スマホの料金、高いまま?あなたの最適なプランをシミュレーションして見直そう!!

Dual SIMとFeliCa(おサイフケータイ)も対応しているAndroid, iPhoneまとめ

Smartphone

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Dual SIMは、電話とデータ通信を別々の会社にすることによって、さらに安く運用することができます。
電話は(とくに家族内で話すことが多い方、通話定額を使う方は)ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリア、データ通信は格安SIMを使うと、キャリアで通話・データ通信両方使うより安くなる場合が多いです。

ただ、おサイフケータイ(FeliCa)の利便性は忘れられない。
QRコード決済が流行っていますが、何も操作せずにスマホをタッチするだけで決済できるのは非常に便利なので、手放せません。
特に、ほぼ必需品のSuicaは使いたいですよね。

Dual SIMとおサイフケータイの両方に対応している端末は、今までほとんどなかったのですが、少しずつ出始めてきました。

今回はDual SIM(DSDS, DSDV)とおサイフケータイ(FeliCa)に対応しているスマートフォンをまとめてみます。

[2021/10/8更新] Xperia 5 IIXperia 1 II がさらに1万円値下げとなり、買いやすくなりました!

[2021/8/18更新] ASUS Zenfone 8 が発表されました。Zenfoneはじめてのおサイフケータイ対応機種です!もちろん物理SIM2枚対応!

[2021/8/17更新]Google Pixel 5a(5G)発表されました。eSIM+物理SIM対応です。

[2021/7/16更新]Xperia 5 IIが値下げされました。109,800円で購入可能です。

[2021/5/26更新]OPPO Reno5 AのSIMフリー版が発表されました。6月11日発売。

[2021/5/20更新]Xperia 5 IIのSIMフリー版がリリースされました。

スポンサーリンク

物理SIM2枚のDual SIMとおサイフケータイ(FeliCa)に対応しているAndroid

Dual SIMとおサイフケータイに対応しているAndroidは、現時点では発売予定をふくめてXperia・AQUOS・OPPO・ASUSの4ブランド。

Sony Xperia 5 II ・ Xperia 1 II

Sonyのハイエンドスマホ「Xperia 5 II」も、SIMフリー版としてソニーストアなどで購入できるようになりました。

Xperia 5 IIのSIMフリー版

SIMフリー版は256GBにストレージアップ

3機種の違いは…(黄色蛍光マーカーは、キャリア版と違う点)

SIMフリーXperia 5 II
(XQ-AS42)
Xperia 1 II
(XQ-AT42)
Xperia 5
(J9260)
ディスプレイ6.0インチ
21:9 FHD+ HDR
120Hz対応
6.5インチ
21:9 4K HDR
6.0インチ
21:9 FHD+ HDR
CPUSnapdragon 865Snapdragon 865Snapdragon 855
メモリ
(RAM)
8GB12GB
(キャリア版8GB)
6GB
ストレージ(ROM)256GB
(キャリア版128GB)
256GB
(キャリア版128GB)
128GB
(キャリア版64GB)
バッテリー4000mAh4000mAh3200mAh
カメラ16mm
24mm
70mm
16mm
24mm
70mm
3D iToF
16mm
26mm
52mm
重さ163g181g164g
Dual SIM
おサイフ
ケータイ
ブラック
グレー
ブルー
ピンク
フロストブラック
ホワイト
パープル
ブラック
ブルー
グレー
レッド
価格(税込)99,000円
(値下げ前
114,400円)
108,900円
(値下げ前
136,400円)
64,900円
(値下げ前
86,900円)
購入先ソニーストア
(2021/5/28発売)
ソニーストア
(2020/10/30発売)
ソニーストア
(2020/8/28発売)

Xperia 5 IIXperia 1 II がさらに値下げとなり、買いやすくなりました!

購入はこちらから。

ASUS Zenfone 8

ASUS Zenfone 8

ASUSは日本国内で多くのスマートフォン、Zenfoneシリーズを発売してきました。
2021年8月発表の Zenfone 8 が初めてのおサイフケータイ対応モデルとなります。

おサイフケータイについに対応!
防水にもちゃんと対応!
項目ASUS Zenfone 8
画面5.9インチ 有機EL
120Hz駆動対応 1080:2040 (20:9)
サイズ68.5x148x8.9mm, 169g
CPUSnapdragon 888 5G
メモリ6GB/8GB/16GB
ストレージ64GB/128GB/256GB
OSAndroid 11
カメラ64MP(標準)
16MP(超広角)
インカメラ12MP
バッテリー4000mAh
FeliCaおサイフケータイ対応
SIMDual SIM、DSDV対応
生体認証画面内指紋認証
詳細ASUS Store

