MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

【Galaxy S20 Ultra】カメラレビュー!!遠くまできれいに撮れるカメラ, 弱点はやっぱりピント…

Galaxy S20

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy S20シリーズはカメラにかなり力が入っています。
スペックシートでは「1億画素」「光学10倍ズーム」(Galaxy S20Galaxy S20+では「光学3倍」)というように望遠にかなり力を入れた構成になっています。
ただし、結構色味など撮れる画も変わっていて、写真を撮っているとサムスンがアピールしているポイントとは異なるところで、気になるところも。

今回、Galaxy S20 Ultraをじっくり2週間、主にGalaxy Note10+やiPhone 11 Proなどと撮り比べてみました。
いままでのGalaxyシリーズとは異なる、カメラの長所・短所を簡単にレビューしていこうと思います。

※日本で発売されるGalaxy S20Galaxy S20+とは、カメラの拡大倍率など、少し異なる部分はあります。
ただ、Galaxy S20シリーズの画作り・色味などの傾向は似ていますので、ぜひ参考にしてください。

項目Galaxy S20 5G
SC-51A
(NTTドコモ)
Galaxy S20 5G
SC-51A
(ahamo)
Galaxy S21 5G
SC-51B
(NTTドコモ)
Galaxy S21 5G
SC-51B
(au)
MNP契約57,200円
(▲22,000)
57,200円99,792円80,010円
(▲22,000)
新規契約79,200円
+20,000pt還元
(実質59,200円)
57,200円99,792円91,010円
(▲11,000)
機種変更
契約変更
68,200円
(▲11,000)
68,200円99,792円102,010円
+5,500円CB
(実質96,510円)

スポンサーリンク

遠くまで、気づけなかった細かいところまで撮れるカメラ

Galaxy S20シリーズは、今までのカメラより「遠くをきれいに撮れるカメラ」に進化しています。

とくにGalaxy S20 Ultraの望遠性能は、すごい!

今回2週間使ってきたGalaxy S20 Ultraでは特にそうで、光学10倍を搭載し非常にきれいに撮れます。
30倍や100倍でも少し荒くなりますが撮影することはできます。

広島県尾道市の尾道水道の風景を、各倍率で撮り比べてみました。

Galaxy S20 Ultra 超広角(0.5倍)


Galaxy S20 Ultra 標準(1倍)


Galaxy S20 Ultra 2倍


Galaxy S20 Ultra 4倍

Galaxy S20 Ultra 光学10倍

Galaxy S20 Ultra 30倍


Galaxy S20 Ultra


30倍より上は結構粗が目立ちますが、10倍までであればきれいに撮れました。
外の風景は本当にきれいに撮れます。

108MPモード(1億画素モード)

Galaxy S20 Ultraの標準カメラは108MP(1億画素)を搭載しており、高繊細な写真を撮影することもできます。

ここをクリックすると、下の写真の元画像を開きます

ここの、池のほとりにある木を拡大すると…

こんな感じで、通常モードと1億画素モードで全然見え方が異なるのがわかります。
高繊細の魅力はこういうところに出てきますね。

さらに拡大するとさすがに葉っぱが塗り絵のような描画になり、無限にくっきりきれいに映るわけではありませんが、かなり遠いところでもきれいに映るのはすごいと思います。

マクロ撮影や室内・食べ物の撮影は苦手…

続いては、Galaxy S20 Ultraの苦手なシーンを見ていきましょう。

桜をマクロで…ピントがなかなか合わない…マクロや暗所では写真を撮りにくい

Galaxy S20 Ultraでマクロ撮影を行うと、ある程度の距離までは比較的ピントが合いやすいです。

Galaxy S20 Ultra マクロ撮影(桜・比較的引き気味)


そこそこ引いた写真であれば、ピントが合った美しい写真が撮れるのですが、ここからさらに寄ると…

Galaxy S20 Ultra マクロ撮影(限界まで寄って撮影)


