MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

Galaxy S21 Ultraに薄くて頑丈なケースを!!PITAKA MagEZ CaseとAir Caseレビュー[PR]

Galaxy S21

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ついに、NTTドコモからGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bが発売されます。
今回のGalaxy S21 Ultraは、Sペン対応、カメラも望遠が2つもついて、0.6倍から30倍ぐらいまでは実用できます。
これ一台持っておけば、だいたいどんなシーンでも使える、最強スマホです。

そんな、Galaxy S21 Ultraですが、ひとつ欠点をあげるとすれば「重い」でしょう。
Galaxy S21 Ultraにさらにケースをつけると、大きく・重くなってしまうのは大変です。

PITAKAの発売するPITAKA MagEZ CasePITAKA Air Caseは、100%アラミド繊維でできています。
飛行機などにも利用されている、軽くて頑丈な素材です。

ケースをつけていても、まるでケースをつけていないような持ち心地で、「ケースをつけると、さらに大きく重くなってしまう…」というような悩みも解決できますね!

今回は、Galaxy S21 Ultra用のPITAKA MagEZ CasePITAKA Air Caseを、PITAKA様よりご提供いただきましたので、装着感をレビューしていきます。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

スポンサーリンク

マグネット充電OK!!車でも「くっつけるだけ」で充電可能、軽くて丈夫なPITAKA MagEZ Case

まずは、PITAKA MagEZ Case

PITAKA MagEZ Caseのパッケージ

美しい肌触り。まるでケースをつけていないかのような軽さ

PITAKA MagEZ Caseは、なんと16gという超軽量。

ケースだけで16g、とは、かなり軽い
スマホを装着すると244g

Galaxy S21 Ultra本体(本体のみで229g)を装着しても、244gと、まるでケースをつけていないよう。

カメラ部は、段差まで立体的に成形して守られている

カメラの部分は、段差まで立体的に成形されていて守られています。
レンズの近くまで覆われていますが、映り込みはありませんでした。

側面は、音量・電源ボタンのわずかなエリア以外は完全防備

側面は、ボタンの場所のみ露出していますが、丸みを帯びたスマホであれば長期間使用しても傷がつくことはほとんどないでしょう。
Galaxy Note10+など、1年間メイン使用したスマホでも、ほとんど傷がついていません。

上下も、最低限のところ以外は完全防備

実際に手で持ってみても、スマホの厚みや横幅の太さをあまり感じさせません。

背面はアラミド繊維、肌触りもいい

ケースはアラミド繊維でできています。
飛行機や防弾チョッキなどでも使われる、非常に軽くて丈夫な素材です。

肌触りも滑らかで、カーボンファイバーのようなデザインはかっこよさも感じます。

マグネットにくっつけるだけ!簡単にワイヤレス充電できる!

PITAKA MagEZ Caseは、マグネット充電ができるのも魅力です。

PITAKA MagEZ Mount Qiを利用してマグネット充電OK(写真は卓上用)

ケースの中にメタルプレートが内蔵されており、「MagEZ Mount Qi」の車載充電器・卓上充電器を利用して充電可能です。

とくに車を乗り降りするときなど、充電器に磁石でくっつけるだけで固定・充電できるのは便利すぎます。

なお、Galaxy S21 Ultraはカメラのサイズが大きいため、マグネット充電器「PITAKA MagEZ Mount Qi」側にはGalaxy S21 Ultra専用のアダプター、またはGalaxy S21 Ultra対応のPITAKA MagEZ Mount Qiが必要です。
(Galaxy S21 Ultra対応MagEZ Mount Qiは、アダプターと充電器本体がセットになっています)

カメラが大きいので、上部を支えるマグネットアダプターが必要

アダプターなしの場合、一応充電は可能ですが、車載で利用する場合に注意が必要です。
揺れの多い場面では磁石の接地面積が小さいため、取れる可能性があります。
出来るだけ、Galaxy S21 Ultra用のアダプタを装着することをおすすめします。
(充電器本体をすでにお持ちの方は、Galaxy S21 Ultra用のアダプタのみ購入することもできます)

「PITAKA」Galaxy S21/S21 UltraのMagEZ Case専用 ワイヤレス充電器 MagEZ Mount Qi 車載スマホホルダー マグネット式 アラミド繊維製 カーボン風 エアコン吹き出し口用 360度回転
PITAKA

