※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

Galaxy S20 Ultra 開封レビュー!!1億画素で最高100倍できるカメラ,苦手なシーンもある?

Galaxy S20

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

SamsungがGalaxy S20シリーズを全世界で発売しました。
スマホファンの大注目は、なんといっても1億画素搭載・最大100倍ズームができるGalaxy S20 Ultraでしょう。
日本での発売は怪しい雲行きになっていますが、そそられる端末になっていることは間違いありません。

海外版をいち早く入手したリスナーのDboyさんに、端末を2週間ほどお貸しいただきました。
今回は開封レビューをお届けします。

項目Galaxy S20 5G
SC-51A
(NTTドコモ)
Galaxy S20 5G
SC-51A
(ahamo)
Galaxy S21 5G
SC-51B
(NTTドコモ)
Galaxy S21 5G
SC-51B
(au)
MNP契約57,200円
(▲22,000)
57,200円99,792円80,010円
(▲22,000)
新規契約79,200円
+20,000pt還元
(実質59,200円)
57,200円99,792円91,010円
(▲11,000)
機種変更
契約変更
68,200円
(▲11,000)
68,200円99,792円102,010円
+5,500円CB
(実質96,510円)

YouTube Liveでも開封レビューお届けしました!
アーカイブの視聴はこちらから!

スポンサーリンク

Galaxy S20 Ultraをじっくり見てみよう!大きいけど手にしっくりくる幅が魅力

Galaxy S20 Ultraをじっくり見てみましょう。

Galaxy S20 Ultraを観察!!


Cosmic Greyは、濃いめのグレー。カメラの存在感がかなりすごいですね。

一番下のレンズの右隣に「SPACE ZOOM 100X」と記載があるのですが、カメラでは映りにくいですね…
たくさんのレンズ・センサーがついており、カメラに力が入っていることがうかがえます。

画面向かって右側面にボタンが集約しています。
Galaxy S20シリーズもGalaxy Note10+と同様に電源キーとBixbyキーが統合されたサイドキーとなっています。
海外版を使う方は、サイドキー長押しでBixbyが初期設定となっているので、再起動はサイドキー+音量下を同時短押しするか、サイドキーの設定を変更しましょう。

ボタンが一つ減ったGalaxy S20・Note10+でスクリーンショットを撮る方法,電源を切る方法
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。 Galaxy Note10+やGalaxy Note10は、電源ボタンとBixbyボタンが統合されて「サイドキー」という一つのボタンになっています。 スクリーンショットは「電源」+「音量↓...

左側面には何もありません。

下面にはUSB Type-Cがあります。3.5mmイヤホンジャックは省略されています。

SIMトレイは上面にあります。

Dual SIM仕様ですが、Galaxy S20 UltraはeSIMも搭載されています。
2枚目のSIMとeSIMは排他仕様となっていて、3枚同時利用はできないようです。

Galaxy Note10+より持ちやすいかも。持った感じはiPhone XS Maxに似ている

大きさは、
Galaxy S20 UltraとGalaxy Note10+はほとんど同じ感じ。

若干縦に長いですが、幅はほとんど同じです。
角が丸い分、片手で持つ分にはGalaxy S20 Ultraのほうが持ちやすいでしょう。

ただし、220gと重いです…
ケースつけて持った感触はiPhone XS Maxと近いです。
iPhone 11 Pro Maxほど重くはないので、大きさ、重さともiPhone XS Maxぐらいかと思えばいいでしょう。

Galaxy S20 Ultraを使って感じたすごいところ

Galaxy Note10+をメインで利用しているMATTUが、Galaxy S20 Ultraを使って感じたところは…

画面内指紋認証のスピードがえげつない!精度が大幅に向上

Galaxy S20 Ultraの画面内指紋認証のスピードが凄すぎます。
YouTube Liveでも解説しているので、ご覧ください(指紋認証のシーンから再生されます)

Galaxy Note10+では認証後にエフェクトののち解除。
認証も度々失敗することがあったのですが…

Galaxy S20 Ultra