スマホ新料金プラン、続々スタート!最適なプランをシミュレーションして見直そう

Galaxy S21, S21+, S21 Ultraのスペックまとめ!!日本はいつ?UltraはSペンに対応!!

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

2021年版の新型「Galaxy S21」シリーズは少し早めに2021年1月15日に海外で発表しました。
毎年Galaxy Sシリーズが2月ごろに発表されていますが、例年よりも1ヶ月ほど早くお披露目されています。

Galaxy S21シリーズではガラスとメタルを融合したデザインが一新されただけでなく、Galaxy S21 UltraはSペンに対応。望遠レンズも3倍と10倍の2つつくなど、気合が入った仕上がりとなっています。

この記事では、Galaxy S21シリーズに関するスペックや国内発売に関する情報もまとめていきます。

情報が出てき次第、この記事で随時更新していきます。

[2021/2/14更新]EMV認証より、ドコモ版Ultraの型番がGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bとなることがわかりました。

[2021/2/5更新]Galaxy S21 Ultraのドコモ版・au版とみられる端末が、Bluetooth認証を通過しました。3モデルとも発売される、という線もだんだん濃くなってきました。

▼香港版入手したので、ファーストインプレッションレビューしています

▼海外版価格はこちら(2021/1/29現在)

機種バージョンETOREN
価格
イオシス
価格
Galaxy S21 Ultra
16GB-512GB
香港版SM-G9980(SD888)Silver,Black169,200円164,800円
国際版SM-G998B(Exynos2100)Silver,Black174,700円
Galaxy S21 Ultra
12GB-256GB
香港版SM-G9980(SD888)Silver,Black153,700円149,800円
国際版SM-G998B(Exynos2100)Silver,Black154,700円
Galaxy S21+
8GB-256GB
香港版SM-G9960(SD888)Silver,Black,Violet127,600円124,800円
国際版SM-G998B(Exynos2100)Silver,Black,Violet129,400円
Galaxy S21
8GB-256GB
香港版SM-G9910(SD888)Grey,Pink101,800円
国際版SM-G998B(Exynos2100)Grey,Pink,White,Violet109,400円

Sペン付きのGalaxy S21 Ultra Silicone Phone Cover with S PenClear View Phone Cover With S Pen Blackは人気のため予約待ちとなっているところも多いです。
ETORENでは今のところ購入できたので、気になる方は買ってみてくださいね!

スポンサーリンク

Galaxy S21のモデル構成とスペック

Galaxy S21シリーズのモデル構成は、昨年のGalaxy S20シリーズを踏襲し、

・Galaxy S21
・Galaxy S21+
・Galaxy S21 Ultra

の3モデルとなります。

Galaxy S21・Galaxy S21+・Galaxy S21 Ultraのデザイン

Galaxy S21シリーズ(左:Galaxy S21 Ultra, 右:Galaxy S21)

Galaxy S21・Galaxy S21+はフラットディスプレイ。
Galaxy S21 Ultraは若干のエッジがあるものの、だいぶ抑えられているようですね(S20 Ultraと同等?)

Galaxy S21

Galaxy S21 5G
Galaxy S21 (左から)背面、背面斜めから、右側面

色は4色で、非常にポップな印象を受けます。

Galaxy S21のみ、背面の素材はガラスのようなプラスチックになるようです。

Galaxy S21のカラーラインナップ

Galaxy S21+

Galaxy S21+のデザインは、Galaxy S21とほぼ同じ。
S21との違いは、筐体サイズの他に、背面がガラスとなっている点です。

Galaxy S21+ カラーラインナップ

Galaxy S21+のカメラもGalaxy S21とほぼ同じ構成で3眼。
Galaxy S20+ではついていたToFセンサーは省かれています。

Galaxy S21+のデザイン

Gorilla Glass VictusとAL7s10のメタルフレームで、傷をつけないつくりになっています。

画像
Galaxy S21+ ケースと本体

SIMスロットは、今回下面のUSB端子となりに移動していますね。

Galaxy S21 Ultra

Galaxy S21 Ultraの背面と右側面

Galaxy S21 Ultraは、Galaxy S20 Ultraと同様にカメラが大きなデザインとなっています。
Sペンスロットはないですが、Sペンを利用可能です(S21 Ultraのみ)

Galaxy S21 Ultra カラーラインナップ

エッジディスプレイはGalaxy S21 Ultraのみで、かなりエッジ部分が小さくなっています。
色はファントムシルバーとファントムブラックの2色。

Galaxy S21 Ultraの背面(出典: @evleak)