何枚とってもピントが合わず、上手く撮れません。
とくに春先のサクラの撮影においては、風の強い日も多く、瞬時にピントが合うというのは非常に大事な要素です。

開封レビューの方でも解説しましたが、明暗の環境はあまり関係なくピントが合いにくい印象はあります。

ドアップでマクロ撮影したい場合におすすめなのは、「2倍ズームにして撮影する」という方法です。

Galaxy S20 Ultra マクロ撮影(2倍ズームに合うように寄って撮影)


Galaxy S20シリーズは望遠ズームが光学3倍(Ultraは10倍)のため、2倍で撮影しても標準レンズの画像を切り出して保存されるような形になります。
つまり、1倍で撮っても2倍で撮っても、色味に差はあまりありません。

2倍で撮影したほうが物体からは離れて撮影できるため、ピントもあいやすくなります。
私も撮影してみましたが、ほとんど失敗せず撮ることができました。

ピントが合わずに失敗する…という場合は、2倍ズームでも試してみてください。

※なお、上の写真たちはすべてGalaxy S20 Ultraに2020年3月24日に配信された修正アップデート後の撮影です。
AF改善されているという声もありますが、私が撮った限りそこまで修正された感じには思いませんでした。

Galaxy S20 SC-51Aを店頭で試し撮りしてみましたが、こちらもピントは甘い印象を受けました。

食べ物の写真、AIモードONにすると結構黄色みが乗る

Galaxy S20 Ultra AIモードON(フードモード)

Galaxy S20 Ultra AIモードOFF

食べ物を認識すると、一気に黄色みが乗ります。
上はマグロユッケ(温泉玉子解体前)ですが、どの食べ物でも同じ感じ。

この例だと自然にも見えますが、不自然に乗る場合もあり…

Galaxy S20 Ultra AIモードON(フード)


このケーキ、さくらのケーキで、もともとどちらかというとピンク色をしていました。
黄色が乗ることで、オレンジ色の、ミカンのケーキ?と一瞬錯覚するほどの色に仕上がっています…

被写体によってかなり差が出ますね。

同じ傾向があったのはHUAWEI P30 Proでした。
ただ、HUAWEI P30 ProはAIモードをOFFにすると少しボケ気味の写真になるのに対し、Galaxy S20 Ultraはきっちり締まった写真になるのはうれしいです。

先ほどのマグロユッケ、Galaxy Note10+ではこんな感じ。

Galaxy Note10+ AIモードON(フード)


Galaxy Note10+はフード認識すると、黄色みが乗るというよりは全体的に明るくなる感じです。
不自然な写真ではないのはいいかなぁと思います。

室内では暗め。食べ物と認識すると皿の周辺がボケやすい

食べ物の中心はきれいですが、周辺のお皿の縁がボケやすいです…

Galaxy S20 Ultra 室内でフード撮影


この傾向がいいのかはよくわからないですが、個人的にはあまり好きではないです…

Galaxy Note10+ 室内でフード撮影


室内で撮影すると、食べ物だけでなく人物の顔も含めて暗めに撮れる傾向にあると思います。

映る世界が広がる、カメラの未来を示すGalaxy S20

いままでスマホが映すことがなかった、光学10倍、デジタル100倍という未来に挑戦したという意味では非常に面白いカメラだと思います。
Galaxy S20Galaxy S20+では光学3倍、デジタル30倍ですが、30倍の世界をのぞけるというのはなかなか面白いですよね。

望遠レンズをたくさんつけるだけでなく、画素数をあげることによって遠くの見えなかったものをみえるようにする、というアプローチは、今までも行われてきたアプローチではありますが、あえて大きい画素を載せるというのは大胆ですね。

個人的には、色の調整がちょっと…とは思いますが、それでもかなりきれいに撮れています。

ズームなど細かい違いはありますが、Galaxy S20 Ultraの色味など写真の味付けはGalaxy S20Galaxy S20+と似ていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Galaxy S20の展示機とAQUOS R5Gの展示機でも撮り比べてみましたが、やはり色の傾向が違うのがよくわかります。

室内を撮るとAQUOS R5Gのほうが黄色みが出ているのがわかりますね。
個人的には、Galaxy S20のほうが好きです。

私も、AQUOS R5GやGalaxy S20の実機でも比較してみたいと思っています。
入手次第レビューも行っていきますので、お楽しみに!!

