MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

Galaxy Note20 Ultraのカメラレビュー!!2か月使ったいいところ・微妙なところを徹底解説!!

Galaxy Note20 Ultra

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy Note20 Ultraを使い始めて2か月が経ちます。
Sペンが使えるスマホながら、やはり注目すべきは「カメラの進化」でしょう。

レーザーAFが搭載され、ボケ味を存分に出せます。
望遠性能も上がり、撮れる倍率が大幅に広がっているところも魅力でしょう。

今回は、2か月使って最も気になる「Galaxy Note20 Ultraのカメラのいいところ・微妙なところ」を徹底解説していきます!

スポンサーリンク

Galaxy Note20 Ultraのカメラ、「レーザーAF」で背景ボケが際立つ

まずは特徴の1つ目。
「背景ボケ」でさらに際立つフォーカス性能をご紹介します。

背景をぼかしたいなら、断然Galaxy Note20 Ultra

Galaxy Note20 Ultraで撮影(尾道市役所屋上の展望広場)

Galaxy Note20 Ultraのカメラは3眼構成+レーザーAFで構成されています。

Galaxy Note20 Ultraで撮影
Galaxy Note10+で撮影

二つを見比べていただけると、背景のボケ感がかなり違うのがわかるでしょう。
手に持っている瀬戸内レモンスムージーが非常に際立って見えます。

モノを1点撮りしたいときは、逆に厄介になるかも…

例えばテーブルの上に置いてある料理を撮りたいとき、など、1点をアップで撮りたい場合。

Galaxy Note20 Ultraで撮影(東広島市「健美堂」のカレーラーメン)

上の写真ではラーメンを1点だけ撮りたい、という状況。
ラーメン中心部はピントが合っていますが、端はかなりぼやけています。

Galaxy Note20 Ultraで撮影
Galaxy Note10+で撮影

こういう状況だと、やはりラーメン皿全体はピントを合わせておきたいですよね。
ナスや玉子など、隅の方にいる具材などもぼやけており、ちょっと微妙な感じがします。

このラーメンはかなり盛り上がった盛り付けをされているので、真ん中だけにピントが合うのは仕方がないのかもしれませんが…

Galaxy Note20 Ultraで撮影
Galaxy Note10+で撮影

このラーメンはほとんど盛り付けに盛り上がりはなく、同じぐらいの高さにほとんどの具材が並んでいます。
これでも、Galaxy Note20 Ultraはどんぶりだけでなく、水面の端の部分もぼやけています。

これは料理に限ったことではなく、例えばスマートフォンを1台、ばんと大きく撮りたくても端がボケてしまうなど、1点撮りしたいときはちょっとしんどい印象を受けます。

ボケさせたくないシーンでも結構ぼけてしまうのは、「ちょっとボカしすぎ」と感じてしまいますね…
個人的にはGalaxy Note10+やGalaxy Z Fold2ぐらいがちょうどいいと感じます。

Galaxy Note20 Ultraで撮影

一方、ドアップでも上のように臨場感出す様な感じであれば、背景はボケていた方がきれいに撮れると思います。

シーンや意図によっては、非常にいい感じに使えます。

Galaxy Note20 Ultraの望遠性能、素晴らしい!!

Galaxy Note20 Ultraの望遠性能は非常に素晴らしいですよ!

望遠で撮影している様子を動画で確認!

実際に超広角から最大デジタルズームの50倍まで撮影している様子を動画で撮影しています。
(下の動画を再生で、該当箇所から再生されます)

50倍の威力がすごい…

感覚としては、20倍までは実用的にきれいに撮れる印象です。

Galaxy Note20 Ultraで撮影(尾道市役所展望広場から千光寺公園側を望む、標準1倍)

尾道でも人気のスポットである千光寺公園側を撮影してみました。
ロープウエイが見えるとおもうのですが、わかりますか?

Galaxy Note20 Ultra(望遠光学5倍)

ズームして光学5倍で撮影してみると、こんな感じ。ゴンドラが見えますね!

Galaxy Note20 Ultra(10倍ズーム)

10倍ズームだと上のように、まあ多少は粗いかもしれないですが実用的にきれいに撮れています。

Galaxy Note20 Ultra(20倍ズーム)

こちらは20倍ズーム。
1倍・2倍・4倍・5倍・10倍・20倍・50倍はワンタッチでズームを変えられるので簡単に撮れます。

Galaxy Note20 Ultra(最大50倍ズーム)

最大50倍ズームだとさすがに粗いですね。
2か月使ってきて感じたのは、ズームは20倍までが限度かと思います。

月もきれいに撮れる!

