スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

【Galaxy Note10+ レビュー】ノートアプリGalaxy Notesが進化した7つのポイント!!手書きがテキストに化ける!

Galaxy Note10

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Galaxy Note10+のノートアプリGalaxy Notes(海外ではSamsung Notes)が進化しています!

Sペンがジェスチャー対応した使い勝手の良さと、アプリの使いやすさが抜群。
これは全社会人が持っておきたいスマホです!!

Galaxy Notesの進化した4つのポイントと、使ってて便利な3つの注目点をご紹介しましょう!

動画でも解説しています。
スポンサーリンク

ノートアプリGalaxy Notes(Samsung Notes)がかなり進化!4つのポイントまとめ

Galaxy Note10+は標準のノートアプリとして「Galaxy Notes」(海外版はSamsung Notes)がインストールされております。
Galaxy Note5・Edgeの世代以前は「Sノート」というアプリだったのが、Galaxy Note8から「Galaxy Notes」と名前と仕様が大きく変わり、より使いやすく改められました。

【Galaxy note8 レビュー】手書きならではの良さがある。note 8のSペン入力の面白いところ、惜しいところ
「ペン」使いならではの魅力があります。 これが、Galaxy Noteシリーズにコアなファンが増える最大の理由だと思います。 今回は、Sペン周りの使い勝手について、使ってみて面白いところと惜しいところをまとめてみました。
【Galaxy Note8 レビュー】Note 8のメモ機能を駆使するなら、「Sノート」がおすすめ!
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy note8には、標準ノートアプリとしてSamsung Notesがプリインストールされています。しかし、Samsungアカウントでしか同期出来ず…Galaxy App...

今回のGalaxy Note10+でさらにアップデートした「Galaxy Notes」がかなり面白く進化しているので、まとめます。

手書き文字を即座にテキスト変換!テキストエクスポートがすごい

手書きメモしたあと、その文字を認識してテキスト変換できる機能が付きました。

桃太郎の英訳を冒頭がんばって書いてみました。
長い文章でもテキスト変換いけるのでしょうか?

下のバーの右側に、赤く囲ったアイコンがテキスト変換のボタンです。
これを押すと、ポップアップで変換された後の文字列が表示されます。

「コピー」を押せばそのまま文字列がコピーされ、別のメモ帳など異なる領域で貼れます。
「変換」を押せば、この手書き文字が文字列に置き換わります。

コピーして別の領域に貼り付けたのが右側のキャプチャーです。
ところどころでスペースが抜けてたり、多少のミスはありますが、かなり精度は高いように思えます。

これは優秀。

日本語も認識できる!!

日本語も認識できます。

同じく桃太郎ですが、ちゃんとテキスト化されています。
一部誤字はありますが、だいたいいい感じですね。

カタカナと記号にちょっと弱いのかな、という印象はあります。

海外版のGalaxy Note10をお持ちの方は、プリセットされている「Samsungキーボード」の設定で入力言語に「日本語」が選択されている必要があります。

設定>一般>言語とキーボード>オンスクリーンキーボードの中にある「Samsungキーボード」の、言語とタイプ>入力言語の管理、のところに「日本語」が追加されていれば、選択します。

日本語が表示されない方は、SamsungキーボードをGalaxy Storeで最新版にアップデートしてみてください!
下の記事でまとめています。

【更新】Galaxy Note10のSamsungキーボードに日本語追加できない問題…全世界で発生中!?まとめ【解決!!】
こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。Galaxy Note10+海外版にプリインストールされているSamsungキーボードに、日本語が追加できない、という現象が確認されています。キーボード自体はGoogle日本語入力など...

お気に入りのペンの種類・色を登録できるように!!

Galaxy Notesのペンの種類に、お気に入りのペンの種類・色をプリセットして登録できるようになりました。

一番左側のボタンが「お気に入りのペン」が表示されるボタンです。
よく使うペンの種類や色を登録しておけば、いちいち選びなおさなくてもここをショートカットに選ぶことができます。

SペンのジェスチャーがGalaxy Notesアプリにも!!

Sペンを画面から浮かした状態でボタンを押すと、Bluetooth接続での「Sペンジェスチャー」機能で簡単にペンの種類を変えられます。

1回押しで「お気に入りのペンに切り替え」。上で設定していたペンに切り替えられます。
複数登録していたら、順番に切り替わります。

2回押しは消しゴムモードです。
消しゴムはSペンのボタンを押しながら文字をたどれば消すこともできます。
Sペンを画面から浮かせてボタン2回押しで、すぐ消しゴムモードになるので、消しゴムを多用するときには便利かも。

このショートカットは、右側にあるSペンのフローティングボタンをタップしても表示されます。

共有ファイルの種類に「Microsoft word(.docx)」が追加!!一部は自動的にテキスト変換も

右上の共有ボタンからノートのデータを共有できます。
Galaxy Note10+のGalaxy Notesアプリでは、「Microsoft word(.docx)」ファイルが追加されています。

従来の「テキストファイル」は、ノートの中にテキストがないと共有できなかったのですが、Microsoft Wordは手書き・テキストともに.docxファイルで保存可能。
手書き部分も、Wordファイルの1ページ目に入る範囲で、部分的に自動的にテキスト変換してくれます。
(テキスト変換の精度はGalaxy Notesの変換と同じ)

手書き部分は図として保存されます。
Officeのインクデータに変換されるわけではありません。
Galaxy Notesのテキスト部分は、そのままテキストとして保存されます。

個人的におすすめな流れは、

  • 手書きする
  • Galaxy Notesで文字認識させ、文字列をコピーして手書き部の下に貼り付ける
  • ノートをMicrosoft Wordファイル(.docx)で保存する
  • PCなどで修正する
  • ちなみに、Samsung NotesはWindows PCアプリがあります
    インストールできる環境であれば、これをインストールして使うのがいいかも。
    ただし、PCアプリ上ではテキスト変換できないので、スマホで変換してからPCアプリで見る、というようにするといいかも。

    会社だからPCにソフト入れられない…という方は、Wordを使うという選択肢ができたのが非常に強いです。
    一度ファイル作って、メールを送るなどするだけでPCで作業できるのは素晴らしいですね。

    Galaxy Notesの地味に便利な3つの機能

    今回加えられた新機能ではないですが、地味に便利な機能をご紹介します。

    写真やボイスメモを挿入できる!録音しながらメモも可能!!