OPPO Reno5 A・OPPO Reno3 A・OPPO Reno A

OPPO Renoシリーズは、最新のOPPO Reno5 AがDual SIM+おサイフケータイに対応。
OPPO Reno5 Aは5Gにも対応しており、4万円台なのに最強感が出ています。

歴代では、2019年10月に発売されたOPPO Reno A、その後継機種で2020年6月に発売のOPPO Reno3 AがDual SIM+おサイフケータイに対応しています。

OPPO Reno5 AOPPO Reno3 AOPPO Reno Aとも、DSDV(VoLTE 2回線同時待ち受け可能)に対応し、FeliCaも対応。

OPPO Reno5 Aのネットワーク

スペックは、普段使いには最適です。

OPPO Reno5 Aは、物理SIM2枚のDual SIMだけでなく、物理SIM1枚+eSIMのDual SIMにも対応しています。

スペックOPPO Reno5 A
【5G対応】
OPPO Reno3 AOPPO Reno A
OSAndroid 11Android 10Android 9
サイズ162x75x8.2mm
182g
160.9×74.1×8.2mm
175g
158.4×75.4×7.8mm
169.5g
画面6.5インチ(2400×1080)6.4インチ(2400×1080)6.4インチ(2340×1080)
CPUSnapdragon 765GSnapdragon 665Snapdragon 710
メモリ6GB6GB6GB
ストレージ128GB128GB128GB
バッテリ4000mAh4025mAh3600mAh
カメラ800万画素(広角)
6400万画素(メイン)
200万画素(モノクロ)
200万画素(ポートレート)
800万画素(広角)
4800万画素(メイン)
200万画素(モノクロ)
200万画素(ポートレート)
1600万画素
200万画素
インカメラ1600万画素1600万画素2500万画素
価格43,800円
(メーカー希望小売価格)
36,182円35,273円

OPPO Reno5 Aはカメラ・CPUともにかなり進化を遂げています。
これ一台でかなり満足できる、コスパ抜群のスマホが4万円台で購入できるのはすごいです。

OPPO Reno5 Aを使いはじめましたが、安い割にはかなり優秀です。
めっちゃ気に入って使っています。

\バランスのいいコスパ最強「OPPO Reno3 A」を購入しよう/

 

Sony Xperia 10 II

Xperia 10 II

Sonyのミドルレンジスマホ「Xperia 10 II」が、IIJmioOCNモバイルONEnuroモバイル、mineoから発売されています。
キャリア版と異なり、格安SIM(MVNO)向けに発売されているSIMフリー版は、Dual SIM+おサイフケータイのうれしい仕様になっています!

AQUOS sense5G・AQUOS sense 4・AQUOS sense3

安くて非常に人気のAQUOS senseシリーズが、ついにDual SIMに対応しています。

AQUOS sense4


AQUOS sense4がDual SIMに対応。
また、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応しています。
国内ブランドがDual SIM+FeliCaに対応してくれたのは非常にうれしいですね!!

AQUOS sense4Amazonでも購入可能。

スペックAQUOS sense5G SH-M17
AQUOS sense4 SH-M15
AQUOS sense4 plus
SH-M16
AQUOS sense3
OSAndroid 10Android 10Android 9 Pie
サイズ148x71x8.9mm,177g166x78x8.8mm,197g147x70x8.9mm
画面5.8インチ6.0インチ5.5インチ
CPUsense5G:Snapdragon 690
sense4: Snapdragon 720G
Snapdragon 720GSnapdragon 630
メモリ4GB8GB4GB
ストレージ64GB128GB64GB
バッテリ4570mAh4120mAh4000mAh
カメラ標準12MP
広角12MP
望遠8MP
標準48MP
広角5MP
マクロ1.9MP
深度1.9MP
標準12MP
広角12MP

今までのAQUOS senseシリーズはSnapdragon 400番台でしたが、AQUOS sense3 plusは636搭載。
さらにAQUOS sense4はSnapdragon 720Gと、かなり改善されています。

AQUOS sense5G SH-M17AQUOS sense4 SH-M15はほとんど同じです。
5Gの対応有無と、CPUが異なるぐらい。
AQUOS sense5G SH-M17のSnapdragon 690と、AQUOS sense4 SH-M15のSnapdragon 720GはAntutu(v8)スコアでもほぼ同じ25万程度。

かなり快適に使えるスペックに仕上がっています。
(MATTU的には普段使いのボーダーラインはAntutuスコア12万、とおもっています)

楽天モバイルやSIMフリー各社で発売するAQUOS sense5G SH-M17AQUOS sense4 plus SH-M16AQUOS sense4 SH-M15AQUOS sense3 plusAQUOS sense3がDual SIMのモデルとなります。
ドコモ版・au版はシングルSIMですのでご注意ください。

カメラなどのレビューは、ドコモ版を使ってみていますので参考になると思いますよ!

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥37,850(2021/10/25 17:51:03時点 Amazon調べ-詳細)