑張ったほうなのではないかと思います……。

Expansysは、Galaxy Z Fold4で比較的安価な東南アジア版(SM-F936B)を取り扱います。
256GBのみで、価格は229,670円。発送開始は8/29の予定。
香港版は9/5からの発送となるとのことです。

イオシスでは現在予約受付中、毎年いち早く輸入販売されております。
最速入荷は9/2の予定。イオシスでは、香港版・台湾版を取り扱います。

ETORENで取り扱われるのは、シンガポール向けの海外版(SM-F936B、SM-721B)となります。
Expansysでは、香港版(SM-F9360、SM-F7210)が取り扱われると思われます。

Galaxy Z Fold4のレビュー記事まとめ

Galaxy Z Fold4やGalaxy Z Fold3・Fold2をMATTUが実際に購入し、レビュー記事を書いています。

Galaxy Z Fold4のレビューまとめ

【Galaxy Z Fold4 最速!開封レビュー】ベージュの高級感がたまらない!Galaxy Z Fold3との違いを徹底比較!
Galaxy Z Fold4がいよいよ発売されます。画面が折りたためる、開くと小型タブレット、閉じるとスマホとして、様々なシーンで使えるスマートフォンです。美しい色合いや高級感も相まって、非常に魅力的なスマホに仕上がっています...