背面はカメラ部分が金属、それ以外はガラス。
画面はDynamic AMOLED 2Xディスプレイを搭載し、リフレッシュレートは可変120Hz。
Sペンサポートも明示されています。

画面の輝度も向上。より明るく、1500nitsに対応しています。

画面の明るさは、Galaxy S20 Ultraと比べても上がっている

カメラの厚みは、Galaxy S20 UltraやGalaxy Note20 Ultraの半分程度。

Galaxy S21 Ultra(出典: @evleak)

ガラスは最も頑丈なGorilla Glass Victisを搭載。フレームはAL7s10のメタルで、デバイスとメタルカメラを融合した美しいデザインです。
「汚れや指紋は過去のもの」という表現の通り、傷・汚れや指紋がつきにくい仕上げになっているのでしょう。

▼香港版入手したので、ファーストインプレッションレビューしています

Galaxy S21 Ultraは、別売りのSペンに対応。ケースに収納可能

Sペンについては本体にSペンの収納口はなく、Sペンサポートしつつも本体に入れない構造(別売りで対応)。

Galaxy S21 Ultra用のClear View Phone Cover With S Pen BlackGalaxy S21 Ultra Silicone Phone Cover with S Penは、Sペンが入る構造となっています。
(Sペン有無で2パターンずつ発売されます)

Galaxy S21 UltraのSilicon Coverに格納されたSペン

Sペンの形状は本体内蔵だったGalaxy Noteシリーズよりは太めで、書きやすそう。
Bluetooth機能は搭載されておらず、リモコンやジェスチャーとしては利用できません。

Galaxy S21 UltraにSペンで絵をかき込んでいる様子

懸念点は、ペンの収納部分だけ端末の幅が太くなっていることですね。
本体が細くなっていればよかったんでしょうけど、これが持ち心地にどう影響するか気になります。
また、ペンの差込口が左端なので、運用上邪魔にならないかがちょっと不安(右のほうが取り出しやすいですが、ボタンと干渉してしまいます…)

Sペン付きのGalaxy S21 Ultra Silicone Phone Cover with S PenClear View Phone Cover With S Pen Blackは人気のため予約待ちとなっているところも多いです。
ETORENでは今のところ購入できたので、気になる方は買ってみてくださいね!

S Pen Proとは!

発表会中に非常に気になったのは、S Pen Pro。
Sペンよりも長く、太く持ちやすそう。ボタンが2つに分かれているようにも見えなくないですが、おそらく真ん中に突起があるだけでボタン自体は一つっぽい感じです。

Galaxy S21シリーズのカメラ仕様。Galaxy S21 Ultraのカメラはかなり進化!?

Galaxy S21・Galaxy S21+のカメラ仕様

Galaxy S21のカメラ仕様

Galaxy S21・S21+はカメラの仕様が同一で、メインカメラは3眼構成となります。
S20+に搭載されていたToFセンサーはなくなりました。
8Kハイレゾで動画を撮ることも可能。

Galaxy S21 Ultra

Galaxy S21 Ultraのカメラ仕様

Galaxy S21 Ultraのカメラは、望遠レンズが3倍・10倍の2タイプ搭載されます。また、Galaxy Note20 Ultraで搭載されたレーザーAFも搭載。

Galaxy S21 UltraのカメラUI ワンタッチでレンズ切替

カメラのインターフェースは他のGalaxyシリーズと同様ですが、レンズの選択ボタンが4つに増えていることがわかります。
10倍のレンズと3倍のレンズも、ワンタッチで切替えられます。

Intelligent Zoom Lock

3倍・10倍と1倍・超広角(0.5倍)以外の倍率も、一度選択中のレンズのボタンをタップすれば、2倍・4倍・10倍・30倍・100倍を2タップで切り替えられます。

▼香港版入手したので、ファーストインプレッションレビューしています

ナイトモードはより明るく撮れるように

ナイトモードの明るさもより向上

ナイトモードは、露光時間の調節も可能。同程度の露光時間でも、Galaxy S20と比較してかなり明るく撮れています。

動画は「ダイナミックフレームレート動画」で、フレームレート自動調整

Galaxy S21 Ultraは動画撮影時、FHDのフレームレートを自動調節可能

動画撮影時、Galaxy S20 Ultraは「ダイナミックフレームレート動画」ではフレームレートを自動調節できるようになります。
動きのある動画を撮影するときに便利ですね。

スーパー手振れ補正も搭載。手振れを最大限に抑えてくれます。

ディレクターズビュー

ディレクターズビューとは、スマホに搭載されている複数のカメラを並べて比較出来る機能。
超広角・標準・望遠を並べたり、インカメラとアウトカメラを並べて動画など撮影することもできます。