Galaxy Note20 Ultraで月を撮影(2020/10/1, だいたい50倍ズーム)

Galaxy Note20 Ultraではきれいに月も撮影できます。
50倍まで拡大すると若干の粗さも目立ちますが、30倍ぐらいで撮影すると結構きれいに見えますね。

風景はほんとキレイに撮れるぞ!

風景の作例

Galaxy Note20 Ultraで撮る風景はかなり臨場感が出ますね。
上の写真は超広角で撮っています。

青空はかなり映えます。

被写体に植物など緑が入ると、途端に黄色めに補正するのが2020年のGalaxyシリーズですね。
Galaxy S20シリーズも同様の特徴がありましたが、これはNote20 Ultraでも引き継がれているようです。
(Galaxy Note10+はそのような補正はなく、比較的忠実な色味をしていました)

夜景もばっちり

Galaxy Note20 Ultraで撮影(広島大学東広島キャンパス前)

Galaxy Note20 Ultraで撮る夜景(上は日の入り後ぐらいですが)は結構きれいに撮れます。
iPhone 11 Proだと見えない「広島大学」の文字も、結構はっきり見えています。

iPhone 11 Proで撮影

iPhone 11 Proは食事と夜景が課題だったりするので、iPhone 12シリーズは改善していてほしいなと思います。
(このレビューはiPhone 12発売前なので、iPhone 12と比較できていません。また入手次第レポートします)

Galaxy Note20 Ultraのカメラ いいところと微妙なところをまとめると…

Galaxy Note20 Ultraのカメラに関して、いいところと微妙なところをまとめると…

風景は最高に映える
 (ひいてとっても、望遠で撮ってもいい感じ)
△シーンによってはビビット過ぎる
 (風景で緑を認識するとかなり黄色による)

〇ボケがすごい!ポートレート撮影など、ボケさせたいときにはボケ過ぎるぐらいボケる
モノの一点撮りなど、ドアップの写真は無駄にぼけすぎてしまう
 (1点撮りの場合、モノの中心部にピントが合い周囲がボケる)

撮れる倍率が広いのはかなり便利
 (0.5倍~20倍ぐらいの範囲できれいに実用的に撮れる。最高ズームは50倍)

という感じでしょうか。
個人的には、風景・夜景などの撮影には非常に便利な一方、被写体が至近距離にあるモノをドアップで撮るような用途にはちょっと不向きな印象を受けました。

バランスの良さを求めるなら、Galaxy Z Fold2や先代のGalaxy Note10+のほうがシーンを選ばず撮影できる気がします。
上記のような特徴にあった撮影をする場合は、Galaxy Note20 Ultraは非常におすすめですね!

是非参考にしてみてくださいね!

Galaxy S22シリーズ・S21シリーズのレビューと価格

Galaxy S22・S22 Ultraを買えるところ

国内版

国内版はNTTドコモauから、Galaxy S22 Ultra・Galaxy S22の2機種を発売されます。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S22 5GSC-51C
127,512円 4/21発売
(MNP/機変/契変 5,500円引)
SCG13
125,030円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB(~5/11))
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52C
183,744円 4/21発売
SCG14
178,820円 4/21発売
(MNP 22,000円引)
(新規 11,000円引※)
(機変 16,500円CB)
※auは22歳以下の新規でさらに10,000円CB

詳しくは、Galaxy S22シリーズのまとめ記事で順次更新しています。

【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

海外版

モデルExpansysETORENイオシス
(国内からの発送)
Galaxy S22 Ultra 5G256GB 174,892円
512GB 194,890円
1TB 228,889円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
128GB 153,700円
256GB 170,300円
512GB 186,900円
(eSIMモデルのSM-S908E)
256GB 164,800円
512GB 184,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9080)
Galaxy S22 5G128GB 104,892円
256GB 112,890円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
128GB 110,900円
256GB 123,100円
(eSIMモデルのSM-S901E)
256GB 109,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9010)
Galaxy S22+ 5G256GB 139,892円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
128GB 138,900円
256GB 151,000円
(eSIMモデルのSM-S906E)
256GB 139,800円
(Dual SIMモデルのSM-S9060)
購入先Expansys
(税込・送料無料)
ETOREN
(税込・
送料別+2,000円)
イオシス
(税込・送料別+640円)