    Galaxy Notesアプリは単にメモができるだけではありません。
    画像や音声も添付できます。

    右上の📎(クリップ)ボタンを押すと、4つの種類のファイルを追加できます。


    画像は、すでにカメラで撮影したファイルだけでなく、アプリ上でカメラを使って撮影することもできます。
    とっさに写真が撮りたくなったときも、一回アプリを閉じることなく挿入ができます。
    GoogleフォトやOneDriveなど、クラウド上のファイルも挿入できるのでかなり便利。

    もちろん、画像にも書き込めますし、録音しながらメモもできます。

    今回Galaxy Note10+で追加された新機能として「テキストボックスの挿入」があります。
    今までも手書き文字とテキストは混在出来てましたが、領域は明確に分かれていました。
    そのため、手書き文字の上にテキストを重ねる、ということはできませんでした。

    「テキストボックスの挿入」では手書き文字の上にテキストを配置できるので、
    手打ちのほうが早い時や見出しを整理するときなどにも、テキストボックスを効果的に使えます。

    これは便利ですね。

    メモした電話番号や電話・URLがそのままリンクに!!発信・アクセスできる!!

    Galaxy Notesにメモした電話番号やURLが、そのままリンクに代わります。

    メモしたあと、保存しましょう。
    保存したあとに、(編集状態でない)メモの上にペンをかざすと、下のように電話・メールアドレス・Webアドレスのリンク対象の手書きが水色で縁取られます

    文字にかざすとメール・Webアドレスなどのアイコンが表示されるので、それをタップすればメールアプリやWebブラウザが立ち上がります。

    今回すごいと思ったのは、メールアドレスや電話番号は途中で改行してもきちんと認識しているところです。

    実はGalaxy Note8発売当初は、1行で書ききらないと認識してくれない、または途中で途切れる、若干残念な仕様だったのですが…
    Galaxy Note10+では、2行にわたって書いても問題なく認識されています。
    Galaxy Note8でも、Android 9 Pieアップデートで対応したみたいです↓

    ただ、Galaxy Note8のほうはまだ精度があまりよくないようで…
    謎の位置で途切れたりします。

    Galaxy Note10+で書いたほうが確実に拾ってくれる感じがいいですね。

    なんと、計算式を書くと計算してくれる!

    このリンク機能、なんと計算式も認識してくれます。

    ただし、計算式は1行で書ききらないといけないみたいです。
    整数・小数は認識しますが、分数などちょっと複雑な式は無理みたい。

    あくまでも計算してくれるのは電卓なので、電卓に遷移されます。
    電卓に遷移するトリガーとして、ペンを持ってたら式を1筆書くといいのかもしれません。

    Galaxy Notes(Samsung Notes)がかなり進化してて便利になった!!

    Galaxy Notes(Samsung Notes)は、今まではGalaxyアカウント内でしか同期ができなかったので実はあまり使っていなかったのですが(OneNoteSノートを使ってた)…
    今回の新機能たちが結構魅力的で、Galaxy Notesをメインに使ってみようと思えました。

    実際、とりあえず端末到着してからずっと使ってますが、かなり楽しくメモできてます。

    特にメモ魔の社会人の皆さん、ぜひGalaxy Notesを使ってみてくださいね!

    動画でも解説しています。

    Galaxy S21シリーズ・Note20 Ultraのレビューと価格

    Galaxy S21・S21+・S21 Ultraを買えるところ

    国内版

    NTTドコモGalaxy S21 5G SC-51BGalaxy S21 Ultra 5G SC-52Bを発売中。
    auが、Galaxy S21 5G SCG09Galaxy S21+ 5G SCG10を発売中。

    国内版モデルNTTドコモau
    Galaxy S21 5GSC-51B 99,792円 4/22発売
    バイオレット、グレー、ホワイト
    SCG09 118,540円 4/22発売
    バイオレット、グレー、ホワイト
    Galaxy S21+ 5G-SCG10 138,730円 4/22発売
    シルバー、ブラック
    Galaxy S21 Ultra 5GSC-52B 151,272円 4/22発売
    ブラック、シルバー
    -

     

     

    Galaxy S21シリーズのレビュー

    [4/22発売]Galaxy S21, S21+, S21 Ultraのスペックまとめ!!ドコモ・auから発売, UltraはSペンに対応!!
    2021年版の新型「Galaxy S21」シリーズは少し早めに2021年1月15日に海外で発表、日本でも4月8日にNTTドコモ・auでの取り扱いが発表されました。Galaxy S21シリーズではガラスとメタルを融合したデザイン...
    Galaxy S21 Ultraを使い始めて、今までになく感動した5つのポイント
    待ちに待ったGalaxy S21 Ultraが、ついに手元にやってきました。今回のGalaxy S21 Ultra、Sシリーズで初めて「Sペン」が使える、という点を最も楽しみにしながら購入したのですが、それ以上に感動してしまったポイン...