Galaxy S21, Galaxy S21+, Galaxy S21 Ultraのスペック

Galaxy S21シリーズのスペックは以下のとおり。
黄色マーカー部分は、前作と比べて改善されているところです。

Galaxy S21Galaxy S21+Galaxy S21 Ultra
画面6.2インチ
フラットディスプレイ
120Hz
6.7インチ
フラットディスプレイ
120Hz
6.8インチ
エッジディスプレイ
120Hz(WQHD+も対応)
サイズ151.7×71.2×7.9mm
171g
161.4×75.6×7.8mm
202g
165.1×75.6×8.9mm
(カメラ部厚さ10.8mm)
228g
CPUExynos 2100
Snapdragon 888
Exynos 2100
Snapdragon 888
Exynos 2100
Snapdragon 888
RAM8GB8GB12GB/16GB
ROM128GB/256GB128GB/256GB128GB/256GB/512GB
電池4,000mAh
25W急速充電
15W急速ワイヤレス
(パワーシェア対応)
4,800mAh
25W急速充電
15W急速ワイヤレス
(パワーシェア対応)
5,000mAh
25W急速充電
15W急速ワイヤレス
(パワーシェア対応)
メインカメラ標準12MP(f/1.8)
+望遠64MP(f/2.0)
+超広角12MP(f/2.2)
標準12MP(f/1.8)
+望遠64MP(f/2.0)
+超広角12MP(f/2.2)
標準108MP(f/1.8)
+望遠3倍10MP(f/2.4)
+望遠10倍10MP(f/4.9)
(ペリスコープ)

+超広角12MP(f/2.2)
フロントカメラ10MP(f/2.2)10MP(f/2.2)40MP(f/2.2)
防水防塵IP68IP68IP68
接続5G
Wi-Fi 6
5G
Wi-Fi 6
UWB Tracking
5G
Wi-Fi 6E
UWB Tracking

Sペン
Phantom White,
Phoantom Gray,
Phantom Pink,
Phantom Violet
Phantom Violet,
Phoantom Silver,
Phantom Black
Phantom Black,
Phoantom Silver

今回のS21シリーズは、3機種のうちS21 Ultra以外の2機種がフラットディスプレイ。
Galaxy S21 UltraはWQHD+も120Hzリフレッシュレート対応となります。
(Note20 UltraまではWQHD+は60Hzのみの対応でした)

Sammobileなどによると、GeekbenchにGalaxy S21とGalaxy S21+のベンチマーク掲載されています。
同じアメリカモデルのSM-G991U・SM-G996Uで、CPUはSnapdragon 888、RAM 8GBです。

Galaxy S21 Ultraは、Sペンに対応。Noteシリーズと統合か?

Galaxyは毎年春にSシリーズ、秋にSペン対応のNoteシリーズがリリースされています。

2021年は、春のGalaxy S21シリーズの最上位モデル(Galaxy S21 Ultra)でSペンが対応されます。

さらに、2020/12/16配信の公式Samsung Newsroomにて「SシリーズへのSペン(Note)機能の追加」を言及し、Noteシリーズ廃止の憶測が広がりましたが、韓国聯合ニュースは、Samsung関係者が「これがNoteシリーズが廃止されることを意味しているわけではない」と説明しています。

リーカーの間でも2020年の下半期にNote21シリーズの廃止か否かが揺れ動いていましたが、どうやら開発は続いている模様。

LetsGoDigitalによれば、Galaxy Note21 Ultraのレンダリング画像が公開されています。

Galaxy S21シリーズは2021年1月前半リリース…日本国内への展開はいつ…?

2021年1月前半でのリリース、という情報が入っています。

Galaxy S21シリーズの発表日と発売日

Samsungは2021/1/14 AM10:00(EST)よりSamsung Galaxy Unpacked 2021を開催し、Galaxy S21シリーズを発表しました。

海外では2021/1/29より発売されます。

Galaxy S21シリーズの価格

Galaxy S21シリーズの価格は発表会での言及価格を記載します。
Galaxy S20シリーズよりは1万円以上お安くなりそうですね。

海外版価格
(海外発表時点)
Galaxy S21$799
(8万円台)
Galaxy S21+$999
(10万円台)
Galaxy S21 Ultra$1199
(12万円台)

海外版は、イオシスETORENで発売開始しています。
今のところイオシスのほうが安いのが珍しいですね。国内発送で早く安心して購入できます。

▼海外版価格はこちら(2021/1/29現在)