Galaxy S21・S21+・S21 Ultraを買えるところ

国内版

NTTドコモGalaxy S21 5G SC-51BGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bを発売中。
auが、Galaxy S21 5G SCG09Galaxy S21+ 5G SCG10を発売中。

国内版モデルNTTドコモau
Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
SCG09 118,540円 4/22発売
バイオレット、グレー、ホワイト
Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
シルバー、ブラック
Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
ブラック、シルバー
-

 

 

Galaxy S22 UltraやSペン内蔵スマホのレビュー

Galaxy S22 Ultraを購入し、気になったところやカスタマイズのレビューをしています。
ぜひご参考にしてください。

全体レビュー

Galaxy S22 Ultraついにドコモ・auから発売!一足早く1か月使って感じた、3つの感動ポイント
Galaxy S22 Ultraがいよいよ国内発表されました。日本国内では、ドコモ・auから4/22より発売開始されます。待ち焦がれた発表でしたね!私MATTUは、国内版発売より一足早く、Galaxy S22 Ultraの海外...
【4/21発売】Galaxy S22シリーズの仕様・スペックまとめ!!Galaxy S22 UltraはSペン内蔵でNote復活!!ドコモ・auでも発売!!
2022年版の新型「Galaxy S22」シリーズは、2022年2月9日に海外発表されました。国内版もドコモ・auから、4/22に発売されます。Galaxy S21 UltraはSシリーズとして初めてSペンに対応する、というの...

Sペンでメモ

Sペン内蔵は正義!Galaxy S22 Ultra、ペンの書き心地と便利な機能を徹底レビュー!
Galaxy S22 Ultraの一番の魅力といえば、なんといっても「Sペンが内蔵したこと」ではないでしょうか。昨年のGalaxy S21 Ultraは、Sシリーズとしては初めてSペンに対応したものの、スマホ本体に内蔵すること...
手書きメモアプリ「Galaxy Notes(Samsung Notes)」がすごい!Windows PCやタブレットとの連携で、どこでも高機能にメモ!【Gakaxy S22 Ultra レビュー】
Galaxy S22 UltraでSペンが内蔵され、「Galaxy Noteが戻ってきた!」と喜ぶ方も多いでしょう。私MATTUも、メモがはかどるのが心地よく、メモしまくっております。ただ、このメモ機能がGalaxy S22 ...
Galaxy Note20 UltraのSペンは「地味だけど着実に進化」手書きSペン周りをレビュー
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、もちろんスマートフォンやカメラとしても進化しています。ただ、最も特徴的な「ペン」の進化はやはり着目するべきでしょう。今年のGalaxy N...
【Galaxy Note10+ レビュー】ノートアプリGalaxy Notesが進化した7つのポイント!!手書きがテキストに化ける!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+のノートアプリGalaxy Notes(海外ではSamsung Notes)が進化しています!Sペンがジェスチャー対応した使い勝手の良さと、アプリの使いや...
Galaxy Note10+にも使えるLAMY AL-STAR EMRペン、書き心地がよすぎる!!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。LAMY AL-STAR EMRペンを購入してみました。WACOM Feel ITテクノロジーに対応したペンで、Galaxy Note10+をはじめとしたGalaxyのペン対応デバイス...

Sペンエアアクションでジェスチャーリモコン

Galaxy Note20 Ultraでパワーアップした「Sペンエアアクション」をレビュー。まるで魔法の杖…
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note20 Ultraは、Sペンをジェスチャー操作してコントロールする「Sペンエアアクション」が進化しています。Galaxy Note10+では特定アプリとカメラ・音楽...
【Galaxy Note 10+ レビュー】新機能Sペンジェスチャー, 使い方と対応アプリは?どんな時に使える?
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10シリーズの新機能のひとつに「Sペンジェスチャー」があります。Galaxy Note9からSペンにBluetooth機能を内蔵し、Sペンのボタンをリモコンとし...

カメラ

【Galaxy S22 Ultra カメラレビュー】S21 Ultraから変わった見えない進化は?iPhone 13 ProやXperia 1 III・PRO-Iとも比較!
Galaxy S22 Ultraは、標準レンズに1億8百万画素(108MP)の高画素レンズ、望遠レンズは3倍に加え、光学10倍ペリスコープレンズも備え、最大100倍のスペースズームも楽しめます。もちろん超広角レンズやレーザーAFも搭載...