MNPの検討に!格安SIMの最適プランを自動計算!あなたに合ったプランで比較しよう!

いよいよ予約開始!真のプロ向けスマホ「Xperia PRO」の気になるポイント

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

2020年2月、MWCで発表された魅惑のプロ向けスマホ「Xperia PROicon」がついに発売されます。
2021年1月28日午前9時から予約開始、2月10日より発売開始。

キャリアからの販売ではなく、ソニーストアiconや家電量販店での発売となります。

プロに向けた使い勝手が痺れますが、価格も税込249,800円となかなかに素晴らしい……

特徴として挙げられているものの中で、特に気になるものやスペックを振り返りましょう。

スポンサーリンク

Xperia初の「5Gミリ波」対応は、360度全方向から受信感度の向上を実現

Xperia PROiconは、Xperiaとしては初のミリ波対応となります。

360度ミリ波対応

Xperia PROiconは上下左右の4方向に設置されたアンテナが、電波の特性上安定した通信が難しい5Gミリ波帯を360度全方位からアプローチし、受信感度をあげます。

「Network Visualizer」を搭載
データ送受信速度を可視化できる「Network Visualizer」

また「Network Visualizer」を搭載。現在の送受信速度や種類、方向を可視化できるツールとなっています。

右下ポップアップでも表示が可能?(出典:B&H Photo Video レビュー動画)

B&H Photo Videoの先行レビュー動画を見て気づいたのが、右下に「Network Visualizer」を最小化した、ポップアップのような表示があります。
動画生配信などで使う際に、このように常時表示できるとしたらステータス確認できるのは便利ですね。

日本版の対応バンド

日本版は以下のバンドに対応しています。

LTE: Band 1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/18/19/20/21/25/26/28
/29/32/34/38/39/40/41/42/46/48/66

5G Sub6: n77/78/79(発売時からドコモ・KDDI・ソフトバンクに対応)

5G ミリ波: n257(発売時はKDDIのみ対応、アップデートでドコモにも対応)

3G: Band 1/5/6/8/19

GSM: 850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz

国内の対応バンドをならべると次の通り。

いちおう、Xperia PROicon周波数帯としては国内のLTE・5Gはすべて制覇、といっていいでしょう。
全対応しているのは、ハイエンドスマホのなかでもなかなかに珍しいのではないかと思います。

5Gミリ波は下り最大4Gbps, 上り最大480Mbps。Sub6は下り最大3.4Gbps,上り最大182Mbps。
ドコモのSub6-CAは4.2Gbpsなので、これには対応していないようです(仕方ないことですが)

LTEのCAなども、対応しているんでしょうか…VoLTE対応なども気になります。

HDMI入力に世界初対応。入力ソースを使ってライブ配信することも可能

Xperia PROiconはHDMI端子を搭載し、HDMIの映像入力に対応。

「外部モニター機能」を搭載
カメラとHDMI接続。USBで高速データ転送も

Xperia PROiconは入力用のHDMI端子がついていますので、USBとHDMIを両方挿すことができます。
このような使い方をすると電池持ちが心配になりますが(バッテリー容量は4000mAh)、電池を充電したり、カメラ内のデータをFTPサーバーに転送したりと、便利に使えそう。

ライブストリーミング配信のハブにも

また、Xperia PROiconはストリーミングライブ配信も行えます。

上の公式動画でもYouTuberがライブ配信をしている様子が載っていますが、どうやら公式アプリを使った配信になっていそう。
Facebook, Twitchや, Streamlabs, Streamyardなど、他の配信サービスも対応しています。カメラソースを選択して配信することになるのでしょうか。

個人的には、Xperia PROiconにATEM mini ProやVR-1HDなどのストリーミングミキサーをつないで屋外の定点から配信する、という荒業もできそうな気がします。

Xperia PROに搭載されているカメラは「飾り」

Xperia PROiconに搭載されているカメラは、Xperia 1 IIと同じ3眼+3D iToFの仕様となっています。
撮影できる写真や動画は同程度ということでしょう。

Xperia PRO

端末上面に開いているマイク穴の位置もほぼ同じようなので、動画に乗る音声ノイズなどもXperia 1 IIとそんなに変わらないかもしれません。
正直、動画まわりはもう少し使い勝手を向上してほしい印象があります。
Xperia 1 IIIなどでもし機能アップデートが来たら、適用してくれるとうれしいなぁ。

Xperia PROiconは公式のPRも含め、「スマホ単体でも撮影できる」とは謳っていますが、あくまで外付けカメラのコントローラーとして使う用途が適切ということでしょう。

Xperia PROiconのカメラ自体はZEISSレンズの高品質ですし、Photo ProやCinema Proも搭載されています。
カメラが使えなくなった時も、いざというときに使うというのが正しい使い方なのかもしれません。

iPhonedo氏のレビューは、本体カメラの写真・動画の内容が多めです。

Xperia PROのスペックまとめ

項目Xperia PROiconXperia 1 II
大きさ171x75x10.4mm166x72x7.9mm, 181g
重さ225g181g
ディスプレイ6.5インチ
21:9 OLED,4K HDR
6.5インチ
21:9 OLED,4K HDR
CPUSnapdragon 865Snapdragon 865
ネットワーク5G sub6,ミリ波対応5G sub6
(ミリ波非対応)
メモリ12GB12GB(ドコモ版・au版8GB)
ストレージ512GB256GB(ドコモ版・au版128GB)
カメラ16mm:12MP 1/2.6″ Dual-PD AF
24mm:12MP 1/1.7″ Dual-PD AF OIS
70mm:12MP 1/3.4″ PDAF OIS(光学3倍)
ToF
16mm:12MP 1/2.6″ Dual-PD AF
24mm:12MP 1/1.7″ Dual-PD AF OIS
70mm:12MP 1/3.4″ PDAF OIS(光学3倍)
ToF
フロントカメラ8MP8MP
3.5mmヘッドホン端子
生体認証指紋認証(側面)指紋認証(側面)
バッテリー4,000mAh
Qi非対応
4,000mAh
Qi対応
防水防塵IP68IP68
カラーBlackBlack,White,Purple
FeliCa
価格国内SIMフリー版 249,800円(税込)国内SIMフリー版 136,400円(税込)
ソニーストアで購入ソニーストアで購入