機種バージョンETOREN
価格
イオシス
価格
Galaxy S21 Ultra
16GB-512GB
香港版SM-G9980(SD888)Silver,Black169,200円164,800円
国際版SM-G998B(Exynos2100)Silver,Black174,700円
Galaxy S21 Ultra
12GB-256GB
香港版SM-G9980(SD888)Silver,Black153,700円149,800円
国際版SM-G998B(Exynos2100)Silver,Black154,700円
Galaxy S21+
8GB-256GB
香港版SM-G9960(SD888)Silver,Black,Violet127,600円124,800円
国際版SM-G998B(Exynos2100)Silver,Black,Violet129,400円
Galaxy S21
8GB-256GB
香港版SM-G9910(SD888)Grey,Pink101,800円
国際版SM-G998B(Exynos2100)Grey,Pink,White,Violet109,400円
ETORENでGalaxy S21シリーズをチェック

Sペン付きケースのGalaxy S21 Ultra Silicone Phone Cover with S PenClear View Phone Cover With S Pen Blackは人気のため予約待ちとなっているところも多いです。
ETORENでは今のところ購入できたので、気になる方は買ってみてくださいね!

▼香港版入手したので、ファーストインプレッションレビューしています

日本での発売日はいつ?認証通過情報

また、日本ではGalaxy Sシリーズを例年5月に発表・発売しています。
2020年は5Gサービス開始に合わせ、NTTドコモ・auともにGalaxy S20のみ3月に前倒しして発売した形。

Galaxy S21はどうなるのでしょうか…
例年同様のスケジュールで、4か月も遅れての発売になることだけは避けてほしいですが…
(NTTドコモの2020年秋発表が11/5と例年より1ヶ月遅かったので、Galaxy S21の国内発表遅れに影響しないといいのですが…)

ドコモもauも、冬モデルはハイスペックスマホが控えめだったので、Galaxy S21シリーズが速めにリリースされると嬉しいですね!

NTTドコモ向けKDDI向け
技適通過SGH-N748 (11/22)
SGH-N649 (11/24)
SGH-N592 (11/25)
YRM (11/25)
Bluetooth認証通過SM-G991D(1/18)
SM-G996D(1/18)
SM-G998D(2/2)
SM-G991J(1/18)
SM-G996J(1/18)
SM-G998J(2/2)
EMV認証通過Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B(1/29)Galaxy S21 5G SCG09(1/21)
Galaxy S21+ 5G SCG10(1/21)

NTTドコモ向けは3台、LTEの周波数帯で技適を通過しています。
また、ドコモ・au向けとも、2/2付けでGalaxy S21 UltraとみられるSM-G998D/SM-G998JがBluetooth認証を通過。EMV認証ではドコモ版「Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B」が通過しています。
Galaxy S20 Ultraはドコモで発売されなかったのですが、Galaxy S21 Ultraは取り扱ってくれる確率が上がりました。

ドコモ・auとも、3機種とも発売される可能性があります。

またWDS Globalのデータベースより、各モデルの型番は

[ドコモ版]
・Galaxy S21 5G SC-51B
・Galaxy S21+ 5G SC-54B
・Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B

[au版]
・Galaxy S21 5G SCG09
・Galaxy S21+ 5G SCG10

となる模様(au版Galaxy S21 Ultraは登録されていません)。

また、ドコモ向けとみられるSGH-N649のGeekbench測定結果が登場しました。

1月20日付で計測されていますが、搭載メモリが12GBの模様。
型番規則からドコモ向けとみられます。

情報が入り次第、随時このページで更新していきます。
ぜひ、ブックマークしてみてくださいね!

Galaxy Note20 Ultra・S20シリーズのレビューと価格

Galaxy Note20を買えるところ

国内版(ドコモ・au:発売中)

Galaxy Note20 Ultraは、
NTTドコモが2020年11月6日より発売中です。
auが、Galaxy Note20 Ultraを2020年10月15日より発売中です。

モデルNTTドコモ
Galaxy Note20 Ultra 5G
SC-53A
au
Galaxy Note20 Ultra 5G
SCG06
MNP123,728円
(▲22,000)
137,830円
(▲22,000)
新規 145,728円148,830円
(▲11,000)
機種変更
(5G⇒5G)
 145,728円159,830円
5,500円CB
契約変更
(4G⇒5G)
(3G⇒5G)
 145,728円159,830円
5,500円CB
購入ドコモオンラインショップau Online Shop

海外版

ETORENイオシスなどで購入可能です。
ETORENは海外から輸入とはなりますが、最短3日で届きます。
輸入手数料(輸入関税・消費税)などは端末代金に含まれており、あとから別途請求されることはありません。

輸入が不安な方は、イオシスがおすすめ。国内発送してくれるので、安心です。
価格もそんなに変わらないので、安心なイオシスはおすすめ!