その他の操作性・使い勝手に関しては、「【Galaxy S20】Ultraを2週間使って感じた絶妙な使いやすさ!!これは名機かも」でレビューしています。
ぜひご覧ください。

項目Galaxy S20 5G
SC-51A
(NTTドコモ)
Galaxy S20 5G
SC-51A
(ahamo)
Galaxy S21 5G
SC-51B
(NTTドコモ)
Galaxy S21 5G
SC-51B
(au)
MNP契約57,200円
(▲22,000)
57,200円99,792円80,010円
(▲22,000)
新規契約79,200円
+20,000pt還元
(実質59,200円)
57,200円99,792円91,010円
(▲11,000)
機種変更
契約変更
68,200円
(▲11,000)
68,200円99,792円102,010円
+5,500円CB
(実質96,510円)

Galaxy S22シリーズ・S21シリーズのレビューと価格

Galaxy S22・S22 Ultraを買えるところ

国内版

国内版はNTTドコモauから、Galaxy S22 Ultra・Galaxy S22の2機種を発売されます。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S22 5GSC-51C
127,512円 4/21発売
(MNP/機変/契変 5,500円引)
SCG13
125,030円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB(~5/11))
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52C
183,744円 4/21発売
SCG14
178,820円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB)
※auは22歳以下の新規でさらに10,000円CB

詳しくは、Galaxy S22シリーズのまとめ記事で順次更新しています。

【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

海外版

モデルExpansysETORENイオシス
(国内からの発送)
Galaxy S22 Ultra 5G256GB 174,892円
512GB 194,890円
1TB 228,889円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
128GB 153,700円
256GB 170,300円
512GB 186,900円
(eSIMモデルのSM-S908E)
256GB 164,800円
512GB 184,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
Galaxy S22 5G128GB 104,892円
256GB 112,890円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
128GB 110,900円
256GB 123,100円
(eSIMモデルのSM-S901E)
256GB 109,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
Galaxy S22+ 5G256GB 139,892円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
128GB 138,900円
256GB 151,000円
(eSIMモデルのSM-S906E)
256GB 139,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
購入先Expansys
(税込・送料無料)
ETOREN
(税込・
送料別+2,000円)
イオシス
(税込・送料別+640円)

Galaxy S21・S21+・S21 Ultraを買えるところ

国内版

NTTドコモGalaxy S21 5G SC-51BGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bを発売中。
auが、Galaxy S21 5G SCG09Galaxy S21+ 5G SCG10を発売中。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

Galaxy S22 UltraやSペン内蔵スマホのレビュー

Galaxy S22 Ultraを購入し、気になったところやカスタマイズのレビューをしています。
ぜひご参考にしてください。

全体レビュー

Galaxy S22 Ultraついにドコモ・auから発売!一足早く1か月使って感じた、3つの感動ポイント
Galaxy S22 Ultraがいよいよ国内発表されました。日本国内では、ドコモ・auから4/22より発売開始されます。待ち焦がれた発表でしたね!私MATTUは、国内版発売より一足早く、Galaxy S22 Ultraの海外...
【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

Sペンでメモ

Sペン内蔵は正義!Galaxy S22 Ultra、ペンの書き心地と便利な機能を徹底レビュー!
Galaxy S22 Ultraの一番の魅力といえば、なんといっても「Sペンが内蔵したこと」ではないでしょうか。昨年のGalaxy S21 Ultraは、Sシリーズとしては初めてSペンに対応したものの、スマホ本体に内蔵すること...
手書きメモアプリ「Galaxy Notes(Samsung Notes)」がすごい!Windows PCやタブレットとの連携で、どこでも高機能にメモ!【Gakaxy S22 Ultra レビュー】
Galaxy S22 UltraでSペンが内蔵され、「Galaxy Noteが戻ってきた!」と喜ぶ方も多いでしょう。私MATTUも、メモがはかどるのが心地よく、メモしまくっております。ただ、このメモ機能がGalaxy S22 ...