サイズは、Xperia PROiconのほうが大きさ・重さともにアップしています。
前述もしましたがミリ波対応ということもあり、強いです。

Xperia PROiconの、そのほかのXperia 1 IIとの差は、ワイヤレス充電に非対応、おサイフケータイに非対応、という点でしょうか。

おサイフケータイのかわりに、wena 3を買ったほうが幸せになれると思いますよ!

文字通り「プロ」向けスマホ。しかし、そそるポイントも多い…

Xperia PROiconはB2Bを意識したポイントも多く、FTPサーバーへの高速データ転送などは、どちらかといえば法人・報道系の職業に好まれる内容でしょう。

個人的に気になっているのが、やはりライブ配信。

私は外出先で配信することも多く、最も苦慮するのが安定する電波の確保。
Xperia PROiconはルーター代わりにしては高すぎますが、配信用PCと通信(ルーター)がセットになったような、HDMI入力した映像をそのままライブストリーミングできるというのはかなりそそられるものがあります。

プロ用途ではありますが、非常に使ってみたいスマホではあります。なかなかに悩みますね……。

Xperia 1 IV・Xperia 5 IIIの価格・レビューまとめ

Xperia 1 IIIXperia 5 IIXperia PRO-IはDual SIM+おサイフケータイ(FeliCa)搭載のSIMフリー版として、ソニーストアで国内発売されています。

Xperia 1 IVとXperia 5 III・Xperia 1 III・Xperia PRO-Iの価格

Xperia 1 IV(6.5インチ, 21:9)

Xperia 1 IVNTTドコモauSoftBank
MNP190,832円
(実質110,352円)
170,930円
(実質89,090円)

(▲22,000)
177,840円
(実質78,120円)
(▲21,600)
新規契約190,832円
(実質110,352円)
181,930円
(実質100,090円)

(▲11,000)
199,440円
(実質99,720円)
機種変更
4Gからの契約変更
190,832円
(実質110,352円)
192,930円
(実質111,090円)

5,500円CB
199,440円
(実質99,720円)
3Gからの契約変更190,832円
(実質110,352円)
199,440円
(実質99,720円)
購入ページdocomo Online Shop
LinkBuds/WF-1000XM4
と購入で10,000円還元
au Online Shop
※オンライン予約で
合計15,000円還元
SoftBank Online Shop
(オンライン限定)
※Xperia View特典

Xperia 5 III(6.1インチ,21:9)

ドコモ版の定価が3キャリアで最安で、113,256円(MNPは11/18まで22,000円引)
ドコモauソフトバンクとも、2021/11/12発売。

Xperia 5 IIINTTドコモauSoftBank
MNP113,256円99,405円
(▲22,000)
115,920円
(メリハリ無制限で▲21,600)
スマホ乗り換え.com
他プランでも▲22,000割引
新規契約113,256円110,405円
(▲11,000)
137,520円
スマホ乗り換え.com
▲22,000割引
機種変更
4Gからの契約変更
113,256円121,405円
5,500円CB
137,520円
スマホ乗り換え.com
5,000円CB
3Gからの契約変更113,256円137,520円
購入ページdocomo Online Shopau Online ShopSoftBank Online Shop

Xperia 5 IIIの詳細や購入は公式サイトから

Xperia 1 III(6.5インチ,21:9)

ドコモ版の定価が3キャリアで最安で、154,440円(MNPは22,000円引)
ドコモauソフトバンクとも、2021/7/9発売。

ソニーストアにてメーカーSIMフリー版(Dual SIM+おサイフケータイ、ストレージが512GBに増量)が発売開始されています

▼キャリア版の価格一覧は以下の通り。

Xperia 1 IIINTTドコモauSoftBank
MNP154,440円156,000円
(▲22,000)
167,040円
(メリハリ無制限で▲21,600)
スマホ乗り換え.com
プランどれでも▲22,000割引
新規契約154,440円167,000円
(▲11,000)
188,640円
スマホ乗り換え.comは▲22,000割引
機種変更
4Gからの契約変更
154,440円178,000円
5,500円CB
188,640円
スマホ乗り換え.comは5,000円CB
3Gからの契約変更154,440円188,640円
購入ページdocomo Online Shopau Online ShopSoftBank Online Shop

\カメラ・オーディオならXperia 1 IV!!購入は/

Xperia PRO-Iの価格

Xperia PRO-I は2021/12/15発売。1型センサ搭載・絞り可変カメラなど、カメラにこだわった最新モデルです。
ソニーストアAmazonなどで発売されます。
少し高めなので、保証がつけられる ソニーストア がおススメ。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥179,300(2022/06/26 11:49:07時点 Amazon調べ-詳細)

Xperia 5 III /Xperia 1 III /Xperia PRO-Iのレビュー一覧

Xperia PRO-I

Xperia 5 III

Xperia 1 III