取扱いカラーは以下の通り。
カラーのリンクをクリックすると、商品ページから購入可能です。
(以下はすべてSnapdragon 865+版です)

モデルETORENイオシス
Galaxy Note20 Ultra 5G
SM-N9860
(12GB RAM,512GB ROM)
Mystic Bronze,
Mystic Black
Mystic Bronze,
Mystic Black
Galaxy Note20 Ultra 5G
SM-N9860
(12GB RAM, 256GB ROM)
Mystic Bronze,
Mystic Black,
Mystic White
Mystic Bronze,
Mystic Black,
Mystic White
Galaxy Note20 5G
SM-N9810
(8GB RAM, 256GB ROM)
Mystic Bronze,
Mystic Grey,
Mystic Green
Mystic Bronze,
Mystic Grey,
Mystic Green

Galaxy Note20 Ultraのレビュー

Galaxy Note20 Ultraを購入し、気になったところやカスタマイズのレビューをしています。
ぜひご参考にしてください。

全体レビュー

Galaxy Note20 Ultra 開封レビュー!! Sペンマニアが喜ぶ最高のスマホ
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。ついにGalaxy Note20 Ultraがやってきました!!昨年もGalaxy Note10+を使っていましたが、非常に満足していて「2019年ベストバイスマートフォン」の1位にも...
Galaxy Note20 Ultra 1ヶ月使用レビュー!!使って感じるいいところ、気になるところ
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraを約1か月間使ってきました。かなり快適に使えていて、非常に満足しています。ただ、多少使っていて気になったところもあったりします。1か月使って...

Sペンでメモ

Galaxy Note20 UltraのSペンは「地味だけど着実に進化」手書きSペン周りをレビュー
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、もちろんスマートフォンやカメラとしても進化しています。ただ、最も特徴的な「ペン」の進化はやはり着目するべきでしょう。今年のGalaxy N...
【Galaxy Note10+ レビュー】ノートアプリGalaxy Notesが進化した7つのポイント!!手書きがテキストに化ける!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+のノートアプリGalaxy Notes(海外ではSamsung Notes)が進化しています!Sペンがジェスチャー対応した使い勝手の良さと、アプリの使いや...
Galaxy Note10+にも使えるLAMY AL-STAR EMRペン、書き心地がよすぎる!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。LAMY AL-STAR EMRペンを購入してみました。WACOM Feel ITテクノロジーに対応したペンで、Galaxy Note10+をはじめとしたGalaxyのペン対応デバイス...

Sペンエアアクションでジェスチャーリモコン

Galaxy Note20 Ultraでパワーアップした「Sペンエアアクション」をレビュー。まるで魔法の杖…
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、Sペンをジェスチャー操作してコントロールする「Sペンエアアクション」が進化しています。Galaxy Note10+では特定アプリとカメラ・音楽...
【Galaxy Note 10+ レビュー】新機能Sペンジェスチャー, 使い方と対応アプリは?どんな時に使える?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10シリーズの新機能のひとつに「Sペンジェスチャー」があります。Galaxy Note9からSペンにBluetooth機能を内蔵し、Sペンのボタンをリモコンとし...

カメラ

Galaxy Note20 Ultraのカメラレビュー!!2か月使ったいいところ・微妙なところを徹底解説!!
Galaxy Note20 Ultraを使い始めて2か月が経ちます。Sペンが使えるスマホながら、やはり注目すべきは「カメラの進化」でしょう。レーザーAFが搭載され、ボケ味を存分に出せます。望遠性能も上がり、撮れる倍率が大幅に広...
iPhone 11 Proの写真をGalaxy Note10+, HUAWEI P30 Pro, Xperia 1と比較!!きれいに撮れるのはどれ?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。iPhone 11 Proは「超広角」がついたこともあり、非常に面白いカメラになっていると思います。Androidでは、Galaxy Note10+やHUAWEI P30 Proなど、...

DeX(PCモード)とカスタマイズ

【ワイヤレスDeX】Galaxy Note20 UltraのPCモードはケーブル要らず!?無線接続でどこまでできる?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。GalaxyシリーズやHUAWEIなどの一部のスマホでは、「PCモード」が搭載されています。今までは、HDMIケーブルなどでディスプレイやPCに接続することで、PCの見た目で大画面で...