「ケースなんてつけたくない」派にもおススメ。さらに細かい編み目で肌触りが美しいPITAKA Air Case

もう1種類はPITAKA Air Case

PITAKA Air Caseのパッケージ

600Dの細かい編み目がステキ。肌触りが最高

先ほどのPITAKA MagEZ Caseは1500Dと、少し編み目が太めでした。
PITAKA Air Caseは600Dと一段と細かい編み目となっています。

左:Air Case、右:MagEZ Case。編み目がだいぶ細かい

一度触ると病みつきになる、非常にすべすべで滑らかな肌触りは最高です。

マグネット充電より軽さを求めるあなたに。驚異の「10g」という軽さ

さらに驚きなのは、軽さです。

ケース単体で9g
スマホをつけても238g

PITAKA Air Case単体での重さは9g。

Galaxy S21 Ultra装着時でも238gと、非常に軽いです。

さらに、厚さも0.65mmと非常に薄く、本当にケースを付けていないような感覚。
手触りもよく、満足して使えます。

PITAKA MagEZ Caseとの差は6g程度ですが、スマホを装着した状態でもこの重さの差は案外わかるものです。
やっぱり、1gでも軽い方がいい、というのは真理。

なお、PITAKA Air Caseでもワイヤレス充電は可能ですが、メタルプレートは内蔵されておらず、マグネットにくっつけて充電することはできません。

マグネットは使えないが、「置くだけ」の充電器であれば充電可能

つけていることを忘れるPITAKAのアラミド繊維ケース…マグネット充電と軽さ、どちらを選ぶ?

PITAKA MagEZ Caseは、メタルプレートが埋め込まれていて、とくに車によく乗る方は簡単に充電できるのが非常に便利。

一方、PITAKA Air Caseは、さらに細かい編み目、軽いケースで、本当にケースをつけていることさえ忘れてしまいます。
マグネットには対応していませんですが、ワイヤレス充電で「充電器に置くだけで充電」はちゃんと楽しめます。

ひとつ欠点をあげるとすれば…

S21 Ultraを<br>買った人
S21 Ultraを
買った人

Galaxy S21 Ultraを使うのに、Sペンの収納口がない……。

ですが………

個人的には、書き心地のいいLamy AL-star EMR Digital Pen Stylus Penなどを使って、胸ポケットに忍ばせておくのをおすすめします。
細いペンをケースにつけておくより、格段に書きやすいSペンです。

どちらのケースを使いたいですか?
私は車に乗る頻度が多いので、PITAKA MagEZ Caseがメインになりそうです。

ぜひ、PITAKAのケースを使ってみてくださいね!

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

Galaxy S22シリーズ・S21シリーズのレビューと価格

Galaxy S22・S22 Ultraを買えるところ

国内版

国内版はNTTドコモauから、Galaxy S22 Ultra・Galaxy S22の2機種を発売されます。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S22 5GSC-51C
127,512円 4/21発売
(MNP/機変/契変 5,500円引)
SCG13
125,030円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB(~5/11))
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52C
183,744円 4/21発売
SCG14
178,820円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB)
※auは22歳以下の新規でさらに10,000円CB

詳しくは、Galaxy S22シリーズのまとめ記事で順次更新しています。

【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

海外版

モデルExpansysETORENイオシス
(国内からの発送)
Galaxy S22 Ultra 5G256GB 174,892円
512GB 194,890円
1TB 228,889円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
128GB 153,700円
256GB 170,300円
512GB 186,900円
(eSIMモデルのSM-S908E)
256GB 164,800円
512GB 184,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
Galaxy S22 5G128GB 104,892円
256GB 112,890円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
128GB 110,900円
256GB 123,100円
(eSIMモデルのSM-S901E)
256GB 109,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
Galaxy S22+ 5G256GB 139,892円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
128GB 138,900円
256GB 151,000円
(eSIMモデルのSM-S906E)
256GB 139,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
購入先Expansys
(税込・送料無料)
ETOREN
(税込・
送料別+2,000円)
イオシス
(税込・送料別+640円)

Galaxy S21・S21+・S21 Ultraを買えるところ

国内版

NTTドコモGalaxy S21 5G SC-51BGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bを発売中。
auが、Galaxy S21 5G SCG09Galaxy S21+ 5G SCG10を発売中。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

Galaxy S22 UltraやSペン内蔵スマホのレビュー

Galaxy S22 Ultraを購入し、気になったところやカスタマイズのレビューをしています。
ぜひご参考にしてください。

全体レビュー

Galaxy S22 Ultraついにドコモ・auから発売!一足早く1か月使って感じた、3つの感動ポイント
Galaxy S22 Ultraがいよいよ国内発表されました。日本国内では、ドコモ・auから4/22より発売開始されます。待ち焦がれた発表でしたね!私MATTUは、国内版発売より一足早く、Galaxy S22 Ultraの海外...
【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

Sペンでメモ

Sペン内蔵は正義!Galaxy S22 Ultra、ペンの書き心地と便利な機能を徹底レビュー!
Galaxy S22 Ultraの一番の魅力といえば、なんといっても「Sペンが内蔵したこと」ではないでしょうか。昨年のGalaxy S21 Ultraは、Sシリーズとしては初めてSペンに対応したものの、スマホ本体に内蔵すること...